hash コマンドは、ローカルファイルの CRC64 値または MD5 値を計算する場合に使用します。

コマンド構文

./ossutil hash file_url [--type=hashtype]
--type には、計算に使用されるアルゴリズムを指定します。 有効値:crc64 と md5。 デフォルト値:crc64。
  • stat コマンドを実行して、OSS のオブジェクトの CRC64 値または Content-MD5 値を表示することができます。 X-Oss-Hash-Crc64ecma フィールドは、CRC64 値を示します。 Content-Md5 フィールドは、MD5 値を示します。
  • OSS が CRC64 をサポートする前にアップロードされたオブジェクトの場合、stat コマンドは CRC64 値の取得に失敗する場合があります。
  • stat コマンドは、追加アップロードまたはマルチパートアップロードでアップロードされたオブジェクトの Content-MD5 値の取得に失敗する場合があります。
  • --type が md5 に設定されている場合、MD5 値と Content-MD5 値が同時に表示されます。 Content-MD5 値は、MD5 ハッシュを計算して 128 ビットの数値を取得し、その数値を Base64 でエンコードすることで取得されます。
  • CRC64 値は、Standard ECMA-182 に基づいて計算されます。
  • Content-MD5 の詳細は、『RFC 1864』をご参照ください。

  • ローカルファイルの CRC64 値を計算する
    ./ossutil hash test.txt --type=crc64
    CRC64-ECMA                  : 295992936743767023
  • ローカルファイルの MD5 値を計算する
    ./ossutil hash test.txt --type=md5
     MD5                         : 01C3C45C03B2AF225EFAD9F911A33D73
     Content-MD5                 : AcPEXAOyryJe+tn5EaM9cw==

一般的なオプション

次の表に、hash コマンドに追加できるオプションを示します。
オプション 説明
--type 計算に使用されるアルゴリズムを指定します。 有効値:crc64 と md5。 デフォルト値:crc64。
--loglevel ログレベルを指定します。 デフォルト値は null で、ログファイルが生成されないことを示します。 有効値:
  • info:プロンプトログを生成します。
  • debug:対応する HTTP リクエストとレスポンス情報を含む詳細なログを生成します。
一般的なオプションの詳細は、「サポートされているすべてのオプションの表示」をご参照ください。