この操作では、アラートテンプレートを変更します。

デバッグ

API Explorer を使用してデバッグを実行できます。 API Explorerを使用すると、API の使用を簡素化するためにさまざまな操作を実行できます。 たとえば、API の呼び出し、SDK サンプル コードの動的な生成、API の取得をすることができます。

リクエストパラメーター

パラメーター データ型 必須/省略可能 説明
TemplateId Long 必須 12346

アラートテンプレートの ID 。

Action String 省略可能 ModifyMetricRuleTemplate

実行する操作。 値を ModifyMetricRuleTemplate に設定します。

Name String 省略可能 My alert template

アラートテンプレートの名前。

Description String 省略可能 Alert template description

アラートテンプレートの説明。

RestVersion Long 省略可能 0

アラートテンプレートのバージョン。 アラートテンプレートに関する情報を取得するには、DescribeMetricRuleTemplateList または DescribeMetricRuleTemplateAttributeAttribute を呼び出します。 バージョンと ID の組み合わせでアラート テンプレートを一意に識別します。

AlertTemplates.N.MetricName String 省略可能 cpu_total

メトリックの名前。

AlertTemplates.N.RuleName String 省略可能 My alert rule

アラートルールの名前。

AlertTemplates.N.Category String 省略可能 ecs

サービス名の省略形 (ecs など) 。

AlertTemplates.N.Namespace String 省略可能 acs_ecs_dashboard

サービスの名前空間。

AlertTemplates.N.Period Integer 省略可能 60

統計期間。 このパラメーターの使用は推奨していません。

AlertTemplates.N.Selector String 省略可能 {"disk":"/"}

拡張フィールド。 たとえば、値が {"disk":"":""} の場合は、テンプレートがグループ内のすべてのインスタンスのルートパーティションに適用されたことを示します。

AlertTemplates.N.Escalations.Critical.Statistics String 省略可能 Average

critical レベルのアラートのしきい値の統計方法。

AlertTemplates.N.Escalations.Critical.ComparisonOperator String 省略可能 GreaterThanOrEqualToThreshold

critical レベルのアラートのしきい値の比較演算子。 有効値 :

  • GreaterThanOrEqualToThreshold
  • GreaterThanThreshold
  • LessThanOrEqualToThreshold
  • LessThanThreshold
  • NotEqualToThreshold
  • GreaterThanYesterday
  • LessThanYesterday
  • GreaterThanLastWeek
  • LessThanLastWeek
  • GreaterThanLastPeriod
  • LessThanLastPeriod
AlertTemplates.N.Escalations.Critical.Threshold String 省略可能 90

critical レベルのアラートのしきい値。

AlertTemplates.N.Escalations.Critical.Times Integer 省略可能 3

アラートがトリガーされる前に、メトリック値が連続して critical レベルのアラートのしきい値を超えた回数。

AlertTemplates.N.Escalations.Warn.Statistics String 省略可能 Average

warn レベルのアラートのしきい値の統計方法。

AlertTemplates.N.Escalations.Warn.ComparisonOperator String 省略可能 GreaterThanOrEqualToThreshold

warn レベルのアラートのしきい値の比較演算子。 有効値 :

  • GreaterThanOrEqualToThreshold
  • GreaterThanThreshold
  • LessThanOrEqualToThreshold
  • LessThanThreshold
  • NotEqualToThreshold
  • GreaterThanYesterday
  • LessThanYesterday
  • GreaterThanLastWeek
  • LessThanLastWeek
  • GreaterThanLastPeriod
  • LessThanLastPeriod
AlertTemplates.N.Escalations.Warn.Threshold String 省略可能 90

warn レベルのアラートのしきい値。

AlertTemplates.N.Escalations.Warn.Times Integer 省略可能 3

アラートがトリガーされる前に、メトリック値が連続して warn レベルのアラートのしきい値を超えた回数。

AlertTemplates.N.Escalations.Info.Statistics String 省略可能 Average

info レベルのアラートのしきい値の統計方法。

AlertTemplates.N.Escalations.Info.ComparisonOperator String 省略可能 GreaterThanOrEqualToThreshold

info レベルのアラートのしきい値の比較演算子。 有効値 :

  • GreaterThanOrEqualToThreshold
  • GreaterThanThreshold
  • LessThanOrEqualToThreshold
  • LessThanThreshold
  • NotEqualToThreshold
  • GreaterThanYesterday
  • LessThanYesterday
  • GreaterThanLastWeek
  • LessThanLastWeek
  • GreaterThanLastPeriod
  • LessThanLastPeriod
AlertTemplates.N.Escalations.Info.Threshold String 省略可能 90

ciritical レベルのアラートのしきい値。

AlertTemplates.N.Escalations.Info.Times Integer 省略可能 3

アラートがトリガーされる前に、メトリック値が連続して info レベルのアラートのしきい値を超えた回数。

レスポンスパラメーター

パラメーター データ型 説明
Code Integer 200

ステータスコード。 値が 200 の場合、呼び出しが成功したことを示します。

Message String success

エラーメッセージ。

RequestId String 9E07117F-F6AE-4F1C-81E8-36FBB4892235

トラブルシューティングのリクエスト ID。

Success Boolean true

呼び出しが成功したかを示します。 値が true の場合、呼び出しが成功したことを示します。 値が false の場合は、呼び出しが失敗したことを示します。

リクエスト例


http(s)://[Endpoint]/? Action=ModifyMetricRuleTemplate
&Name=My alert template
&TemplateId=12346
&<Common request parameters>

通常のレスポンス例

XML形式

<ModifyMetricRuleTemplateResponse>
  <Code>200</Code>
  <Template>123</Template>
  <RequestId>9E07117F-F6AE-4F1C-81E8-36FBB4892235</RequestId>
  <Success>true</Success> 
</ModifyMetricRuleTemplateResponse>

JSON 形式

{
	"Message":"success",
	"RequestId":"9E07117F-F6AE-4F1C-81E8-36FBB4892235",
	"Success":true,
	"Code": "200"
}

エラーコード

エラー コードを表示