edit-icon download-icon

CreateScalingConfiguration

最終更新日: Mar 06, 2019

説明

この操作では、入力パラメーターに基づいてスケーリング設定を作成します。

  • スケーリング設定は変更できません。新しいスケーリング設定を使用するには、スケーリング設定を作成し、スケーリンググループで有効化する必要があります (ActiveScalingConfigurationId 属性を変更します)。
  • スケーリング設定を作成する際、イメージを選択し、新しいインスタンスのシステムディスク設定を決定する必要があります。イメージには、OS とアプリケーションソフトウェアの設定が含まれます。選択されたイメージに基づきインスタンスが作成され、システムディスクはイメージのクローンとして作成されます。
  • インスタンスの作成時に、セキュリティグループにインスタンスを追加する必要があります。そのため、スケーリング設定でセキュリティグループを指定する必要があります。セキュリティグループは、事前に作成する必要があります。イントラネットの同じセキュリティグループ内のインスタンス間で双方向にアクセスできます。デフォルトでは、セキュリティグループ間にはファイアウォールがデプロイされ、セキュリティグループ間の相互アクセスは無効になります。ただし、セキュリティグループを承認する (セキュリティグループの権限を許可するためのインターフェイスを使用) ことにより、セキュリティグループのファイアウォール権限を設定できます。1 つのセキュリティグループのインスタンス数は、1,000 個までです。インスタンスの作成時に、指定したセキュリティグループがこの制限を超えると、メッセージが表示されます。
  • スケーリング設定を介してインスタンスを作成するときに、InternetChargeType を PayByBandwidth に設定した場合、InternetMaxBandwidthOut の値は選択された固定帯域幅の値になります。InternetChargeType を PayByTraffic に設定した場合は、InternetMaxBandwidthOut は帯域幅の値の上限を指定し、課金は実際のネットワークトラフィックを基にして行われます。InternetChargeType と InternetMaxBandwidthOut を設定するときは、許容できる帯域幅費用を慎重に計算してください。
  • InternetMaxBandwidthIn の値は、どのような場合にも課金とは関係ありません。インスタンスの受信データトラフィックは無料です。
  • インスタンスの作成では、ユーザーが指定したイメージに基づいて、適切なサイズのシステムディスクがインスタンスに割り当てられます。さらに、システムディスクのタイプがクラウドディスクとして、またはエフェメラルディスクを有効化する権限がある場合はエフェメラルディスクとして指定されます (デフォルトでは、新しいユーザーにはこの権限はありません)。
  • クラウドディスクの容量は 2,000 GB までです。またエフェメラルディスクの容量は 1 TB (1,024 GB) までです。
  • インスタンスとともに作成されるクラウドディスクの Portable 属性は False です。つまり、クラウドディスクはデタッチおよびアタッチすることができません。作成するすべてのディスクの DeleteWithInstance 属性は True です。
  • 最大で 4 個のデータディスクを 1 つのインスタンスに追加できます。1 つのインスタンスのエフェメラルディスクの合計容量は 2 TB (2,048 GB) までです (この値には、システムディスクの容量は含まれません)。
  • システムディスクがクラウドディスクの場合、データディスクをエフェメラルディスクにすることはできません。一方、システムディスクがエフェメラルディスクの場合、データディスクをエフェメラルディスクまたはクラウドディスクにすることができます。
  • インスタンスの作成では、ユーザーが指定したイメージに基づいて、適切なサイズのシステムディスクがインスタンスに割り当てられます。
  • インスタンスのメモリが 512 MB の場合、Windows OS は利用できません。インスタンスのメモリが 4 GB 以上の場合、32 ビット OS は利用できません。
  • スケーリンググループに VSwitchId 値が設定されていない場合は、VPCId 値が設定されたセキュリティグループを使用してスケーリング設定を作成することはできません。
  • スケーリンググループに VSwitchId 値が設定されている場合は、クラシックネットワークタイプのセキュリティグループ、または異なる VPCId 値が設定されたセキュリティグループを使用してスケーリング設定を作成することはできません。
  • スケーリンググループには、最大 10 個のスケーリング設定を作成できます。

