VNC とも呼ばれる Managemen Terminal を使用して ECS インスタンスに接続します。 この方法は、PuTTy、Xshell、または SecureCRT などの他のリモートアクセスソフトウェアプログラムが機能しない場合に適しています。

シナリオ

Management Terminal は、以下の目的のために使用できます。

  • ECS インスタンスのステータスを確認
  • ECS インスタンス内のソフトウェアエラーが原因でリモート接続が失敗した場合、ファイアウォールを再設定
  • 過度の CPU 使用率または帯域幅を消費する異常なプロセスを終了
インスタンスにパブリック IP アドレスが割り当てられていない場合にも、Management Terminal を使用してインスタンスに接続できます。

前提条件

  • ECS インスタンスが作成されている必要があります。 詳細、ECS インスタンスの作成をご参照ください。
  • ECS インスタンスのログインパスワードが設定されている必要があります。 設定されていない場合は、パスワードリセット機能を使用します。

手順

次の図は、Management Terminal を使用して ECS インスタンスに接続する方法を示しています。



Management Terminal を使用して ECS インスタンスに接続するには、次の手順を実行します。

  1. ECS コンソールにログインします。
  2. 左側のナビゲーションウィンドウで、[インスタンス] をクリックします。
  3. 対象のリージョンを選択します。
  4. インスタンスリストでインスタンスを検索し、"操作" 列から [接続] をクリックします。
  5. Management Terminal ページの指示に従い、Management Terminal に接続します。
    • 初めて Alibaba Cloud アカウントとしてログインして Management Terminal に接続する場合は、次の手順を実行します。

      1. [VNC 接続パスワード] ダイアログボックスで、パスワードをコピーして [閉じる] をクリックします。
        • VNC パスワードは一度だけ表示されます。パスワードを保存し、今後の利用のために安全に保管する必要があります。 VNC パスワードを変更する必要がある場合は、「VNC 接続パスワードの変更」をご参照ください。
        • 初めて RAM ユーザーとしてログインして Management Terminal に接続する場合、このダイアログボックスは表示されません。
      2. [VNC パスワードの入力] ダイアログボックスで、コピーした VNC 接続パスワードを貼り付け、[OK] をクリックします。
    • 初めて RAM ユーザーとしてログインして Management Terminal に接続する場合、または VNC 接続パスワードを忘れた場合は、次の手順を実行します。
      • 「VNC 接続パスワードを変更」します。
      • Management Terminal ページの左上隅から [リモートコマンドの送信] > [Management Terminal に接続] の順にクリックします。
      • [VNC パスワードの入力] ダイアログボックスで新しいパスワードを入力し、[OK] をクリックします。
    • Management Terminal へ以前接続したことがある場合は、[VNC パスワードの入力] ダイアログボックスで VNC 接続パスワードを入力し、[OK] をクリックします。
  6. ECS インスタンスにログインするには、オペレーティングシステムに従って次の手順を実行します。
    • Linux インスタンスの場合: ユーザー名 (root) とログインパスワードを入力します。
      • インスタンスのログインパスワードがわからない場合は、パスワードをリセットします。
      • ログインパスワードの入力は表示されません。
      • インスタンス内で追加の操作を行う場合は、Management Terminal ページ左上隅から [リモートコマンドの送信] > Ctrl + Alt + Fx キーを押します ("+" はキーを同時に押すことを意味します)。このうち FxF1F10 の任意のキーを指定でき、さまざまな操作のためにインターフェイスを切り替えます。
      • 黒い画面が表示される場合は、Linux インスタンスがスリープモードになっている可能性があります。 スリープモードを終了するには、マウスをクリックまたはいずれかのキーを押します。
    • Windows の場合: Management Terminal ページの左上隅から [リモートコマンドの送信] > Ctrl + Alt + Deleteキーを押します ("+" はキーを同時に押すことを意味します)。 Windows のログインインターフェイスが表示されます。 ユーザー名 (Administrator) とログインパスワードを入力します。
      インスタンスのログインパスワードがわからない場合は、パスワードをリセットします。

その他の操作

VNC 接続パスワードの変更

VNC 接続パスワードがわからない場合は、次の手順に従ってパスワードを変更します。

接続先のインスタンスが非 I/O 最適化の場合は、ECS コンソールでインスタンスを再起動して新しい VNC パスワードを適用する必要があります。 再起動操作によりインスタンスは停止し、業務操作が中断されます。 したがって、慎重に進みます。
  1. Management Terminal ページを開きます。
  2. 表示されているダイアログボックスをすべて閉じます。
  3. Management Terminal ページ右上隅から [Management Terminal パスワードの変更] をクリックします。
  4. 新しいパスワードを入力します。 パスワードは 6 文字以上で、文字と数字のみが含まれます。
  5. インスタンスによっては、新しいパスワードが次のように有効になります。
    • I/O 最適化インスタンスの場合、新しいパスワードは直ちに有効になります。
    • 非 I/O 最適化インスタンスの場合、 ECS コンソールでインスタンスを再起動します。
      オペレーティングシステムを再起動しても、新しいパスワードは適用されません。
入力コマンド

Linux インスタンスに接続している場合は、複雑なコマンドや URL などの長いテキストを入力するための入力コマンド機能を使用します。

入力コマンドを使用するには、次の手順を実行します。

  1. Management Terminal ページを開きます。
  2. Management Terminal ページ右上隅で、[入力コマンド] をクリックします。
  3. コマンドを入力して、[OK] をクリックします。
  4. Enter キーを押して、コマンドを実行します。

よくある質問

  • 複数のユーザーが Management Terminal に同時に接続できますか?

    できません。 一度に 1 ユーザーだけが Management Terminal に接続できます。

  • パスワードを変更した後も Management Terminal を使用してインスタンスに接続できないのはなぜですか?

    正しい VNC パスワードを入力しているかご確認ください。 接続先のインスタンスが I/O 最適化されていない場合は、ECS コンソールでインスタンスを再起動する必要があります。 この操作により、新しい VNC パスワードが有効になります。

  • インスタンスにログインした後に黒い画面が表示されるのはなぜですか?

    黒い画面は、インスタンスがスリープモードになっていることを示しています。

    Linux インスタンスの場合は、マウスをクリックするか、いずれかのキーを押して画面をアクティブにします。

    Windows の場合は、[リモートコマンドの送信] > Ctrl + Alt + Delete キーを押してログインインターフェイスを表示します ("+" はキーを同時に押すことを意味します)。

  • Management Terminal にアクセスできないのはなぜですか?

    ブラウザを開き、Management Terminal に接続して F12 を押し、開発者ツールを開きます。 次に、[コンソール] タブに移動して Management Terminal 情報を分析し、エラーを検索できます。

  • IE または Firefox を使用して Management Terminal にアクセスできますか?

    IE バージョン 10 以降は Management Terminal をサポートしています。 Firefox の特定のバージョンのみがサポートされています。

    Management Terminal の最高のサポートを提供するため、Google Chrome を使用することを推奨します。