サブスクリプション課金方法では、支払った分のリソースのみ使用できます。

適用できるリソース

現在、サブスクリプション課金方法は以下の ECS インスタンスに利用できます。

  • CPU 設定とメモリ容量を含む ECS インスタンス
  • イメージ
  • システムディスクとデータディスク、または、システムディスクまたはデータディスク

サブスクリプション課金方法の ECS インスタンスを作成する場合、[インスタンス作成] ページの右下に表示される [インスタンスコスト] が、上記の 3 つのリソースの合計料金です。

支払い方法

サブスクリプションモードのリソースの支払いは、以下の方法で行えます。

  • ご利用の Alibaba Cloud アカウントにバインドされているクレジットカード。 ご利用のアカウントへのクレジットカードのバインド方法は、 「アカウント管理」「アカウント設定」をご参照ください。

  • サブスクリプション製品用クーポン。

    ECS コンソールにログインし、[課金管理] > [クーポン管理] をクリックし、お持ちのクーポンの [適用シナリオ] を表示し、サブスクリプションプロダクトへ適用できるか確認します。

課金期間

サブスクリプションモードのリソースは毎月課金されます。 課金期間は UTC+8 時間帯を基にしています。 課金期間は、リソースが有効化された時刻から始まり、1 か月後または 1 年後の 2 日目の 00:00:00 に終了します。

たとえば、2017 年 3 月 12 日 13:23:56 に月払いサブスクリプションモードで ECS インスタンスを有効化すると、インスタンスの最初の課金サイクルは 2017 年 4 月 13 日 00:00:00 に終了します。

料金単位はリソースによって異なります。 さまざまなリソースの料金単位は、以下の表のようになります。

リソース 料金単位
ECS インスタンス 円 / 月
イメージ 円 / 月
システムディスク 円 / 40 GB / 月
データディスク 円 / GB / 月

課金期間の終了後にリソースの使用を継続するには、課金期間の終了時にお使いの ECS インスタンスを更新します。 更新手順について詳しくは、「更新マニュアル」または「自動更新」をご参照ください。

有効期限切れ後のステータス変更

有効期限後のサブスクリプションインスタンスのステータスは、自動更新機能が有効化されているかどうかに応じて変わります。

  • 自動更新が無効の場合

    自動更新が無効の場合、サブスクリプションインスタンスは課金期間の終了時に更新されません。インスタンスは、有効期限日から次の日の 00:00:00 の 24 時間以内にサービスが停止されます。 関連するリソースのステータス変更は以下の表のようになります。

    期間 ECS インスタンスおよびイメージ システムディスク データディスク インターネット IP アドレス スナップショット
    有効期限日 サービスの停止* 、イメージが無効になります。 サービスの停止、データは保持されます。 サービスの停止、クラウドディスク、ローカルディスクまたは共有ブロックストレージに保存されたデータは保持されます。

    クラシックネットワークタイプのインスタンス: インターネット IP アドレスが割り当てらている場合、インターネット IP アドレスは保持されます。

    VPC に接続された ECS インスタンス: インターネット IP アドレスが割り当てらている場合、インターネット IP アドレスは保持されます。 EIP アドレスがバインドされている場合、EIP アドレスは保持されます。

    保持されます。
    有効期限切れ 15 日後 自動的にリリースされます。 インスタンスとともにリリースされ、データは復旧できません。

    デフォルトでは、クラウドディスクは、インスタンスとともにリリースされ、クラウドディスク上のデータは復旧できません。 クラウドディスクをインスタンスとともにリリースしないように設定した場合、ディスクは動作を停止します。

    ローカルディスクはインスタンスとともにリリースされ、データは復旧できません。

    共有ブロックストレージは自動的にインスタンスからアタッチを解除されます。

    クラシックネットワークタイプのインスタンス: インターネット IP アドレスが割り当てらている場合、インターネット IP アドレスはリリースされます。

    VPC に接続された ECS インスタンス: インターネット IP アドレスが割り当てらている場合、インターネット IP アドレスは保持されます。 EIP アドレスがバインドされている場合、EIP アドレスはインスタンスからバインド解除されます。

    自動スナップショットは自動的に削除され、手動で作成されたスナップショットは保持されます。 手動スナップショットは影響を受けません。

    * インスタンスがサービス停止の場合、そのインスタンスに接続できません。インスタンスにデプロイされている Web サイトにアクセスできず、お使いの業務操作が影響を受けることがあります。

    有効期限後に、自動更新機能を有効化することはできません。
  • 自動更新が有効の場合

    インスタンスの自動更新が有効でも、指定した期間に更新が失敗した場合、関連するリソースのステータス変更は以下の表のようになります。

    期間 ECS インスタンスとイメージ システムディスク データディスク インターネット IP アドレス スナップショット
    有効期限切れの 15 日以内 正常に実行されます*。 正常に実行されます。 正常に実行されます。 保持されます。 保持されます。
    有効期限切れの 15 日後 有効期限切れ後 15 日目の 00:00:00 から次の日の 00:00:00 までの24 時間内の任意の時点で、インスタンスはサービス** が停止されます。 サービスの停止、データは保持されます。 サービスの停止、データは保持されます。

    クラシックネットワークタイプのインスタンス: インターネット IP アドレスが割り当てらている場合、インターネット IP アドレスはリリースされます。

    VPC に接続された ECS インスタンス: インターネット IP アドレスが割り当てらている場合、インターネット IP アドレスは保持されます。 EIP アドレスがバインドされている場合、EIP アドレスは保持されます。

    保持されます。
    有効期限切れの 30 日後 自動的にリリースされます。 インスタンスとともにリリースされ、データは復旧できません。

    デフォルトでは、クラウドディスクは、インスタンスとともにリリースされます。 インスタンスとともにリリースしないように設定している場合、ディスクは動作を停止します。

    ローカルディスクはインスタンスとともにリリースされます。

    共有ブロックストレージは自動的にデタッチされます。

    クラシックネットワークタイプのインスタンス: インターネット IP アドレスが割り当てらている場合、インターネット IP アドレスはリリースされます。

    VPC に接続された ECS インスタンス: インターネット IP アドレスが割り当てらている場合、インターネット IP アドレスは保持されます。 EIP アドレスがバインドされている場合、EIP アドレスはインスタンスからバインド解除されます。

    自動スナップショットは自動的に削除され、手動で作成されたスナップショットは保持されます。

    * 正常に実行されるとは、インスタンスを適切に開始および停止でき、コンソールの管理ターミナル、または他のリモート接続方法を使用し、インスタンスに接続できることを意味します。

    ** インスタンスがサービス停止の場合、そのインスタンスに接続できません。インスタンスにデプロイされている Web サイトにアクセスできず、お使いの業務操作が影響を受けることがあります。