この操作では、ワンクリックアラートを無効化します。

デバッグ

API Explorer を使用してデバッグを実行できます。 API Explorer を使用することで、さまざまな操作を実行して API の使用を簡素化できます。 たとえば、API の取得、API の呼び出し、SDK サンプルコードの動的生成を行うことができます。

リクエストパラメーター

パラメーター データ型 必須/省略可能 説明
Action String 必須 DisableActiveMetricRule

実行する操作。 値を DisableActiveMetricRule に設定します。

Product String 必須 ecs

ワンクリックアラートに対応しているサービスの名前。 有効値 :

  • ecs (Elastic Compute Service)
  • rds (ApsaraDB for RDS)
  • slb (Server Load Balancer)
  • redis_standard (ApsaraDB RDS for Redis standard version)
  • redis_sharding (ApsaraDB RDS for Redis cluster version)
  • redis_splitrw (ApsaraDB RDS for Redis read/write splitting version)
  • mongodb (ApsaraDB RDS for MongoDB replica set instances)
  • mongodb_sharding (ApsaraDB RDS for MongoDB sharded clusters)
  • hbase (ApsaraDB for HBase)
  • elasticsearch (Elasticsearch)
  • opensearch (Open Search)

レスポンスパラメーター

パラメーター データ型 説明
Code String 200

ステータスコード。 値が 200 の場合、呼び出しが成功したことを示します。

Message String success

エラーメッセージ。

RequestId String F82E6667-7811-4BA0-842F-5B2DC42BBAAD

トラブルシューティングのリクエスト ID。

Success Boolean true

呼び出しが成功したかを示します。 値が true の場合、呼び出しが成功したことを示します。 値が false の場合、呼び出しが失敗したことを示します。

リクエスト例


http(s)://[Endpoint]/? Action=DisableActiveMetricRule
&Product=ecs
&<Common request parameters>

通常のレスポンス例

XML形式

<DisableActiveMetricRuleResponse>
  <Code>200</Code>
  <Success>true</Success> 
  <Message>successful</Message>
  <RequestId>55850888-9CCE-4FD5-B949-5F8947D63929</RequestId>
</DisableActiveMetricRuleResponse>

JSON 形式

{
	"Message":"success",
	"RequestId":"55850888-9CCE-4FD5-B949-5F8947D63929",
	"Success":true,
	"Code":"200"
}

エラーコード

エラーコードを表示