ビジネスが拡大するにつれて、現在のデータディスクの容量がデータストレージのニーズに合わなくなる場合があります。 必要に応じて、ディスク拡張機能を使用して、データディスクを拡張できます。

  • データディスクを拡張する前に、手動でスナップショットを作成してデータをバックアップすることを推奨します。
  • データディスクが "Available" ステータスまたは "In Use" ステータスの場合に、データディスクを拡張できます。
  • スナップショットがデータディスク用に作成されている場合、データディスクの拡張をすることはできません。
  • 現在の課金サイクル中に、サブスクリプション ECS インスタンスを設定のダウングレードのために更新した場合 (設定のダウングレードのための更新)、データディスクやシステムディスクを含む、サブスクリプションのアタッチされたクラウドディスクの拡張はできません。
  • データディスクは拡張できますが、ファイルシステムは拡張できません。
  • データディスクは拡張できますが、システムディスクやローカルディスクは拡張できません。
  • インスタンスが "実行中" (Running) または "停止" (Stopped) ステータスの場合にのみ、インスタンスにアタッチされているデータディスクを拡張します。 ECS コンソールでインスタンスを再起動すると変更が適用されます。 この操作によりインスタンスは停止し、業務が中断されます。 操作の実行は慎重に進めてください。

これは、ウルトラクラウドディスクタイプのデータディスクと 64 ビット Windows Server 2008 R2 Enterprise Edition を実行している ECS インスタンスを使用して、データディスクの拡張と使用できる容量を増やす方法の例です。 この例では、現在のディスク容量は 20 GiB で、24 GiB に拡張します。

データディスクを拡張するには、次の手順に従います。

手順 1 ECS コンソールでのデータディスクの拡張

手順 2 インスタンスにログインし、拡張されたストレージスペースを有効化

手順 1 ECS コンソールでのデータディスクの拡張

ECS コンソールでデータディスクを拡張するには、次の手順を実行します。

  1. ECS コンソールにログインします。
  2. 左側のナビゲーションウィンドウで、[ブロックストレージ] > [ディスク] を選択します。
    拡張するデータディスクがインスタンスにアタッチされている場合は、左側のナビゲーションウィンドウで[インスタンス] をクリックし、インスタンスを検索し、インスタンスの詳細ページに移動し、[ディスク] をクリックします。
  3. リージョンを選択します。
  4. 拡張するディスクを検索し、"操作" 列から、[詳細] > [ディスク拡張] を選択します。
  5. ディスク拡張ページで、[拡張後の容量] を設定します。 この例では、24 GiB です。 拡張後の容量は、現在の容量よりも大きく設定します。
  6. 料金が計算されたら、[拡張の確認] をクリックします。
    データディスクがインスタンスにアタッチされている場合、ECS コンソールでインスタンスを再起動 して、ディスクの拡張を有効にします。

データディスクの拡張が完了したら、次の操作を実行できます。

手順 2 インスタンスにログインし、拡張されたストレージスペースを有効化

以下の手順で、インスタンス内のデータディスクを拡張します。

  1. Windows インスタンスへの接続.
  2. Windows Server のデスクトップで、[サーバーマネージャー] アイコンをクリックします。
  3. [サーバーマネージャー] の左側のナビゲーションウィンドウで、[ストレージ] > [ディスク管理] を選択します。 ディスクの管理エリアに、新しいデータディスク容量と元のデータディスク容量の関係が表示されます。 この例では、[Disk 1] が拡張されたデータディスクです。
  4. [Disk 1][新しいボリューム] の周辺で右クリックし、[ボリュームの拡張] を選択します。

  5. [ボリュームの拡張ウィザード] に従い、ボリュームを拡張します。
    ウィザードが完了すると、新しいデータディスク容量が自動的に元のボリュームに併合され、[Disk 1] 情報は、ディスクマネージャーに次のように表示されます。

    Windows Server 2003 では、拡張されたストレージ容量はデータディスクに追加されますが、ディスクマネージャーでは別のボリュームとして表示されます。 Windows Server 2003 では、拡張するごとに別のボリュームが作成され、元のボリュームには併合されませんが、拡張されたストレージ容量の実際の使用には影響しません。

これで、データディスクが拡張され、拡張したストレージスペースが使用可能になります。