本ドキュメントでは、Log Service でダッシュボードスナップショットをサブスクリプション方式で購入する方法を説明します。 具体的には、ダッシュボードのスナップショットに関する通知を特定の E メールアドレスに送信したり、DingTalk チャットボットメッセージとして送信したりするようにシステムを設定できます。

制約

  • ダッシュボードごとに最大 1 つのサブスクリプションを作成できます。
  • 毎日、Log Service は各アカウントにつき最大 50 通の E メールを送信できます。
  • Cron 式で指定された間隔は少なくとも 1 分である必要があります。 ただし、Cron 式を使用する場合は、1 時間以上の間隔を設定することを推奨します。
  • Log Service プロジェクトに対して作成できるサブスクリプションとアラート通知の最大数は 100 です。 これらのクォータの一方または両方を増やす必要がある場合は、チケットを起票し、サポートセンターへお問い合わせください。
  • 表のデータがページングされて表示されている場合、ダッシュボードを購入すると、表の最初のページのデータのスクリーンショットのみ送信することができます。
  • 表示モードでの時間選択は、ユーザーが異なる期間のチャートデータを動的に確認する際に使用するものです。
  • ダッシュボードチャートのデフォルトの時間は、編集モードに進み、チャートの編集ボタンをクリックすることで変更できます。
  • 購入するダッシュボードのデータクエリ時間は、ダッシュボード内のチャートのクエリ時間です。

サブスクリプションの作成

  1. Log on to the Log Service console, and then click the target project name.
  2. 左側のナビゲーションウィンドウで、ダッシュボードをクリックします。
  3. 対象のダッシュボードをクリックします。
  4. ページ内の サブスクライブをクリックします。
  5. サブスクリプションを設定し、次へをクリックします。
    設定項目 説明 例:
    サブスクリプション名 サブスクリプション名は 1 ~ 64 文字の長さである必要があります。 ダッシュボードサブスクリプション
    頻度 ダッシュボードのスナップショット通知の送信頻度。
    有効値:
    • 1 時間ごと
    • 毎日
    • 毎週
    • 固定間隔(日)
    • Cron
    Cron の最小間隔は 1 分です。 ただし、1 時間以上の間隔を設定することを推奨します。
    * 0/1 * * * Cron 式は、ダッシュボードのスナップショット通知が 00:00 から 1 時間間隔で送信されることを示します。
    ウォーターマークの追加 ダッシュボードのスナップショットにウォーターマークを追加します。 ウォーターマークの内容は、 E メールアドレスまたは DingTalk チャットボットの WebHook アドレスの access_token です。 -


  6. 通知を設定します。
    ダッシュボードのスナップショット通知は、特定の E メールアドレスへの送信と、DingTalk チャットボットメッセージとしての送信を設定できます。
    • E メール

      受信者ボックスで、メールアドレスを入力し、 件名を設定します。 メールの件名を設定しない場合、 Log Service Report と設定されます。



    • DingTalk チャットボット

      リクエスト URLボックスで、DingTalk チャットボットアドレスを入力します。 詳細は、DingTalk ロボットの設定 をご参照ください。



サブスクリプションの変更とキャンセル

必要に応じて、ページ内のサブスクライブ > 変更、またはサブスクライブ > キャンセルを選択します。

サブスクリプションをキャンセルすると、ダッシュボードスナップショット通知の送信が直ちに停止されます。