ビジネスニーズに応じて、自動スナップショットポリシーをディスクに適用します。

自動スナップショットは、auto_yyyymmdd_1 の形式で名前が付けられています (例: auto_20140418_1)。

  • スナップショットを作成するときに、ディスクの読み書き操作が中断される可能性があります。 業務サービスの中断を避けるため、自動スナップショットの作成時間をオフピーク時に設定することを推奨します。
  • 自動スナップショットポリシーは、未使用のベーシッククラウドディスクには適用できません。
  • 手動で作成されたスナップショットは、自動スナップショットと競合しません。 ただし、自動スナップショットがディスク上に作成中の場合は、スナップショットを手動で作成する前にそれが完了するのを待つ必要があります。

次のいずれかのメニューを使用して、自動スナップショットポリシーをディスクに適用できます。

  • クラウドディスクメニューからの適用。 この方法は、特定のディスクに自動スナップショットポリシーを適用するのに適しています。
  • スナップショットとイメージメニューからの適用。 この方法は、統合自動スナップショットポリシーを複数のディスクに適用するのに適しています。

クラウドディスクメニューからからの適用

次の手順で、クラウドディスクメニューから自動スナップショットポリシーを適用します。

  1. ECS コンソールにログインします。
  2. 対象のリージョンを選択します。
  3. 左側のナビゲーションウィンドウで、[ディスク] をクリックします。
  4. ポリシーを実行するディスクを選択して、[自動スナップショットポリシーの作成] をクリックします。
  5. 自動スナップショット機能を有効にして、目的のスナップショットポリシーを選択します。
  6. [OK] をクリックします。

スナップショットとイメージメニューからの適用

次の手順で、自動スナップショットポリシーを適用または無効にします。

  1. ECS コンソールにログインします。
  2. 対象のリージョンを選択します。
  3. 左側のナビゲーションウィンドウで、[スナップショットとイメージ] > [自動スナップショットポリシー] を選択します。
  4. 適用する自動スナップショットポリシーを選択して、[ポリシーの適用] をクリックします。
  5. 自動スナップショットポリシーを有効にするには、[ポリシーを適用していないディスク] を選択してディスクを表示します。 ポリシーを有効にするディスクを検索して、[ポリシーの適用] をクリックします。 または、複数のディスクを選択した場合は、左下にある[ポリシーの適用] をクリックします。

  6. 自動スナップショットポリシーを無効にするには、[ポリシーが適用されたディスク] タブをクリックしてディスクを表示し、ポリシーを無効にするディスクを選択して、右側にある [ポリシーを無効にする] をクリックします。 複数のディスクを選択した場合は、左下にある [ポリシーを無効にする] をクリックして、選択したすべてのディスクの自動スナップショットポリシーを無効にします。