本トピックでは、Alibaba Cloud アカウント配下にあるカスタムイメージをコピーする方法について説明します。 このアクションにより、リージョン間で同一の ECS インスタンスを作成でき、ターゲットインスタンスのシームレスなデータバックアップを実装できます。

背景情報

各イメージはリージョンのリソースであり、カスタムイメージ作成されたリージョンに属します。 カスタムイメージを使用するシナリオの一覧は以下の通りです。
シナリオ 手順 説明
同じアカウントで別のリージョンにイメージをコピーする イメージをコピーする を参照。 イメージがコピーされると、対応するスナップショットがターゲットリージョンに即座に作成されます。 コピー操作が完了すると、固有のイメージ ID を持つ新しいイメージがターゲットリージョンに生成されます。
異なるアカウントで別のリージョンにイメージをコピーする イメージをコピーするおよびイメージを共有するをご参照ください。 イメージをターゲットリージョンにコピーし、ターゲットアカウントに共有します。
異なるアカウントで 同じリージョンにイメージを共有する イメージを共有するをご参照ください。 この操作では、新しいイメージは作成されません。 共有後もイメージの所有者は変わりません。

制約事項

カスタムイメージをコピーする前に、次の点をご確認ください。

  • カスタムイメージのみ、別のリージョンにコピーすることができます。 異なるタイプのイメージをコピーする場合は、まずそのイメージを使用してインスタンスを作成し、次にそのインスタンスを使用してカスタムイメージを作成する必要があります。 次に、新しく作成したカスタムイメージをターゲットリージョンにコピーすることができます。

  • イメージがコピーされると、対応するスナップショットがターゲットリージョンに同時に生成され、次にそのスナップショットに基づいてカスタムイメージが生成されます。 したがって、ソースリージョンとターゲットリージョン間でデータトラフィックが発生します。 現在、このトラフィックに料金は課金されません。 最新の請求に関する情報については、 Alibaba Cloud の公式Webサイトで最新情報をご参照ください。
  • ターゲットリージョンに作成されたカスタムイメージは、元のカスタムイメージと同じ設定になります。 ただし、関連する役割の権限およびサービスの承認に関する情報、インスタンスユーザーデータの設定はコピーされません。
  • タスク処理の所要時間はネットワーク伝送速度およびキュー内の同時進行中のタスク数によって異なります。
  • 暗号化されたスナップショットを含むイメージは、別のリージョンへコピーすることはできません。

手順

  1. コピーするカスタムイメージを選択します。 [タイプ][カスタムイメージ]である必要があります。 次に、[操作]の列にある[イメージをコピーする]をクリックします。
    カスタムイメージのサイズが 500 GiB を超える場合、[イメージをコピーする]をクリックすると、チケットを作成してサポートセンターに問い合わせをする画面に進みます。これを行うと操作を完了させることができます。
  2. イメージをコピーするのダイアログボックスで、選択した画像のIDがターゲットイメージであることを確認したら、次の設定を行ってください。
    1. [ターゲットリージョン]を選択します。
    2. ターゲットリージョンに表示されている [カスタムイメージの名称]および [カスタムイメージの説明]を入力します。
    3. [OK]をクリックします。
  3. (任意)ターゲットリージョンに切り替えて、進行状況を確認します。 100 % と表示されている場合はイメージが正常にコピーされています。
    [進行状況]が 100% ではない場合、[ステータス][作成中]です。 この場合は、[コピーをキャンセルする]をクリックして操作を中止することができます。 操作中止後、イメージの情報はターゲットリージョンから削除されます。


また、ECS API の CopyImage および CancelCopyImage を実行して、後続の操作を行うことも可能です。

次のステップ

イメージのステータスが [使用可能]の場合は、イメージを使用してインスタンスを作成したり、またはシステムディスクを変更することができます。

ターゲットリージョンにコピーされたすべてのスナップショットを表示することもできます。