リクエストパラメーター

名前 必須かどうか 説明
Action String はい 操作インターフェイス、必須。パラメーター値は CreateScalingConfiguration です。
ScalingGroupId String はい スケーリング設定のスケーリンググループの ID。
ImageId String はい イメージファイルの ID。インスタンスが有効な場合に選択されるイメージリソースを示します。
InstanceType String はい ECS インスタンスのリソースルール。
SecurityGroupId String はい 新しく作成されるインスタンスが属するセキュリティグループの ID。同じセキュリティグループ内のインスタンスは相互にアクセスできます。
ScalingConfigurationName String いいえ 表示されるスケジュール済みタスクの名前。名前は 2 ~ 40 文字の英字または漢字で、先頭には数字、大文字または小文字の英字、または漢字を使う必要があります。名前には、数字、”_”、”-“、または “.” を使用することができます。同じスケーリンググループのアカウント名は、同じリージョン内で一意です。このパラメーター値を指定しない場合、デフォルト値は ScalingConfigurationId です。
InternetChargeType String いいえ ネットワーク課金タイプ、値: PayByBandwidth または PayByTraffic。このパラメーター値を指定しない場合、デフォルト値は PayByBandwidth です。
InternetMaxBandwidthIn Integer いいえ パブリックネットワークからの最大着信帯域幅。単位は Mbps (メガビット/秒) です。値の範囲は [1,200] です。このパラメーター値を指定しないと、Alibaba Cloud API によって値は 200 Mbps に自動的に設定されます。
InternetMaxBandwidthOut Integer いいえ パブリックネットワークからの最大送信帯域幅。単位は Mbps (メガビット/秒) です。PayByBandwidth の値の範囲は [1,100] です。このパラメーター値を指定しないと、Alibaba Cloud API によって値は 0 Mbps に自動的に設定されます。PayByTraffic の値の範囲は [1,100] です。このパラメーター値を指定しないと、エラーが報告されます。
SystemDisk.Category String いいえ システムディスクのカテゴリ。パラメーター値のオプションは、cloud および ephemeral です。デフォルト値は cloud です
DataDisk.N.Size Integer いいえ データディスク N (1 ~ 4 の範囲) のサイズ (GB)。値の範囲は、クラウドディスクの場合は 5 ~ 2,000 で、エフェメラルディスクの場合は 5 ~ 1,024 です。最大 4 個の値を入力できます。
DataDisk.N.Category String いいえ データディスク N (1 ~ 4 の範囲) のカテゴリ。パラメーター値のオプションは、cloud および ephemeral です。デフォルト値は cloud です。最大 4 個の値を入力できます。
DataDisk.N.SnapshotId String いいえ データディスク N (1 ~ 4 の範囲) の作成に使用するスナップショット。このパラメーターを指定した場合は、DataDisk.N.Size パラメーターは無視され、作成されるディスクのサイズはスナップショットのサイズになります。このスナップショットが 2013 年 7 月 15 日以前に作成された場合、スナップショットを呼び出すことはできず、InvalidSnapshot.TooOld が Response に返されます。最大 4 個の値を入力できます。
DataDisk.N.Device String いいえ データディスク N (1 ~ 4 の範囲) のアタッチポイント。このパラメーターが空の場合、ECS の作成時にアタッチポイントが自動的に割り当てられます。パラメーター値の範囲は、/dev/xvdb ~ /dev/xvdz です。デフォルト値は空です。最大 4 個の値を入力できます。
DataDisk.n.DeleteWithInstance 文字列 いいえ データディスクがインスタンスと共にリリースされるかどうか。オプションの値:
  • true:インスタンスとともにデータディスクを解放します。
  • false:インスタンスを解放するときにデータディスクを保持します。
デフォルト値:true DataDisk.n.DeleteWithInstanceは、DataDisk.n.Categoryパラメータが cloudcloud_efficiencyまたは cloud_ssdに設定されている独立したクラウドディスクに対してのみ有効です。それ以外の場合は、エラーが返されます。
LoadBalancerWeight Integer いいえ バックエンドサーバーのウエイト値の範囲は[0、100]で、デフォルト値は50です。
UserData String いいえ インスタンスのユーザー定義データ。インスタンスのUserDataは、Base64形式でエンコードする必要があります。生データの最大サイズは16 KBです。
KeyPairName String いいえ キーペア名。
  • Windows ECSインスタンスを作成する場合は、このパラメータを無視します。デフォルトでは、値は設定されていません。 KeyPairNameパラメータに値が設定されている場合、パスワードの内容は引き続きインスタンスにバインドされます
  • Linuxインスタンスの初期化中にユーザーパスワード認証方法が無効になります。
RamRoleName String いいえ インスタンスRAMロールの名前。RAM API ListRolesを使用すると、インスタンスRAMロールの名前を照会できます。詳細については、API CreateRoleListRolesを参照することもできます。
tag String いいえ インスタンスのタグ。{“key1”: “value1”、 “key2”: “value2”、… “key5”: “value5”}のようなKey-Valueの形式でタグの情報を入力する必要があります。 最大5つのタグを指定できます。 キー
  • 長さは最大64文字です。
  • aliyunで始めることはできません。
  • http://またはhttps://で始めることはできません。
  • ヌル文字列にすることはできません。
  • 長さは最大128文字です。
  • aliyunで始めることはできません。
  • http://またはhttps://で始めることはできません。
  • ヌル文字列にすることができます。

