本ドキュメントでは、Log Service でダッシュボードのディスプレイパラメータを設定する方法について説明します。 ダッシュボードではデフォルトでディスプレイモードがオンになっています。

対象のダッシュボードを開くには、次の 2 つの操作のいずれかを実行します。
  • ログストアページの左側のナビゲーションペインで、ダッシュボードをクリックしてから、対象ダッシュボードの名前をクリックします。
  • 検索と分析ページ、保存済みの検索ページ、または Log Service コンソール内の他のページの左側にある折りたたみナビゲーションペインで、カーソルをペインの上に移動して項目を表示し、対象のダッシュボード名をクリックします。

利用可能な設定

  • ダッシュボードのディスプレイの設定

    ダッシュボードのディスプレイモードが選択されている場合、ダッシュボードの右上隅(左から右)に次の使用可能な機能ボタンがあります:選択してください編集サブスクライブアラート更新共有全画面表示タイトル設定、及びデフォルト時間をリセット

  • チャートのディスプレイの設定
    ダッシュボードでディスプレイモードが選択されている場合、チャートの右上隅にある折りたたみ機能リストには、チャート分析結果に関連するパラメータを設定するための機能があります。
    異なるチャートには異なる機能リストがあります。

ダッシュボードのクエリ時間範囲の設定

ダッシュボード内のすべてのチャートは、そのダッシュボードに設定されているクエリ時間範囲を使用します。 単一チャート専用のクエリ時間範囲を設定するには、チャートのクエリ時間範囲の設定 をご参照ください。
ダッシュボードのカスタムクエリ時間範囲は一時的な設定で、システムには保存されません。 つまり、ダッシュボードを開きなおしてチャートを表示すると、デフォルトのクエリ時間範囲のクエリと分析結果が表示されます。
  1. 選択してください をクリックします。
  2. 時間範囲を選択します。
    ダッシュボードで利用可能なクエリ時間範囲のタイプは次のとおりです。
    • 相対:1 分、5 分、15 分、または現在の時点から始まるその他の時間長の正確な時間範囲(秒までの正確さ)でログをクエリすることができます。 たとえば、現在の時刻が 19:20:31 で、このパラメータを 1 時間に設定した場合、18:30:31 から 19:20:31 までのチャートが生成されます。
    • タイムフレーム:1 分、5 分、15 分、または現在の時点から始まるその他の期間で、ログを全時間範囲でクエリすることができます。 たとえば、現在の時刻が 19:20:31 で、このパラメータを 1 時間に設定した場合、18:00:00 から 19:00:00 までのチャートが生成されます。
    • カスタム:カスタマイズされた時間範囲でログをクエリすることができます。
  3. カーソルを 選択してください に移動して、設定した時間範囲が有効になっていることを確認します。


編集モードへの切り替え

編集モードに入るには、編集をクリックします。 詳細は、ダッシュボードの編集 をご参照ください。

アラート通知の設定

アラート通知を作成または変更するには、右上隅のアラート > 作成を選択するか、アラート > 変更を選択します。 アラートは少なくとも 1 つのチャートに関連付ける必要があります。

詳細は、アラートの設定 をご参照ください。

ページの更新頻度の設定

ダッシュボードを手動で更新することも、ダッシュボードが自動的に更新される間隔を設定することもできます。
  • ダッシュボードを手動で更新するには、 更新 > 1 回のみを選択します。
  • 指定した時間間隔でダッシュボードが自動的に更新されるように設定するには、更新 > 自動更新を選択します。 次に間隔を選択します。

    ダッシュボードは、15 秒間隔、60 秒間隔、5 分間隔、または 15 分間隔で自動的に更新されます。

ページがアクティブになっていない場合は、自動更新が機能されない可能性があります。


ダッシュボードの共有

ダッシュボードを他のユーザーと共有するには、共有をクリックすることでダッシュボードのリンクをコピーし、ダッシュボードを表示する権限を持つユーザーに送信します。 現行ダッシュボードの設定は、共有ダッシュボードページに保存されます(クエリの時間範囲やチャートタイトルの表示スタイルなど)。

ダッシュボードを共有する前に、ダッシュボードを表示する権限を対象のユーザーに付与する必要があります。

ダッシュボードの全画面表示

全画面表示 をクリックします。 データの展示やプレゼンテーション場合は、この操作を実行することをお勧めします。

チャートのタイトル形式の設定

タイトル設定をクリックし、次のいずれかの形式を選択します:
  • タイトルと時間の並び表示
  • タイトルと時間のスクロール表示
  • タイトルと時間の交代表示
  • タイトルのみ
  • 時間のみ

デフォルト時間をリセット

ダッシュボード内のすべてのチャートのデフォルトのクエリ時間範囲を復元するには、デフォルト時間をリセットをクリックします。

チャート表示方法の選択

  • チャートの分析詳細の表示

    チャートの分析の詳細(チャートに関連付けられているクエリステートメントやチャートのプロパティなど)を表示するには、チャートの右上隅にあるオプション > 分析詳細の表示をクリックします。

  • チャートの時間範囲の設定

    チャートのクエリ時間範囲を設定するには、チャートの右上隅にあるオプション > 時間範囲の選択を選択します。 設定は現行チャートにのみ有効です。

  • チャートのアラート通知の設定

    チャートのアラート通知を設定するには、チャートの右上隅にある オプション > アラートの作成を選択します。 詳細は、アラートの設定 をご参照ください。

  • ログのダウンロード

    ログをダウンロードするには、チャートの右上隅にあるオプション > ログのダウンロード を選択します。 生のログ分析結果は、csv ファイルとしてダウンロードされます。

  • チャートのダウンロード

    チャートをダウンロードするには、チャートの右上隅にあるオプション > チャートのダウンロードを選択します。 チャートは、psd ファイルとしてダウンロードされます。

  • チャートにドリルダウン分析が設定されているかどうかの確認

    チャートにドリルダウン分析が設定されているかどうかを確認するには、チャートの右上隅にあるオプションボタンにカーソルを移動し、折りたたみリストの下部にあるアイコンの色を確認します。 アイコンは赤色の場合、チャートにドリルダウン分析が設定されていることを示します。 アイコンは灰色の場合、チャートにドリルダウン分析が設定されていないことを示します。