ECS コンソールでクラウドディスクの IOPS とスループットをモニターできます。また、Cloud Monitor エージェントをインストールしている場合は、Cloud Monitor コンソールでディスクをモニターできます。

次の手順で ECS コンソールでクラウドディスクの IOPS とスループットをモニターします。

  1. ECS コンソールにログインします。
  2. 左側のナビゲーションウィンドウで、[ブロックストレージ] > [ディスク] を選択します。
  3. 対象のリージョンを選択します。
  4. クラウドディスクを検索してその ID をクリックし、詳細ページに遷移します。
  5. 左側のナビゲーションウィンドウで、[ディスクモニタリング] をクリックします。
  6. モニタリング情報ページでアイコンをクリックし、モニタリング情報の開始時刻と終了時刻を設定します。 クラウドディスクのモニタリング情報の最大 15 日間分を確認できます。

  7. クラウドディスクの IOPS とスループットを確認します。
    グラフ内の凡例をクリックし、クラウドディスクのパフォーマンスインデックスの一つを表示します。