リターンパラメーター

名前 説明
ScalingConfigurationId String スケーリング設定の ID。システムによって生成され、グローバルに一意です。

エラーコード

すべてのインターフェイスに共通のエラーについては、「[エラーコード表]」のクライアントエラー または サーバエラーを参照してください。

エラー エラーコード 説明 HTTP ステータスコード
指定したスケーリンググループがこのアカウントに存在しません。 InvalidScalingGroupId.NotFound 指定したスケーリンググループが存在しません。 404
スケーリング設定の名前は既に存在します。 InvalidScalingConfigurationName.Duplicate 指定したパラメーター <parameter name> の値が重複しています。 400
スケーリング設定の数が、ユーザーが使用できる上限を超えています。 QuotaExceeded.ScalingConfiguration 指定したスケーリンググループでスケーリング設定のクォータを超えました。 400
指定されたイメージがアカウントにありません。 InvalidImageId.NotFound 指定されたイメージが存在しません。 404
指定されたセキュリティグループがこのアカウントにありません。 InvalidSecurityGroupId.NotFound 指定されたセキュリティグループが存在しません。 404
指定されたイメージは、指定されたインスタンスタイプに対応していません。 InvalidImageId.InstanceTypeMismatch 指定されたイメージは、指定されたインスタンスタイプに対応していません。 400
指定されたセキュリティグループとスケーリンググループでは、指定されたネットワークタイプが一致していません。 InvalidSecurityGroupId.IncorrectNetworkType 指定されたセキュリティグループのネットワークタイプでは、この操作を実行できません。 400
指定されたセキュリティグループと仮想スイッチが同じ VPC に属していません。 InvalidSecurityGroupId.VPCMismatch 指定されたセキュリティグループと指定された仮想スイッチが同じ VPC に属していません。 400
指定されたセキュリティグループにアタッチされている ECS インスタンスの数が上限を超えました。 QuotaExceeded.SecurityGroupInstance 指定されたセキュリティグループでインスタンスのクォータを超えました。 400
指定されたスケーリング設定と既存のスケーリング設定のインスタンスタイプが異なります。 InstanceType.Mismatch 指定されたスケーリング設定と既存のアクティブなスケーリング設定のインスタンスタイプが異なります。 400
エフェメラルディスクの容量が 2 TB (2,008 GB) を超えています。 QuotaExceeded.EphemeralDiskSize エフェメラルディスクサイズのクォータを超えました。 403
指定されたシステムディスクのタイプがデータディスクのタイプと競合しています。 InvalidParameter.Conflict パラメーター <parameter name> とパラメーター <parameter name> の値が競合しています。 400
エフェメラルシステムディスクの作成が許可されていません。 InvalidSystemDiskCategory.ValueUnauthorized システムディスクカテゴリが許可されていません。 403
指定されたスナップショットが存在しません。 InvalidDataDiskSnapshotId.NotFound スナップショット XXX が存在しません。 404
指定されたスナップショットの容量がディスクサイズの上限を超えています。 InvalidDataDiskSnapshotId.SizeNotSupported スナップショット “XXX” が指定されたディスクカテゴリのサイズ制限を超えています。 400
