ここでは ECS について、リソースやサービスを含めて簡単に紹介します。

ECS (Elastic Compute Service) は、 柔軟な処理機能を特徴とするコンピューティングサービスです。 ECS は、物理サーバーよりもシンプルで効率的に管理することが可能です。 ビジネスニーズを満たすため、インスタンスの作成、OS の変更、ECS インスタンスの追加やリリースがいつでも可能です。 ECS インスタンスは仮想コンピューティング環境であり、CPU、メモリー、その他の基本的なコンピューティングコンポーネントを備えています。 インスタンスは ECS のコアコンポーネントで、Alibaba Cloud が提供する実際のオペレーティングエンティティです。 ディスク、イメージおよびスナップショットなどの他のリソースは、ECS インスタンスと一緒の場合のみ使用できます。

ECS インスタンスのコンセプトは以下の図のように表されます。 ECS コンソールから、インスタンスタイプ、ディスク、OS および他の付随するリソースを使用できます。

基本概念

ECS をお使いになる前に、以下の概念を理解することが有用です。

  • リージョンおよびゾーン: データセンターが設置されている物理的な場所。

  • ECS インスタンス: 仮想コンピューティング環境。これには、CPU、メモリー、OS、帯域幅、ディスクおよび他の基本コンピューティングコンポーネントが含まれます。

  • インスタンスタイプ: ECS インスタンスの仕様。これには、vCPU コア数、メモリーおよびネットワークパフォーマンスが含まれます。 ECS インスタンスのインスタンスタイプにより、処理機能が決定されます。

  • イメージ: ECS インスタンス用実行環境テンプレート。 一般的に、OS およびプレインストール済ソフトウェアを含みます。

  • ブロックストレージ: お使いの ECS で使用できるブロックレベルのストレージプロダクト。これには、分散ストレージアーキテクチャをベースにしたクラウドディスクおよび共有ブロックストレージおよび、ECS インスタンスのホストとなっている物理サーバー上にあるローカルディスクを含みます。

  • スナップショット: ある時点でのエラスティックブロックストレージデバイス上のデータのコピー。

  • ネットワークタイプ:

    • VPC (Virtual Private Cloud): Alibaba Cloud に確立されたプライベートネットワーク。 VPC は、Alibaba Cloud における他の仮想ネットワークと論理的に分離されています。 詳しくは、「VPC の概要」をご参照ください。

    • クラシックネットワーク: Alibaba Cloud のパブリックインフラストラクチャーに広くデプロイされたネットワーク。

  • セキュリティグループ:インスタンスの論理グループで、同じリージョンにあり、同じセキュリティ要件を持ち相互に信頼関係があります。 セキュリティグループは、その内部の ECS インスタンスの仮想ファイアウォールとして機能します。

操作

Alibaba Cloud により、お使いの ECS インスタンスを管理するための直感的な操作インターフェイスが提供されます。

  • ECS コンソールにログインし、ECS インスタンスを操作できます。 詳しくは、「クイックリファレンス」をご参照ください。

  • お使いの ECS インスタンスを管理するために API を使用できます。 詳しくは、「API リファレンス」をご参照ください。

  • ECS インスタンスの管理のために、Alibaba Cloud CLI を利用して API を呼び出すこともできます。 詳しくは、「Alibaba Cloud コマンドラインインターフェイス」をご参照ください。

  • ECS リソースのプロビジョニングおよび管理のために、オープンソースツール Terraform を使用できます。 Terraform により、Alibaba Cloud および他のサポートされるクラウドに対する、デプロイ設定やバージョン管理設定のシンプルなメカニズムが提供されます。 詳しくは、「Terraform とは」をご参照ください。

ECS の価格および課金

ECS はサブスクリプションと従量課金方法の両方をサポートしています。 詳しくは、「課金方法」をご参照ください。

価格の詳細については、「価格」ページをご参照ください。

ラーニングパス

ECS ラーニングパス を利用して ECS の基本事項や知識の習得が可能です。

関連サービス

以下のようなサービスが ECS とともに頻繁に利用されます。

  • Alibaba Cloud Marketplace はオンラインマーケットです。 サードパーティパートナーにより提供される、ソフトウェアインフラストラクチャー、開発ツールおよび業務ソフトウェアを購入できます。 販売したいソフトウェアがある場合には、マーケットプレイスサービスプロバイダーになることもできます。 詳しくは、「マーケットプレイス」をご参照ください。

  • Auto Scaling により、お使いのコンピューティング能力を動的に拡大、または縮小することができます。これにより、指定したスケーリングポリシーに応じてお使いの ECS インスタンスのワークロードを満たすことができます。 また、手動プロビジョニングの必要性を減らします。 詳しくは、「Auto Scaling の概要」をご参照ください。

  • Container Service により、Docker および Kubernetes を利用し、コンテナー化されたアプリケーションのライフサイクルの管理を可能にします。 詳しくは、「Container Service の概要」をご参照ください。

  • Server Load Balancer により、設定した転送ルールに応じて、複数の ECS 間の受信トラフィックが分散されます。 詳しくは、「Server Load Balancer の概要」をご参照ください。

  • CloudMonitor により、ECS インスタンス、システムディスク、インターネット帯域幅および他のリソースが管理されます。 詳しくは、「CloudMonitor の概要」をご参照ください。

  • Server Guard (サーバーセキュリティ) により、侵入イベントに対するリアルタイムの対応および防御が提供されます。これにより、お使いの ECS インスタンスのセキュリティを保護します。 詳しくは、「Server Guard の概要」をご参照ください。

  • Anti-DDoS Basic により、お使いのインフラストラクチャーを回避するようにトラフィックをルーティングすることで、DDoS 攻撃を防御し、軽減することができます。 Alibaba Cloud Anti-DDoS Pro により、大規模な DDoS 攻撃からお使いの ECS インスタンスが保護されます。 詳しくは、「Anti-DDoS Basic の概要」およびpAnti-DDoS Pro の概要」をご参照ください。

  • Alibaba Cloud SDK により、 お好きなプログラミング言語を使用して、Alibaba Cloud サービスへのアクセス、およびお使いのアプリケーションの管理が可能になります。 詳しくは、「開発者リソース」をご参照ください。 OpenAPI Explore を使用して、ECS API のデバッグおよび SDK デモの生成ができます。