この操作では、アプリケーショングループ内のリソースインスタンスを削除します。

デバッグ

API Explorer を使用してデバッグを実行できます。 API Explorer を使用することで、さまざまな操作を実行して API の使用を簡素化できます。 たとえば、API の呼び出し、SDK サンプルコードの動的な生成、API の取得をすることができます。

リクエストパラメーター

パラメーター データ型 必須/省略可能 説明
Action String 必須 DeleteMonitorGroupInstances

実行する操作。 値を DeleteMonitorGroupInstances に設定します。

Category String 必須 ecs

サービス名の省略形。 有効値 :

  • ECS (including Alibaba Cloud and non-Alibaba Cloud hosts)
  • RDS (ApsaraDB for RDS)
  • ADS (AnalyticDB)
  • SLB (Server Load Balancer)
  • VPC (Virtual Private Cloud)
  • APIGATEWAY (API Gateway)
  • CDN
  • CS (Container Service for Swarm)
  • DCDN (Dynamic Route for CDN)
  • DDOS (distributed denial of service)
  • EIP (Elastic IP)
  • ELASTICSEARCH (Elasticsearch)
  • EMR (E-MapReduce)
  • ESS (Auto Scaling)
  • HBASE (ApsaraDB for HBase)
  • IOT_EDGE (IoT Edge)
  • K8S_POD (k8s pod)
  • KVSTORE_SHARDING (ApsaraDB RDS for Redis cluster version)
  • KVSTORE_SPLITRW (ApsaraDB RDS for Redis read/write splitting version)
  • KVSTORE_STANDARD (ApsaraDB RDS for Redis standard version)
  • MEMCACHE (ApsaraDB RDS for Memcache)
  • MNS (Message Service)
  • MONGODB (ApsaraDB RDS for MongoDB replica set instances)
  • MONGODB_CLUSTER (ApsaraDB RDS for MongoDB cluster version)
  • MONGODB_SHARDING (ApsaraDB RDS for MongoDB sharded clusters)
  • MQ_TOPIC (Message Service topic)
  • OCS (old version ApsaraDB RDS for Memcache)
  • OPENSEARCH (Open Search)
  • OSS (Object Storage Service)
  • POLARDB (ApsaraDB for POLARDB)
  • PETADATA (HybridDB for MySQL)
  • SCDN (Secure Content Delivery Network)
  • SHAREBANDWIDTHPACKAGES (shared bandwidth package)
  • SLS (Log Service)
  • VPN (VPN Gateway)
GroupId Long 必須 123456

アプリケーショングループの ID 。

InstanceIdList String 必須 i-a2d5q7pm3f912****,i-a2d5q7pm3f222****

削除するインスタンスをカンマ (,) で区切ります。 一度に最大 20 のインスタンスを削除できます。

レスポンスパラメーター

パラメーター データ型 説明
Code Integer 200

ステータスコード。 値が 200 の場合、呼び出しが成功したことを示します。

Message String success

エラーメッセージ。

RequestId String 5351B0F2-26A9-4BC9-87FF-1B74034D12C3

トラブルシューティングのリクエスト ID。

Success Boolean true

呼び出しが成功したかを示します。 値が true の場合、呼び出しが成功したことを示します。 値が false の場合、呼び出しが失敗したことを示します。

リクエスト例


http(s)://[Endpoint]/? Action=DeleteMonitorGroupInstances
&Category=ecs
&GroupId=12345
&InstanceIdList=i-a2d5q7pm3f912****,i-a2d5q7pm3f222****
&<Common request parameters>

通常のレスポンス例

XML形式

<DeleteMonitorGroupInstancesResponse>
  <RequestId>C5C6924C-237E-40B2-9510-41BF8F671102</RequestId>
  <Success>true</Success> 
  <Code>200</Code>
</DeleteMonitorGroupInstancesResponse>

JSON 形式

{
	"RequestId":"C5C6924C-237E-40B2-9510-41BF8F671102",
	"Success":true,
	"Code": "200"
}

エラーコード

エラーコードを表示