プライベートクラウドとは?

プライベートクラウドはパブリッククラウドと違い、それぞれの組織が専用のクラウド環境を持つクラウドコンピューティングのモデルです。プライベートクラウドは、その組織のファイアウォールの内側にある社内の IT 部門によって内部的に運用することができるため、組織はコンピューティングリソースをより細かくコントロールできます。プライベートクラウドは主に企業で使用されるため、 エンタープライズクラウドに分類されます。

プライベートクラウドの利点とは?

プライベートクラウドは、組織のイントラネット上、もしくはすべてのデータがネットワーク的にファイアウォールの内側で保護されているクラウドプロバイダのデータセンターの環境内にあります。プライベートクラウドは最高レベルのセキュリティを備えたクラウドソリューションですが、コスト面では、どのビジネスにおいても安価であるとは限りません。

プライベートクラウドはオンプレミスか?

プライベートクラウドを社内でホストする場合、オンプレミスのプライベートクラウドは、インターナルプライベートクラウドとも呼ばれます。この環境では、クラウドサーバーをより柔軟かつ完全に制御できます。しかし、サーバーを始めとした関連ハードウェアのプロビジョニングや保守、ソフトウェアライセンスの支払いのためのコスト負担が大きくなります。

パブリッククラウド上でプロバイダーはプライベートクラウドを提供できるか?

パブリッククラウド上では仮想化により、プライベートクラウドを使わずに高度なセキュリティを実現することができます。プロビジョニングするそれぞれのクラウドサーバーは仮想マシンであり、それらのメモリとプロセスは他のパブリッククラウドユーザーからは分離されています。 同様に、システムやデータディスク上のデータも、他のユーザーのデータから論理的に分離されているため、異なるユーザーが互いのデータにアクセスすることはできません。 また、VPC(Virtual Private Cloud)ネットワークによって、他のユーザからアクセスできない独立したネットワークグループにサーバーをグループ化することもできます。さらに、インターネットにアクセスできない VPC グループを設定することもできます。これによって、非常に安全なプライベート環境を確保することができます(このような VPC グループには、VPN または専用回線を介してアクセスします)。
Alibaba Cloud の VPC(Virtual Private Cloud)の詳細はこちらをご参照ください。

関連情報