自動スナップショットポリシーを作成します。ディスクへの自動スナップショットポリシーを適用することができます(ApplyAutoSnapshotPolicy )。また、自動スナップショットポリシー変更することができます(ModifyAutoSnapshotPolicyEx)。

説明

このインターフェースを呼び出すときに、次の点を考慮します。

  • 各リージョンの 100 の自動スナップショットポリシーを作成できます。

  • ディスクは、大量のデータが含まれており、スナップショット作成時間は、2つのスケジュールされた自動スナップショット時点の間隔を超えた場合、スナップショットは、第二の時点で採取されていません。

    サンプル :ジミーは午前9時、10時、11時、および12時のスケジュールされた自動スナップショットの作成を設定します。最初の自動スナップショットは9時から始まり、10時20分で終了し、実際に消費時間は80分です。したがって、10:00にスケジュール設定されたスナップショットのタスクはスキップされ、別の自動スナップショットは11:00ジミーのために作成されます。

リクエストパラメータ

必須かどうか説明
ActionStringはいこのインターフェイスの名前。値:CreateAutoSnapshotPolicy。
RegionId Stringはい自動スナップショットポリシーの範囲。詳細については、リージョンやゾーンを参照してください。 DescribeRegions 最新のリージョンのリストを取得します。
TimePointsStringはい自動スナップショット作成スケジュール、および測定の単位は時間です。値の範囲:[0、23]、例えば 1 00:00 から 24:00 に表す 1:00 を示しています。一日でディスクに対して複数の自動スナップショットタスクをスケジュールするときは、アレイへの時点を設定することができます。
  • 24 の時点の最大値を選択することができます。
  • フォーマットは、[「0」、「1」、…「23」]の JSON 配列であり、時間点はカンマで区切られ( , )。
RepeatWeekdays Stringはい自動スナップショットの繰り返し日付。測定の単位は日であると繰り返し周期が一週間です。値の範囲:月曜日から日曜日までの出発日を表す[1,7]は、例えば、 1月曜日示します。週にディスクに対して複数の自動スナップショットタスクをスケジュールするときは、配列に RepeatWeekdays を設定することができます。
  • 7つの時点の最大値を選択することができます。
  • フォーマットは JSON の配列である[「1」、「2」、…「7」]及び時点がカンマで区切られ( , )。
RetentionDays Integerはいスナップショットの保持時間、および測定の単位は日です。オプションの値:
  • -1:自動スナップショットは永続的に保持されます。
  • [1、65536]:保持日数。
デフォルト値:-1 。
AutoSnapshotPolicyName Stringノー自動スナップショットポリシーの名前。
  • これは、[2、128]英語または中国語の文字で構成されます。
  • 大文字または小文字または中国語の文字で始まる必要があります。 (。)数字、ピリオド、コロン(:)、アンダースコア(_)、およびハイフンを含めることができます( - )。
  • http:// または https:// で起動できません。
デフォルト値:nullです。
ClientToken Stringノー冪等性を保証リクエスト 。値はクライアントによって生成されます。すべての要求で一意でなければならず、最大64文字の ASCII 文字で構成されます。詳細については、 冪等性の保証

応答パラメータ

説明
AutoSnapshotPolicyId String自動スナップショットポリシーの ID。

リクエストの例
  1. https://ecs.aliyuncs.com/?Action=CreateAutoSnapshotPolicy&RegionId=cn-hangzhou&TimePoints=[“0”, “11 ”, “21 ”]&RepeatWeekdays=[“1” ,“2” ,“4” ,“7”]&RetentionDays=30&<Common Request Parameters>
レスポンス例

XML 方式

  1. <CreateAutoSnapshotPolicyResponse> <RequestId>F3CD6886-D8D0-4FEE-B93E-1B73239673DE</RequestId> <AutoSnapshotPolicyId>p-233e6ylv0</AutoSnapshotPolicyId></CreateAutoSnapshotPolicyResponse>
JSON 方式
  1. { RequestId”:”F3CD6886-D8D0-4FEE-B93E-1B73239673DE AutoSnapshotPolicyId”:”p-233e6ylv0”}

エラーコード

次のエラーコードは、このインターフェイスに固有のものです。より多くのエラーコードについては、APIエラーセンター

エラーコードエラーメッセージ HTTP ステータスコード意味
AutoSnapshotPolicy.QuotaExceed 自動スナップショットポリシーの最大数に達しました。 403 アリババクラウドアカウントは、1つのリージョンで最大100の自動スナップショットポリシーを作成することができます。
ParameterInvalid 指定されたRegionIdパラメータが無効です。 404 指定されたRegionIdパラメータが無効です。
ParameterInvalid 指定されたRepeatWeekDaysパラメータが無効です。 404 指定されたRepeatWeekDaysパラメータが無効です。
ParameterInvalid 指定されたRetentionDaysパラメータが無効です。 404 指定されたRetentionDaysパラメータが無効です。
ParameterInvalid 指定された時点のパラメータが無効です。 404 指定されたTimePointsパラメータが無効です。