スナップショットは 2013 年 7 月 15 日以前に作成されているため、呼び出すことができません。 InvalidSnapshot.TooOld 指定されたスナップショットが 2013 年 7 月 15 日以前に作成されているため、この操作は拒否されました。 403
データディスクのアタッチポイントは使用されています。 InvalidDevice.InUse デバイス XXX は使用されています。 403
パブリックネットワークの帯域幅と課金タイプは VSwitch が指定されたスケーリンググループに対して指定できません。 InvalidParameter.Conflict パラメーター InternetChargeType とパラメーター VSwitchId の値が競合しています。 400
データディスクのアタッチポイントが占有されています。 InvalidDevice.InUse デバイス「XXX」が占有されました。 403
VSwitchが指定されているスケーリンググループには、パブリックネットワーク帯域幅と課金タイプを指定できません。 InvalidParameter.Conflict パラメータ InternetChargeTypeとパラメータVSwitchIdは競合しています。 400
パラメータ InternetChargeTypeとパラメータVSwitchIdの値が競合しています。 InvalidParameter.Conflict パラメータ InternetChargeTypeとパラメータVSwitchIdは競合しています。 400
指定されたKeyPairNameは存在しません InvalidKeyPairName.NotFound 指定されたKeyPairNameはレコードに存在しません。 400
パラメータKeyPairNameは、Windowsインスタンスに対してのみ有効です。 InvalidParameter パラメータ KeyPairNameの指定された値が無効です。 400
RamRoleNameはVPCインスタンスにのみ適用されます InvalidNetworkType.ForRAMRole RAMRoleは使用できませんクラシックインスタンスの場合 400
指定されたRamRoleNameは存在しません InvalidRamRole.NotFound 指定されたRamRoleNameは存在しません。 400
指定されたUserDataは、Base64形式でエンコードする必要があります。 InvalidUserData.Base64FormatInvalid 指定されたパラメータUserDataは、base64でエンコードされている必要があります。 400
指定されたUserDataのサイズが16 KBを超えています InvalidUserData.SizeExceeded 指定されたパラメータUserDataがサイズを超えています。 400

リクエストの例

  1. http://ess.aliyuncs.com/?Action=CreateScalingConfiguration
  2. &ScalingGroupId=AG6CQdPU8OKdwLjgZcJ2eaQ
  3. &SecurityGroupId=sg-280ih3w4b
  4. &ImageId=centos6u5_64_20G_aliaegis_20140703.vhd
  5. &InstanceType=ecs.t1.xsmall
  6. &<Public Request Parameters>

戻り値の例

XML の例

  1. <CreateScalingConfigurationResponse>
  2. <ScalingConfigurationId>eOs27Kb0oXvQcUYjEGelJqUy</ScalingConfigurationId>
  3. <RequestId>5CC0AD41-08ED-4559-A683-6F56355FE068</RequestId>
  4. </CreateScalingConfigurationResponse>

JSON 形式

  1. {
  2. "RequestId": "5CC0AD41-08ED-4559-A683-6F56355FE068",
  3. "ScalingConfigurationId": "eOs27Kb0oXvQcUYjEGelJqUy",
  4. }