カスタムイメージを作成後、そのイメージを他の Alibaba Cloud ユーザーと共有ができます。 共有イメージは、新しいユーザーが ECS により早く適応し、そのカスタムイメージに基づいて ECS インスタンスをすばやく作成し業務環境を設定できるようになることに役立ちます。 さらに、共有イメージは、イメージが共有されるアカウントのイメージクォータを消費しません。

注意

自分が作成したカスタムイメージのみを共有でき、他のユーザが作成して共有したカスタムイメージは共有できません。 各カスタムイメージは、同じ Alibaba Cloud リージョン内の最大 50 人のユーザーと共有できます。 すなわち、イメージをリージョンを越えて共有することはできません。

イメージを共有する前に、機密のデータとファイルがすべてイメージから削除されていることを確認してください。
共有イメージの整合性とセキュリティは保証されていません。 共有イメージを使用する前に、信頼できるアカウントによって共有されているイメージのみを使用するようにしてください。 加えて、リスクはご自身で負うものとします。 共有イメージに基づいてインスタンスを作成したら、イメージの完全性とセキュリティを確認するために、必ずインスタンスの接続を行ってください。
共有イメージの制限事項

カスタムイメージが他のアカウントと共有されている場合は、そのイメージを削除する前にそのイメージのすべての共有関係を削除する必要があります。 共有カスタムイメージを削除した後、

  • 共有イメージを使用しているユーザーは、ECS コンソールまたは ECS API を介してイメージを見つけることができなくなり、ECS インスタンスの作成やシステムディスクの交換にもイメージを使用できなくなります。
  • 共有イメージから作成された ECS インスタンスは、システムディスクを再初期化できません。

イメージの共有

以下の手順でECS コンソールでイメージを共有します。

  1. ECS コンソールにログインします。
  2. ターゲットリージョンを選択します。
  3. 左側のナビゲーションウィンドウで、[スナップショットとイメージ] > [イメージ] を選択します。
  4. "操作" 列から対象の [カスタムイメージ] [イメージの共有] をクリックします。

  5. ポップアップダイアログボックスで、[アカウントタイプ] ドロップダウンリストから [Alibaba Cloud アカウント ID] を選択します。 次に、[アカウント] ボックスにイメージを共有するアカウント ID を入力します。 詳細については「付録: アカウントIDの取得方法」をご参照ください。

    アカウントのイメージの共有を停止する場合は、アカウントの横にある [共有解除] をクリックします。 共有を中止した後、そのアカウントはイメージの検索と使用ができなくなります。 すなわち、アカウントはすでに共有イメージを使ってインスタンスを作成しているので、そのインスタンスでシステムディスクを再初期化することはできません。
  6. (オプション) イメージを共有するアカウントの場合、これらのアカウントは ECS コンソールで [スナップショットとイメージ] > [イメージ] > [イメージの共有] で同じリージョンにある共有イメージを表示できます。

また、ECS API の ModifyImageSharePermissionDescribeImageSharePermission を使用してイメージを共有することもできます。

次のステップ

イメージを他のユーザーと共有した後、それらのユーザーはそのイメージを使用して 1 つ以上のインスタンスを作成できます。
  1. ECS コンソールにログインします。
  2. 1 つ以上のインスタンスの生成は、クイックスタートの「手順 2: インスタンスの作成インスタンスを生成する」をご参照ください。 この手順では [共有イメージ] を選択してください。

また、共有イメージをシステムディスクの交換 (プライベートイメージ)に使用することもできます。

付録 : アカウントIDの取得方法

次の手順でアカウントIDを検索します。

  1. ECS コンソールにログインします。
  2. アバターの上にマウスを置き、アカウントメニューから [セキュリティ設定] をクリックします。
  3. 表示されるページでは、アカウント ID は右側に次のように表示されます。