仮想化とは?

仮想化について話すとき、クラウドコンピューティングでは仮想化がクラウドコンピューティングのバックグラウンドにある主要な概念の 1 つであるため、まず仮想化とは何かを理解する必要があります。

仮想化とは?

クラウドコンピューティングにおいて仮想化はハードウェア仮想化のことで、オペレーティングシステム(OS)内に仮想マシンを作成することを意味します。

なぜ仮想化するのか?

通常、OSを実行するときは、それぞれの OS を専用の物理サーバー上で実行する必要があります。1 つのオペレーティングシステムにつき 1 つの物理サーバーが必要なため、複数のオペレーティングシステムを同時に実行する必要がある場合は複数のサーバーが必要です。これは、複数のオペレーティングシステムを実行するためには費用がかかるということを意味します。多くの物理サーバーを購入する必要があるだけでなく、これらのサーバーの運用と保守にも多くのコストや労力がかかります。

physical machines

仮想化 - より良い選択肢 -
仮想化は、基盤となるハードウェアとオペレーティングシステムを分離することができます。WindowsやLinuxといった複数のオペレーティングシステムであっても、同一の物理マシン上で動作します。これらのオペレーティングシステムはゲストOSと呼ばれます。仮想化環境ではコストと時間の節約が可能です。

virtual machines

仮想化の利点

  • 柔軟性: 同一のハードウェア上で複数のオペレーティングシステムを同時に実行できます。
  • 迅速性: ファイルや画像を別の物理サーバーに移動するのと同様の操作でオペレーティングシステムを別の物理サーバに移動することができます。
  • 耐障害性: 物理サーバーに障害が発生した場合は、管理ソフトウェアによってインスタンスは使用可能なサーバーに自動的にすばやく移行されるため、障害の発生を意識させることなく稼働し続けます。
  • コスト効果: 必要な物理サーバーを減らすことができるため、電力料金、運用、および保守にかかる費用を削減できます。

仮想化の仕組みとは?

物理的なサーバーはもちろん必要ですが、仮想化ではサーバーに直接オペレーティングシステムをインストールする代わりに、ハイパーバイザー をインストールします。ハイパーバイザーにより、1 つの物理システムを複数の個別の分離された仮想マシンと呼ばれる仮想環境に分割できます。