OSS にアクセスすると、多数のアクセスログが生成されます。 バケットのログ機能を有効にすると、OSSは定義済みの命名規則に従って 1 時間毎に自動的にオブジェクトを生成し、アクセスログが保存されます。 そのオブジェクトは指定された対象のバケットに格納されます。

OSS ログストレージの有効化

  1. OSS コンソールにログインします。
  2. 左側のバケットリストで、ログ記録機能を設定するバケットの名前をクリックすると、バケットの[概要]ページに移動できます。
  3. 基本設定タブをクリックして、ログ領域をみつけます。[設定]をクリックし、[ログストレージ場所][ログ接頭辞] を設定します。
    • ログストレージ場所: ドロップダウンリストで、ログを保存するために使用されるバケットの名前を選択します。 自分が所有しているバケットと同じリージョンにあるバケットのみを選択できます。
    • ログ接頭辞: ログが保存されているディレクトリとログの接頭辞を入力します。 ログは指定されたディレクトリに保存されます。
  4. [保存] をクリックします。

ログの命名規則

次の例は、アクセスログを格納するオブジェクトの命名規則を説明するためのものです。

<TargetPrefix> <SourceBucket> YYYY-MM-DD-HH-MM-SS- <UniqueString>
  • <TargetPrefix> :指定されたログ接頭辞を表します。
  • <SourceBucket> :ソースバケットの名前を表します。
  • YYYY-MM-DD-HH-MM-SS:ログが作成された時刻を示します。 YYYY は年、MM は月、DD は日、HH は時間、MM は分、SS は秒を示します。
  • <UniqueString>:OSS によって生成された文字列を示します。

たとえば、OSS アクセスログを格納するために使用されるオブジェクトの名前は次のとおりです。

MyLog-OSS-example2015-09-10-04-00-00-0000
  • MyLog は、指定されたログ接頭辞です。
  • oss-example は、ソースバケットの名前です。
  • 2015-09-10-04-00-00 は、ログが作成された時刻を表します。
  • 0000 は、OSS によって生成された文字列です。