ホットスタンバイ

RDS はホットスタンバイアーキテクチャを採用しています。 マスターサーバーに障害が発生した場合、サービスは数秒でフェイルオーバーします。 フェイルオーバープロセスはすべて、アプリケーションに対して透過的です。

マルチコピー冗長性

ApsaraDB for RDS サーバー上のデータは RAID に保存され、OSS にバックアップされます。

データバックアップ

ApsaraDB for RDS では、自動バックアップメカニズムが提供されています。 バックアップスケジュールを設定したり、一時バックアップを開始したりできます。 詳細については、「 バックアップとリカバリ」をご参照ください。

データリカバリ

バックアップセットまたは特定の時点を選択してデータをリカバリできます。 通常、過去 7 日間の任意の時点からクローンまたは一時インスタンスにデータを回復することができます。 データが検証されたら、データをマスター RDS インスタンスに移行することができます。 詳細については、「バックアップとリカバリ」をご参照ください。