サブスクリプション課金のインスタンスタイプをアップグレードできます。

また、次のこともできます。

  • 従量課金からサブスクリプションにデータディスクの課金方法を変更します。 システムディスクの課金方法は変更できません。
  • インターネットの帯域幅を変更します。 これは、クラシックネットワークのインスタンスと、EIP がバインドされていない VPC のインスタンスに適用されます。 インスタンスの作成時にインターネット帯域幅を購入しなかった場合、パブリック IP アドレスは割り当てられていません。 この場合、この機能を使用して、必要に応じてインスタンスにパブリック IP アドレスを割り当てることができます。

料金

設定をアップグレードした後、現在の課金サイクルの残り期間の差額を補う必要があります。

制限

この機能には、次の制限があります。

  • サブスクリプションインスタンスにのみ適用可能です。

  • インスタンスは複数回アップグレードできますが、各アップグレードの間隔は 5 分以上にする必要があります。

  • インスタンスタイプの vCPU コアとメモリサイズの両方をアップグレードする必要があります。 つまり、1つのアイテムを個別にアップグレードすることはできません。

  • d1、d1ne、i1、i2、ga1、gn5、f1、f2、f3、ebmc4、ebmg5、sccg5、および scch5 のようなインスタンスタイプファミリー内またはファミリー間ではサポートされません。 この機能をサポートするインスタンスタイプファミリーとインスタンスタイプをアップグレードするルールについては、「インスタンスタイプのアップグレードが可能なインスタンスタイプファミリー」をご参照ください。

  • この機能を使用して、EIP を使用せずにバインドされた VPC インスタンスおよびクラシックネットワークインスタンスに対してのみ、インターネット帯域幅を変更できます。

  • 課金方法を従量課金からサブスクリプションに変更できるのは、データディスクのみで、システムディスクでは変更できません。

  • 現在の課金サイクルで、設定をダウングレードして更新の操作を既に実行している場合、新しい課金サイクルが始まるまで設定をアップグレードすることはできません。

  • インスタンスタイプをアップグレード、またはクラシックネットワークインスタンスのインターネット帯域幅を 0 Mbpsからゼロ以外の値に初めて変更した時は、コンソールまたは RebootInstance API によりインスタンスを再起動して新しい設定を有効にする必要があります。

手順

  1. ECS コンソールにログインします。
  2. 左側のナビゲーションウィンドウで、[インスタンス] をクリックします。
  3. リージョンを選択します。
  4. アップグレードするサブスクリプションインスタンスを選択し、"アクション" 列から、[設定を変更する] をクリックします。
  5. [アップグレード設定] を選択し、[続行] をクリックします。
  6. 設定のアップグレードページで、次のいずれかの操作を実行します。
    • 新しい [インスタンスタイプ] を選択します。
      このページには、インスタンスで使用可能なすべての新しいインスタンス タイプが表示されます。
    • 従量課金データディスクがインスタンスにアタッチされている場合、課金方法をサブスクリプションに変更することができます。
    • インスタンスがクラシックネットワークインスタンス、または EIP がバインドされていない VPC インスタンスの場合、インターネット帯域幅を変更できます。
      インスタンスの作成時にインターネット帯域幅を購入しなかった場合、パブリック IP アドレスは割り当てられていません。 この場合、この機能を使用して、必要に応じてインスタンスにパブリック IP アドレスを割り当てることができます。
  7. オーダーの詳細を確認して、[オーダーの作成] をクリックします。 必要に応じて追加の指示に従ってください。
  8. インスタンスタイプをアップグレード、またはクラシックネットワークインスタンスのインターネット帯域幅を 0 Mbpsからゼロ以外の値に初めて変更した時は、コンソールまたは RebootInstance API によりインスタンスを再起動して新しい設定を有効にする必要があります。
    このアップグレード設定でインターネットの帯域幅が 0 Mbpsから 0 以外の値に初めて変更した場合は、VPC インスタンスを再起動する必要はありません。

また、DescribeResourcesModification APIを使用して、アップグレード可能なインスタンスタイプを照会することもできます。