このトピックでは、ClassicLink を有効にする方法について説明します。 ClassicLink 機能を有効にした後、クラシックネットワーク ECS インスタンスはイントラネットを介して VPC 内のクラウドリソース (ECS インスタンス、RDS インスタンス、SLB インスタンスなど) に接続できます。

このタスクについて

VPC の ECS インスタンスは、VPC に接続されているクラシックネットワーク ECS インスタンスにアクセスできますが、VPC に接続されていないクラシックネットワーク ECS インスタンスや VPC の他のリソースにはアクセスできません。 詳細は、「ClassicLink の概要」をご参照ください。

手順

  1. VPC コンソールにログインします。
  2. ターゲット VSwitch が属するリージョンを選択します。
  3. [VPCs] ページでターゲット VPC を見つけ、[アクション] 列の [管理] をクリックします。
  4. [VPC の詳細] ページで、[クラシックリンクの有効化] をクリックします。
  5. [クラシックリンクの有効化] ダイアログボックスで、[OK] をクリックします。
    ClassicLink を有効にした後、ClassicLink のステータスは [有効化] に変わります。 ClassicLink の有効化