ApsaraDB は、物理層、ネットワーク層、アプリケーション層にわたってマルチレベルの監視サービスを提供し、可用性を保証します。

サービス

サービスモジュールは、サービスレベルのステータスを追跡します。 これは、RDS が依存する SLB、OSS、アーカイブストレージ、ログサービス、およびその他のクラウド製品の機能や応答時間などの正常性を監視します。 ログを使用して、内部 RDS サービスが正常に動作しているかどうかを判断します。

ネットワーク

ネットワークモジュールは、ネットワーク層のステータスを追跡します。 これは、ECS と RDS、および物理 RDS サーバー間の接続、およびルーターとスイッチのパケット損失率を監視します。

OS

OS モジュールは、次のようなハードウェアおよび OS カーネル層のステータスを追跡します。

  • ハードウェアのオーバーホール:CPU、メモリ、メインボード、およびストレージの動作状況を絶えずチェックし、障害が発生するかどうかを事前に判断し、事前に自動的に修復レポートを提出します。

  • OS カーネルモニタリング:データベースへのすべてのコールを追跡し、カーネルモードからの遅いコールまたは間違ったコールの原因を分析します。

インスタンス

インスタンスモジュールは、以下を含む RDS インスタンスレベルの情報を収集します。

  • 使用可能なインスタンス情報。

  • インスタンス容量とパフォーマンスインジケータ。

  • インスタンス SQL 実行レコード。