edit-icon download-icon

ModifyInstanceNetworkSpec

最終更新日: Sep 18, 2017

説明

この操作はインスタンス帯域幅の設定を変更できます。インスタンスの既存のネットワーク仕様が要件を満たさない場合、このインターフェイスを使用してインスタンスのネットワーク仕様を変更し、ネットワークパフォーマンスを向上させることができます。変更後、インスタンスに対して請求された費用が影響を受ける可能性があります。ネットワークの帯域幅を変更する前に、次の点を注意してください。

  • 明示的に指定されるパラメーターのみが変更されます。未指定のパラメーターは変更されません。
  • パラメーター “InternetMaxBandwidthIn“ および “InternetMaxBandwidthOut“ は、インスタンスが [Stopped] または [Running] ステータスである場合にのみ変更できます。
  • インスタンスの “OperationLocks“ の “LockReason“ が [security]を示す場合、インスタンスのネットワーク仕様は変更できません。
  • このインターフェースはPay-As-You-Goインスタンスのみをサポートします。 Subscriptionインスタンスの帯域幅設定を変更する場合は、ECS管理コンソールで操作できます。

リクエストパラメーター

名前 必須かどうか 説明
Action String はい 値: ModifyInstanceNetworkSpec
InstanceId String はい 変更対象のインスタンス ID
InternetMaxBandwidthOut Integer いいえ パブリックネットワークへの最大送信帯域幅。単位は Mbps です。
PayByBandwidth: 0 ~ 100
PayByTraffic: 1 ~ 100
デフォルト値: None。このパラメーターを指定しない場合、元の帯域幅が維持されるます。
InternetMaxBandwidthIn Integer いいえ パブリックネットワークからの最大着信帯域幅。単位は Mbps です。
PayByBandwidth: 1 ~ 200
PayByTraffic: 1 ~ 200
デフォルト値: None。元の帯域幅が維持されることを示します。

リターンパラメーター

すべてはパブリックリターンパラメーターです。詳細については、「パブリックリターンパラメーター」を参照してください。

エラーコード

エラーコード 説明 HTTP ステータスコード 意味
InvalidInternetMaxBandwidthIn.ValueNotSupported 指定された”InternetMaxBandwidthIn”が許可された範囲を超えています。 400 指定された”InternetMaxBandwidthIn”が無効です(範囲を超えています)。
InvalidInternetMaxBandwidthOut.ValueNotSupported 指定された”InternetMaxBandwidthOut”が許可された範囲を超えています。 400 指定された”InternetMaxBandwidthOut”が無効です(範囲を超えています)。
InvalidParameter 指定されたパラメーター”InternetMaxBandwidthIn”は無効です。 400 指定された”InternetMaxBandwidthIn”は無効です (数値ではありません)。
InvalidParameter 指定されたパラメーター”InternetMaxBandwidthOut”は無効です。 400 指定された”InternetMaxBandwidthOut”は無効です (数値ではありません)。
MissingParameter この要求を処理するために必須の入力パラメータ”InstanceId”は提供されていません。 400 “InstanceId”の値がありません。
IncorrectInstanceStatus リソースの現在のステータスはこの操作をサポートしていません。 403 リソースの現在のステータスはこの操作をサポートしていません。
InstanceExpiredOrInArrears 前払いインスタンスの期限が切れているか (サブスクリプションの場合)、料金滞納状態 (従量課金の場合) であるため、指定された操作は拒否されます。 403 アカウント残高が不十分であるか、インスタンスが料金滞納しているため、インスタンスを起動できません。
InstanceLockedForSecurity インスタンスがセキュリティ上の理由でロックされており、指定された操作は拒否されます。 403 リソースがセキュリティ上の理由でロックされているため、操作は拒否されます。
OperationDenied インスタンスが PrePaid のために操作が拒否されました。 403 サブスクリプションインスタンスはこの操作をサポートしていません。
ChargeTypeViolation インスタンスの課金タイプにより、操作は許可されません。 403 インスタンスの課金タイプはこの操作をサポートしていません。
InvalidInstanceId.NotFound 提供された”InstanceId”は Google の記録には存在しません。 404 指定された”InstanceId”は存在しません。
InternalError 不明なエラーのため、リクエストの処理に失敗しました。 500 内部エラー

リクエストの例

  1. https://ecs.aliyuncs.com/?Action=ModifyInstanceNetworkSpec
  2. &InstanceId=i-23nn22421
  3. &InternetMaxBandwidthOut=20
  4. &<Public Request Parameters>

戻り値の例

XML 形式

  1. <ReleasePublicIpAddressResponse>
  2. <RequestId>CEF72CEB-54B6-4AE8-B225-F876FF7BA984</RequestId>
  3. </ReleasePublicIpAddressResponse>

JSON 形式

  1. {
  2. "RequestId":"CEF72CEB-54B6-4AE8-B225-F876FF7BA984"
  3. }