SLB (Server Load Balancer) の直近 3 日間のヘルスチェックログをヘルスチェックログページで表示できます。 3 日以上前に生成されたヘルスチェックログを取得する場合、ヘルスチェックログを OSS (Object Storage Service) に保存し、そこからダウンロードできます。

このタスクについて

SLB のヘルスチェックログ機能を使用すると、バックエンドサーバーのヘルスチェックログを表示することができます。 直近 3 日間のログが提供されます。 さらに多くの日数分のログを表示する場合は、ヘルスチェックログを OSS に保存します。

このストレージ機能はいつでも、有効または無効にすることができます。 ストレージ機能を有効にすると、選択したバケットにヘルスチェックログの保存用フォルダー (AliyunSLBHealthCheckLogs) が作成されます。 ヘルスチェックログは毎時生成され、その日に生成されたログファイルの保存用として、日付をフォルダー名とするサブフォルダー (例: 20170707) が自動的に作成されます。

毎時生成されるログファイルには、生成された時刻に基づいてそれぞれ名前が付けられます。 たとえば、00:00~01:00 に生成されたログファイルの名前は 01.txt、01:00~02:00 に生成されたログファイルの名前は 02.txt となります。

ヘルスチェックログは、バックエンドサーバーが正常に稼働していない場合にのみ生成されます。 1 時間の間にバックエンドサーバーでエラーが発生しなかった場合、その時間帯のヘルスチェックログは生成されません。

以下の手順に沿ってヘルスチェックログを保存します。

  1. バケットを作成する
  2. SLB に OSS へのアクセスを許可する
  3. ログストレージを設定する

ステップ 1: バケットの作成

  1. OSS プロダクト詳細ページを開き、[今すぐ購入] をクリックして OSS サービスを有効化します。
  2. OSS コンソールにログインします。
  3. [バケットの作成] をクリックします。
  4. [バケットの作成] ダイアログボックスで、バケットを設定し、 [OK] をクリックします。
    バケットを作成するリージョンは、SLB インスタンスと同じリージョンにします。

ステップ 2: SLB に OSS へのアクセスを許可

バケットを作成したら、OSS リソースにアクセスするためのロール (SLBLogDefaultRole) を許可する必要があります。

重要 承認は、ログストレージを初めて設定する場合にのみ必要です。
  1. SLB コンソールの左側のナビゲーションウィンドウで、[ログ] > [ヘルスチェックログ]を選択します。
  2. ヘルスチェックログページで、 [ログストレージ] タブをクリックします。
  3. OSS がまだ有効化されていない場合は、[1. OSS の有効化] をクリックします。
  4. OSS サービスを有効化した後、 ヘルスチェックログページに戻ります。[ 2 必要な RAM ロールを許可] セクションで [今すぐ有効化] をクリックします。
  5. 許可の説明を読み、 [権限付与ポリシーに同意] をクリックします。
  6. RAM コンソールにログインします。
  7. 左側のナビゲーションウィンドウで [ロール] をクリックし、SLBLogDefaultRole という名前のロールを見つけて [許可] をクリックします。
  8. ロールの権限付与ポリシーの編集ダイアログボックスで、 AliyunOSSFullAccess ポリシーを検索し、 [OK] をクリックします。

    許可後、 [SLBLogDefaultRole] をクリックし、 [ロールの権限付与ポリシー] をクリックすると、割り当てられているポリシーが表示されます。

ステップ 3: ログストレージの設定

  1. 左側のナビゲーションウィンドウで、[ログ] > [ヘルスチェックログ] をクリックします。
  2. ヘルスチェックログページで、 [ログストレージ] タブをクリックします。
  3. 対象のリージョンを特定し、[ログストレージの設定] をクリックします。
  4. [ログストレージの設定] ダイアログボックスで、ヘルスチェックログを保存するバケットを選択し、[OK] をクリックします。
  5. ステータススイッチをオンにして、ログストレージを有効にします。