カスタムイメージを使用すると、同一の OS および環境データを使用して複数の ECS インスタンスを作成できます。

カスタムイメージは ECS ディスクスナップショットに基づいています。 イメージから作成された ECS インスタンスに対して、同じ設定も異なる設定もできます。



インスタンスを使用してイメージを作成することもできます。 詳細については、「インスタンスを使用したカスタムイメージの作成」をご参照ください。

スナップショットから作成されたカスタムイメージのセキュリティを強化するには、「 Alibaba Cloud カスタムイメージのセキュリティ提案」をご参照ください。

  • カスタムイメージはリージョンを越えて使用することはできません。
  • カスタムイメージから作成されたインスタンスのオペレーティングシステムを変更することができ、カスタムイメージは引き続き使用可能です。 詳細については、「システムディスクの変更 (カスタムイメージ) 」をご参照ください。
  • CPU、メモリ、帯域幅、およびディスクのアップグレードなど、カスタムイメージから作成したインスタンスをアップグレードできます。
  • カスタムイメージは、作成元のインスタンスの課金方法とは関係なく作成されます。 たとえば、サブスクリプションインスタンスから作成されたカスタムイメージは、従量課金インスタンスの作成にも使用できます。 逆の方法も適用されます。
  • カスタムイメージの作成に使用された ECS インスタンスが期限切れになった場合、またはデータが消去された場合 (スナップショットに使用されたシステムディスクが期限切れまたはリリースされた場合)、カスタムイメージとカスタムイメージから作成された ECS インスタンスは影響を受けません。 ただし、ECS インスタンスがリリースされると自動スナップショットはクリアされます。

Linux インスタンスに対する制限事項

  • /etc/fstab のファイルにデータディスク情報をロードしないでください。 ロードした場合、このイメージを使用して作成されたインスタンスは起動できません。
  • カスタムイメージを作成する前にすべてのデータディスクを umount し、スナップショットを使用してカスタムイメージを作成することを推奨します。 そうしないと、このカスタムイメージに基づいて作成された ECS インスタンスが起動しないことがあります。
  • カーネルまたはオペレーティングシステムのバージョンをアップグレードしないでください。
  • システムディスクパーティションを変更しないでください。 システムディスクはシングルルートパーティションのみをサポートします。
  • システムに使用できる容量があることを確認するために、システムディスクの空き容量を確認することを推奨します。
  • /sbin/bin/lib などの重要なシステムファイルは変更しないでください。
  • デフォルトのログインユーザー名 root を変更しないでください。

手順

  1. ECS コンソールにログインします。
  2. リージョンを選択します。
  3. 左側のナビゲーションウィンドウで、[インスタンス] をクリックします。
  4. ターゲットインスタンスを検索してそのインスタンス ID をクリックするか、"操作" 列から [管理] をクリックします。
  5. 左側のナビゲーションウィンドウで、[インスタンススナップショット] をクリックします。 対象のシステムディスクを検索して、"操作" 列から [カスタムイメージの作成] をクリックします。

    スナップショットはシステムディスクから作成する必要があります。 データディスクを使用してカスタムイメージを作成することはできません。

    [スナップショットとイメージ] > [スナップショット] をクリックし、カスタムイメージを作成するために、システムディスクから作成したスナップショットを選択します。



  6. [カスタムイメージの作成] ダイアログボックスで、次の手順を実行します。
    • スナップショット ID を確認します。
    • カスタムイメージの名前と説明を入力します。
    • (オプション) [データディスクのスナップショットを追加] をオンにし、イメージ用のデータディスクのスナップショットを複数選択して、[追加] をクリックしてデータディスクを追加します。
      • データセキュリティを保証するために、カスタムイメージを作成する前にデータディスクから機密データを削除することを推奨します。
      • スナップショットディスクの容量を空白のままにすると、デフォルト容量 5 GiB の空のディスクが作成されます。
      • 利用可能なスナップショットを選択した場合、ディスクサイズはスナップショットのサイズと同じになります。


  7. [作成] をクリックします。 次に、左側のナビゲーションウィンドウで、[スナップショットとイメージ] > [イメージ] を選択し、作成したイメージを表示します。

Linux インスタンスイメージのよくある質問

ディスクを unmount し、ディスクテーブルデータを消去する方法

/dev/hda5/mnt/hda5 にアタッチされている場合、次のいずれかのコマンドを実行しファイルシステムをデタッチします。

umount /dev/hda5
umount /mnt/hda5
umount /dev/hda5/mnt/hda5

/etc/fstab は Linux の重要な設定ファイルです。 それには起動時のファイルシステムのマウントとストレージデバイスの詳細が含まれています。 インスタンスの起動時に指定したパーティションをマウントしたくない場合は、/etc/fstab から対応する行を削除してください。 たとえば、起動時に xvdb1 の接続を切りたい場合は、次のステートメントを削除します。/dev/xvdb1 /leejd ext4 defaults 0 0

データディスクを切り離してカスタムイメージを作成できるかどうかを判断する方法

マウントするデータディスクを自動的に接続するためのステートメント行が fstab ファイルから削除されていることを確認する必要があります。

mount コマンドを使用して、マウントされているすべてのデバイスの情報を表示します。 実行結果にデータディスクパーティションの情報が含まれていないことを確認してください。

関連する設定ファイル

イメージを作成する前に、次の表にリストされている重要な設定ファイルが変更されていないことを確認してください。 変更されている場合、新しいインスタンスは起動できません。

設定ファイル 関連 変更された場合のリスク
/etc/issue*/etc/*-release および /etc/*_version システムリリースバージョン /etc/issue* を変更すると、システムのリリースバージョンが識別できなくなり、インスタンスの作成に失敗する可能性があります。
/boot/grub/menu.lst/boot/grub/grub.conf システム起動 /boot/grub/menu.lst を変更すると、カーネルのロードに失敗するため、システムを起動できません。
/etc/fstab 起動時のパーティション /etc/fstab を変更するとパーティションのマウントに失敗します。これはシステムが起動できないことを意味します。
/etc/shadow システムパスワード このファイルが読み取り専用に設定されている場合、パスワードファイルは編集できないため、インスタンスの作成は失敗します。
/etc/selinux/config システムセキュリティポリシー /etc/selinux/config を変更し、SELinux を有効にすると起動に失敗します。