指定されたディスクデバイスのスナップショットを作成します。

説明

このインターフェースを呼び出すときに、次の点を考慮します。

  • ディスクに作成できるスナップショットの最大数は 64 です。

  • 指定されたディスクが取り付けられた ECS インスタンスは停止Stopped )または実行Running )ステータス中でなければならない。

  • ディスクには、インスタンスに接続する必要があります。

  • 指定されたディスクが接続されているインスタンスが作成後に開始されていない場合は、スナップショットを作成することはできません。

  • 指定されたインスタンスがロック され、そしてOperationLocksインスタンスはLockReason: “security” を示す場合、スナップショットを作成することはできません。

  • ECS インスタンスを作成しているとき(RunInstances)システムディスク置き換え( ReplaceSystemDiskを )またはデータディスクを作成(CreateDisk )データの初期化がまだ完了していないので、スナップショットを作成することができません。インスタンスを作成したり、システムディスクを交換した後は、1時間後のスナップショットを作成することができます。新しいディスクのスナップショットを作成するのにかかる時間は、ディスクのデータのサイズによって異なります。

  • スナップショットの作成が完了していない場合は、同じディスクの別のスナップショットを作成することはできません。

  • スナップショットの作成が完了していない場合は、このスナップショットは、カスタムイメージを作成するために使用することはできません(createImage )。

リクエストパラメータ

必須かどうか説明
ActionStringはいこのインターフェイスの名前。値:CreateSnapshot。
DiskId Stringはいディスクの ID 。
SnapshopName Stringノースナップショットの名前。
  • 長さ:[2、128]英文字や漢字。
  • 大文字または小文字の英文字で始まる必要があります。 - 数字、アンダースコア(_)、コロン(:)、またはハイフンを含めることができます。
  • で開始することはできません自動で始まるスナップショット名ので、 auto自動スナップショットとして認識されています。
  • http://またはhttps:// で始めることはできませんを。
DescriptionStringノースナップショットの説明。
  • 長さは[2、256]の文字を含めることができます。
  • http://とhttps://で起動することはできません。
デフォルト:空
ClientToken Stringノー冪等性を保証リクエスト。値はクライアントによって生成されます。これは、すべての要求の中で一意であると 64 個の ASCII 文字の最大を含める必要があります。詳細については、 どのように冪等性を保証するか

リターンパラメータ

説明
SnapshotId Stringスナップショット ID 。

リクエストの例
  1. https://ecs.aliyuncs.com/?Action=CreateSnapshot&DiskId=1033-60053321&<Common request parameter>
レスポンス例

XML 形式

  1. <CreateSnapshotResponse> <RequestId>C8B26B44-0189-443E-9816-D951F59623A9</RequestId> <SnapshotId>s-923FE2BF0</SnapshotId></CreateSnapshotResponse>
JSON 形式
  1. { RequestId”: C8B26B44-0189-443E-9816-D951F59623A9”, SnapshotId”: s-923FE2BF0”}

エラーコード

次のように、このインターフェイスに固有のエラーコードがあります。より多くのエラーコードについては、 API エラーセンター

エラーコードエラーメッセージ HTTP ステータスコード注意
DiskCategory.OperationNotSupported 操作は、そのディスクカテゴリに指定されたディスクにサポートされていません。 400 、そのカテゴリの指定されたディスクのスナップショットを作成することはできません。
IncorrectInstanceStatus リソースの現在の状況は、この操作をサポートしていません。 400 ディスクマウントのインスタンスが停止Stopped )、または実行Running )の状態でなければなりません。
InvalidSnapshotName.Malformed 指定されたSnapshotNameが誤って形成されています。 400 指定されたSnapshotName無効です。
CreateSnapshot.Failed スナップショットを作成するプロセスに失敗しました。 403 スナップショットの作成に失敗しました。
DiskId.ValueNotSupported 指定されたパラメータdiskidがサポートされていません。 403 スナップショットを作成することはできませんDiskId
DiskInArrears ディスクの有効期限が切れたとして、指定した操作が拒否されました。 403 ディスクは、延滞支払いを持っています。明確な延滞支払い後に再度お試しください。
IncorrectDiskStatus 現在のディスクの状態は、この操作をサポートしていません。 403 指定されたディスクはIN_USE(In_use )状態でなければなりません。
IncorrectDiskStatus.CreatingSnapshot 以前のスナップショットの作成はプロセスです。 403 指定されたディスクのスナップショットが作成されています。後ほど再度お試しください。
IncorrectDiskStatus.NeverAttached 指定されたディスクは、任意のインスタンスに添付されていません。 403 ディスクは、インスタンスにアタッチされている必要があります。
IncorrectDiskStatus.NeverUsed 指定されたディスクは、作成後に使用されていません。 403 ディスクが使用されていないと、スナップショットを作成することはできません。
InstanceLockedForSecurity ディスク添付のインスタンスは、セキュリティのためにロックされています。 403 指定されたインスタンスは、セキュリティのためにロックされています。
InvalidAccountStatus.NotEnoughBalance あなたのアカウントには、十分なバランスを持っていません。 403 登録のクレジットカードが無効です。
InvalidAccountStatus.SnapshotServiceUnavailable スナップショットサービスがまだ開かれていません。 403 、サービスを有効化していません。チケットを起票して 、アクティブにします。
QuotaExceed.Snapshot スナップショットの最大数を超えています。 403 、スナップショットの作成の制限を超えています。ディスクに作成できるスナップショットの最大数は 64 です。
InvalidDescription.Malformed 指定された説明が誤って形成されています。 404 指定されたターゲットイメージのDescription無効です。
InvalidDiskId.NotFound 指定されたDiskIdは存在しません。 404 指定されたディスクには存在しません。