1 つまたは複数のディスクへの自動スナップショットポリシーを適用します。自動スナップショットポリシーがディスクに適用されている場合は、 ApplyAutoSnapshotPolicy を呼び出すと、指定したディスクの自動スナップショットポリシーを変更することができます。

説明

このインターフェースを呼び出すときに、次の点を考慮します。

  • 一つのディスクは、唯一の自動スナップショットポリシーを適用することができます。

  • 複数のディスクへの自動スナップショットポリシーを適用することができます。

  • 短いキュー待ち時間は、ある時点での多くの自動スナップショットタスクがある場合が存在します。その結果、指定された時点での自動スナップショットタスクを同時に行うことはできません。

リクエストパラメータ

名前必須かどうか説明
ActionStringはいこのインターフェイスの名前。値:ApplyAutoSnapshotPolicy。
RegionId Stringはい自動スナップショットポリシーとディスクのリージョン ID。詳細については、DescribeRegions を呼び出し最新のリージョンのリストを取得します。
Autosnapshotpolicyid Stringはい自動スナップショットポリシーの ID。自動スナップショットポリシー ID をすべてを取得するためにDescribeAutoSnapshotPolicyEx を呼び出すことができます。
DiskIds Stringはいディスク ID。複数のディスクに自動スナップショットポリシーを適用したいときは、配列に DiskIds を設定することができます。フォーマットは、[ “D-XXXXXXXXX”、 “D-YYYYYYYYY”、… “D-ZZZZZZZZZ”]の JSON 配列であり、ID はコンマ(、)で区切られています。

応答パラメータ

すべては、共通の応答パラメータです。詳細については、 一般的なパラメータ をご参照ください。

リクエストの例
  1. https://ecs.aliyuncs.com/?Action=ApplyAutoSnapshotPolicy&RegionId=cn-hangzhou&AutoSnapshotPolicyId=p-233e6ylv0&DiskIds=[“d-233e6ylv0”, “d-23vbpbi03”, “d-23vasz3ds”]&<Common Request Parameters>
応答例

XML 形式

  1. <ApplyAutoSnapshotPolicyResponse> <RequestId>F3CD6886-D8D0-4FEE-B93E-1B73239673DE</RequestId></ApplyAutoSnapshotPolicyResponse>
JSON形式
  1. RequestId”:”F3CD6886-D8D0-4FEE-B93E-1B73239673DE

エラーコード

次のエラーコードは、このインターフェイスに固有のものです。より多くのエラーコードについては、API エラーセンターを参照してください。

エラーコードエラーメッセージ HTTP ステータスコード説明
DiskCategory.OperationNotSupported 型指定されたディスクのスナップショットの作成をサポートしていません。 400 ローカルディスクに自動的にポリシーを適用することはできません。詳細については、 ローカルディスク
DiskCategory.OperationNotSupported ディスクリスト内のいくつかのディスクの種類はスナップショットの作成をサポートしていません。 400 ローカルディスクの ID が存在する中で DiskIds
ParameterInvalid 指定された自動スナップショットポリシーが存在しません。 404 指定された AutoSnapshotPolicyId 存在しません。
ParameterInvalid 指定された自動スナップショットポリシーは、リージョンに存在しません。 404 指定されたAutoSnapshotPolicyIdが指定されたリージョンに存在しません。
ParameterInvalid 指定された AutoSnapshotPolicyId パラメータが無効です。 404 指定された AutoSnapshotPolicyId が無効です。
ParameterInvalid 指定された DiskIds は無効です。 404 指定されたDiskIds が無効です。
ParameterInvalid 指定された RegionId パラメータが無効です。 404 指定されたRegionId が無効です。