オンプレミスのイメージファイルを ECS 環境にインポートして、ECS インスタンスの作成やシステムディスクを変更することができます。

  • イメージのインポートにかかる時間は、イメージファイルのサイズと同時タスク数によって異なります。
  • イメージをインポートすると、スナップショットが自動的に生成されます。 スナップショット情報は、ECS コンソールのスナップショットページで確認できます。 イメージのインポートタスクが完了する前に、スナップショットのステータスは 失敗 として表示されます。 タスクが完了すると、ステータスは自動的に 成功 に更新されます。 スナップショットの容量は、イメージのインポート時に設定されたシステムディスクサイズに関係なく、インポートされたイメージファイルのサイズです。

前提条件

イメージをインポートする前に、次のことを推奨します。

手順

次の手順で、ECS コンソールにカスタムイメージをインポートします。

  1. OSS サードパーティ製クライアント、OSS API、または OSS SDK を使用して、準備したカスタムイメージをアップロードします。 アップロードするファイルのサイズが 5 GiB より大きい場合は「マルチパーツアップロード」をご参照ください。
  2. ECS consoleにログインします。
  3. 左側のナビゲーションウィンドウで、[スナップショットとイメージ] > [イメージ] を選択します。
  4. [イメージのインポート] をクリックします。
  5. [イメージのインポート] ダイアログボックスで、 次のように [アドレスの確認] をクリックします。
  6. [クラウドリソースアクセス認証] ウィンドウで AliyunECSImageImportDefaultRoleAliyunECSExportDefaultRole を選択し、ECS サービスが OSS リソースにアクセスするのを許可するために [認証ポリシーの確認] をクリックします。
  7. イメージページで、再び [イメージのインポート] をクリックします。
  8. [イメージのインポート] ダイアログボックスで、次の情報を入力します。
    • イメージのリージョン: アップロードするイメージファイルの OSS バケットがあるリージョンを選択します。
    • OSS オブジェクトアドレス: OSS コンソールからイメージファイルのオブジェクトアドレスをコピーします。 詳細については、「オブジェクトのダウンロード」をご参照ください。
    • イメージ名: カスタムイメージの名前を入力します。 名前は 2 〜 128 文字の長さが必要で、英字、数字、漢字、ピリオド (.)、下線(_)、コロン(:)、およびハイフン(-) を含めることができます。
    • オペレーティングシステム: [Windows] または [Linux]、すなわちイメージと同じものを選択します。 非標準のプラットフォームイメージをインポートする場合は、Linux を選択してください。
    • システムディスクサイズ: システムディスクサイズで 40 〜 500 GiB の範囲です。
    • システムアーキテクチャ: 64 ビットオペレーティングシステムの場合は、[x86_64] を選択します。 32 ビットオペレーティングシステムの場合は [i386] を選択します。
    • プラットフォーム: オプションは選んだ [オペレーティングシステム] によって異なります。
      • Windows: Windows Server 2003、Windows Server 2008、および Windows Server 2012
      • Linux: Centos、SUSE、Ubuntu、Debian、FreeBSD、CoreOS、Aliyun、カスタマイズ Linux、その他 Linux (選択したエディションがサポートされていることを確認するopen a ticket)。
      • ご使用のイメージ OS が Linux カーネルから開発されたカスタムエディションの場合は、open a ticketにお問い合わせください。
    • イメージフォーマット: qcow2、RAW、VHD をサポートします。 Qcow2 または VHD を推奨します。
    • イメージの説明: カスタムイメージの説明を入力します。
    • データディスクのイメージの追加: データディスクを含むイメージをインポートする場合は、このオプションを選択します。 サポートされているデータディスク容量は、5 〜 2,000 GiB です。
  9. [OK] をクリックします。
  10. (オプション) インポート領域のイメージリストにタスクの進行状況を表示できます。 タスクが完了する前に、https://ecs.console.aliyun.com/#/task/region/ マネジメントを介してインポートされたカスタムイメージを見つけることができます。必要ならばインポートタスクをキャンセルできます。

ECS APIImportImage を使用してカスタムイメージをインポートすることもできます。

次のステップ

カスタムイメージからインスタンスを作成する

リファレンス