クラウドディスクは、Alibaba Cloud が ECS 用に提供するブロックレベルのデータストレージプロダクトです。 低レイテンシ、高い耐久性および信頼性を備えています。

Alibaba Cloud が提供するクラウドディスクは、デフォルトでデータを 3 回複製し、異なるサーバー間にデータコピーを保存することで、データの冗長性をサポートしており、ECS インスタンスに 99.9999999% のデータ信頼性を提供しています。 これにより、サービスの中断が発生した場合 (たとえば、ハードウェア障害など)、ターゲットゾーン内のデータが影響を受けないクラウドディスクにコピーされ、データの可用性が確保されます。 ECS インスタンスに接続されたクラウドディスクをパーティション分割してフォーマットし、ファイルシステムを作成してクラウドディスクにデータを保存できます。 詳細については、「三重化技術」をご参照ください。

クラウドディスクは、クラウドディスクと同じリージョンの同じゾーンにある 1 つの ECS インスタンスにのみ接続できます。

クラウドディスクタイプ

次の表は、パフォーマンスと機能によってクラウドディスクタイプを分類しています。

  • パフォーマンス別

    データ型 説明
    Enhanced SSD (ESSD) Enhanced SSD (ESSD) は、Alibaba Cloud が提供する超ハイパフォーマンスクラウドディスクです。 ESSD は、次世代の分散ブロックストレージアーキテクチャ、25 GE ネットワーク、および RDMA (Remote Direct Memory Access) 技術に基づいています。 ディスク 1 台あたり最大 100 万 のランダム IOPS と、低レイテンシを実現します。 詳細については、「Block storage FAQ」をご参照ください。
    Standard SSD 安定した高いランダム I/O パフォーマンスと高いデータ信頼性を備えたハイパフォーマンスディスクです。
    Ultra クラウドディスク 高いコストパフォーマンス、中程度のランダム I/O パフォーマンス、高いデータ信頼性を備えたクラウドディスクです。
    基本クラウドディスク 高いデータ信頼性と標準のランダム I/O パフォーマンスを備えたクラウドディスクです。
  • 機能別

    タイプ 説明
    システムディスク システムディスクのライフサイクルは、マウント先の ECS インスタンスと同じであり、ECS インスタンスと共に作成され、リリースされます。 システムディスクへの共有アクセスは許可されていません。 システムディスクの使用可能なサイズは、オペレーティングシステムによって次のように異なります。
    • Linux (CoreOS を除く) および FreeBSD: 20 から 500 GiB
    • CoreOS: 30 から 500 GiB
    • Windows: 40 から 500 GiB
    データディスク データディスクは、単独で作成または ECS インスタンスと同時に作成が可能です。
    • ECS インスタンスと共に作成されたデータディスクは、対応するインスタンスと同じライフサイクルを持ち、インスタンスと共にリリースされます。
    • 単独で作成されたデータディスクは、単独でリリースまたは対応する ECS インスタンスと同時にリリースすることができます。
    データディスクへの共有アクセスは許可されていません。 データディスクのパフォーマンスは、クラウドディスクのタイプによります。 詳細については、「ストレージパラメータおよびパフォーマンステスト」をご参照ください。
    データディスクの使用時、最大 16 個のクラウドディスクを 1 つの ECS インスタンスに対して接続できます。

パフォーマンス

クラウドディスクの各タイプのパフォーマンスについては、「ストレージパラメータおよびパフォーマンステスト」をご参照ください。

課金方法

  • サブスクリプションインスタンスと共に作成されたクラウドディスク、またはサブスクリプションインスタンス用に個別に作成されたクラウドディスクは、選択した課金サイクルに従って請求され、サービスを使用する前に課金されます。 詳細については、「サブスクリプション」をご参照ください。
  • 個別に作成されたクラウドディスク、または従量課金インスタンスと共に作成されたクラウドディスクは、実際に使用するリソースの量に基づいて課金されます。 詳細については、「従量課金」をご参照ください 。

次の表のとおり、クラウドディスクの課金方法を変更できます。

課金方法の変更 関連機能 有効期間 適した状況
サブスクリプションから従量課金へ 設定をダウングレードして更新 次の課金サイクルから有効 サブスクリプションインスタンスにマウントされたサブスクリプションクラウドディスク。 システムディスクの課金方法は変更できません。
サブスクリプションから従量課金への課金方法の切り替え 即時有効 サブスクリプションインスタンスのシステムディスクと、サブスクリプションインスタンスと共に作成されたデータディスク。
従量課金からサブスクリプションへ サブスクリプションインスタンスのアップグレード設定 即時有効 サブスクリプションインスタンスにマウントされた従量課金データディスク。 システムディスクの課金方法は変更できません。
従量課金からサブスクリプションへの課金方法の切り替え 従量課金インスタンスにマウントされたシステムディスクおよびデータディスク。

関連する操作

クラウドディスク上で以下の操作を実行できます。
次の操作の一部は、クラウドディスクがシステムディスクとして機能するかデータディスクとして機能するかによって異なります。