Windows インスタンスがインターネットにアクセスできる場合は、リモート接続ツールを使用してインターネットに接続します。 それ以外の場合、Management Terminalを使用することができます。

前提条件

  • インスタンスが "Running" ステータスである必要があります。 そうでない場合は、起動します
  • インスタンスのログインパスワードが設定されている必要があります。 パスワードを紛失した場合は、パスワードをリセットします。
  • インスタンスがインターネットにアクセスできる必要があります。
    • VPC では、パブリック IP アドレスをインスタンスに割り当てるか、EIP アドレスをインスタンスにバインドします
    • クラシックネットワークでは、次のいずれかの方法を使用して、パブリック IP アドレスをインスタンスに割り当てます。
      • サブスクリプションまたは従量課金インスタンスの場合は、インスタンスを作成する際にパブリック IP の割り当てを選択します。
      • パブリック IP アドレスを持たないサブスクリプションインスタンスの場合は、帯域幅をアップグレードして割り当てます。
  • インスタンスが参加するセキュリティグループに、次のセキュリティグループルールを追加する必要があります。 詳細は、「セキュリティグループルールの追加」をご参照ください。
    ネットワークタイプ NIC ルールの方向 許可ポリシー プロトコルタイプ ポート範囲 許可タイプ 許可オブジェクト 優先度
    VPC 利用不可 インバウンド 許可 RDP(3389) 3389/3389 アドレスフィールドアクセス 0.0.0.0/0 1
    クラシック インターネット

手順

ローカルマシンのオペレーティングシステムに基づいて、次の方法のうち 1 つを使用して、Windows インスタンスに接続します。

Windows OS

ローカル コンピューターが Windows OS を実行している場合は、mstsc を使用して Windows インスタンスへのリモート接続を作成します。

  1. 次の方法のいずれかを使用して mstsc を起動します。
    • [開始] > [アイコン] > [リモートデスクトップ接続] の順にクリックします。
    • [開始] アイコンクリックし、mstsc を検索します。
    • Windows キー + R キーを押して [ファイル名を指定して実行] ウィンドウを開き、「mstsc」を入力し、 Enter キーを押します("+" はキーを同時に押すことを意味します)。
  2. [リモートデスクトップ接続] ダイアログボックスで、次の手順を実行します。
    1. [オプションの表示] ドロップダウンボックスをクリックします。

    2. インスタンスのパブリック IP アドレスまたは EIP アドレスを入力します。
    3. ユーザー名を入力します。 デフォルトのユーザー名は、 Administrator です。
      次回同じ認証情報を使用してインスタンスにログインする場合は、[認証情報の保存を許可] を選択します。

    4. オプション: ローカルコンピュータからインスタンスにテキストまたはファイルをコピーする場合は、[ローカルリソース] タブをクリックして、ローカルコンピュータのリソースを共有するためのオプションを確認します。
      • テキストのみをコピーする場合は、[クリップボード] を選択します。
      • ファイルもコピーする場合は、[詳細] を選択し、インスタンスにファイルをコピーするドライブ文字を選択して、[OK] をクリックします。




    5. オプション。 [画面] タブをクリックしてリモートデスクトップウィンドウのサイズを変更します。 全画面表示を推奨します。

    6. [接続] をクリックします。

Linux

ローカルマシンが Linux OS を実行している場合は、リモート接続ツールを使用して Windows インスタンスへのリモート接続を作成します。 ここでは、例として rdesktop を取り上げて、Linux を実行しているローカルマシンから Windows インスタンスに接続する方法を説明します。

  1. rdesktop をダウンロードして起動します。
  2. コマンドを実行して Windows インスタンスに接続します。 パラメーター値をご自身の設定に置き換えます。
    rdesktop -u administrator -p password -f -g 1024*720 192.168.1.1 -r clipboard:PRIMARYCLIPBOARD -r disk:sunray=/home/yz16184

    次の表で、関連するパラメーターを説明します。

    パラメーター 説明
    -u ユーザー名。 Windows インスタンスのデフォルトのユーザー名は Administrator です。
    -p Windows インスタンスへのログインに使用されるパスワード。
    -f デフォルトでは全画面表示。 Ctrl + Alt + Enter キーを押して、モードを切り替えます("+" はキーを同時に押すことを意味します)。
    -g 解像度。 アスタリスク (*) は分離に使用されます。 省略すると、デフォルトで全画面表示が使用されます。
    192.168.1.1 リモート接続が必要なサーバーの IP アドレス。 Windows インスタンスのパブリック IP アドレスまたは EIP アドレスに置き換えます。
    -d ドメイン名。 たとえば、ドメイン名が INC の場合、パラメーターは -d inc となります。
    -r マルチメディアの再配列。 例:
    • 音声をオン: -r sound
    • ローカルの音声を使用: -r sound : local
    • U ディスクを開く: -r disk:usb=/mnt/usbdevice
    -r clipboard:PRIMARYCLIPBOARD ローカルデバイスの Linux と Windows のインスタンス間でのダイレクトワードコピーおよび貼り付けを実現します。 中国語のコピーと貼り付けをサポートします。
    -r disk:sunray=/home/yz16184 ローカルデバイスの Linux システム上のディレクトリを Windows インスタンス上のハードディスクにマップすることを指定します。 これが設定されている場合、Samba と FTP はファイル転送には推奨されません。

rdesktop コマンドのパラメータの詳細については、『rdesktop ドキュメント』をご参照ください。

Mac OS

Mac OS で起動しているローカルマシンから Windows インスタンスに接続するには、『Mac 上でリモートデスクトップを開始』をご参照ください。

Android または iOS

ローカルマシンで Android OS または iOS を実行している場合は、「モバイル デバイス上のインスタンスへ接続」をご参照ください。