クラウドコンピューティングとは?

クラウドコンピューティングは、インターネットを介してオンデマンドでコンピューティングリソース(サーバー、データベース、ストレージ、プラットフォーム、インフラストラクチャ、アプリケーションなどを含む)を提供します。また、クラウドコンピューティングは、必要になった分だけ支払う従量課金で利用できます。
クラウドに移行する理由は何か? クラウドコンピューティングの利点は何か?

コスト削減

クラウドコンピューティングは、インターネット上で大量のデータを保管する際に高い費用対効果を発揮します。従来の IT インフラストラクチャでは、アプリケーション、ランタイム実行環境、セキュリティ、インテグレーション、データベース、サーバー、仮想化、ストレージ、ネットワーキングなどを管理する必要がありました。運用保守費を支払ってこれらを自社で管理する代わりに、クラウドコンピューティングでは IT インフラストラクチャの運用をクラウド事業者が担うため、お客様は自社のコアビジネスに集中できます。すべてをクラウドに移行することができれば、これらの効果は最大化されます。
クラウドコンピューティングにかかる費用は非常にシンプルです。電力料金の支払いと同様で、お客様が使った分だけに課金されます。 年額/月額のサブスクリプション 従量課金制 の 2 種類の課金方法があります。これらのクラウドコンピューティングの柔軟なコストモデルは、お客様の無駄な投資を抑制する効果があります。

データセキュリティ

クラウドコンピューティングにおけるデータセキュリティは、データがサーバー、PC、およびさまざまなモバイルデバイスなどの異なるマシンから格納されるため、従来型のデータセンターでの運用よりも複雑になります。しかし、クラウド環境では、コンピューティング、ストレージ、データベース、ネットワークなど、クラウド環境におけるあらゆるインフラストラクチャの保護を、クラウド事業者が支援することが可能になります。お客様が保護しなければならない領域は、クラウドへのアクセス資格、アプリケーション、基盤となるオペレーティングシステムです。

拡張性と速度

Web サイトやアプリケーションに、急遽コンピューティング能力の追加が必要になった場合に、ほぼ即時に迅速で簡単にスケールアップすることが可能です。たとえば、E コマースの Web サイトでは、ブラックフライデーの間に突然トラフィックがピークに達することがあります。しかし、ダウンタイムが機会損失となるため、E コマースサイトはシステム障害で顧客を失うことは許容できません。クラウドコンピューティングのスケーラビリティを活用することで、突然のトラフィックのピークに直面したとしても、追加のコンピューティングリソースを自動的に割り当て、Web サイトやアプリケーションを安定した応答性を保つことができます。万が一、アプリケーションが稼働している物理サーバーに障害が発生した場合でも、アプリケーションは自動的に他の正常に動作しているサーバーに移行されます。

弾力性

急激なトラフィックの増加があると、アプリケーションが大量の要求を処理しなければならないため、コンピューティングリソースの追加が必要になる場合があります。しかし、クラウドコンピューティングでは、迅速なスケールアップが可能で、物理的な機器を注文して構築するといった従来のプロセスは必要なくなります。トラフィックの需要が下がった後は、実際の需要に合わせてインフラストラクチャを縮小することができ、余分なリソースにお金を払う必要はありません。これはクラウドコンピューティングの主要な利点である弾力性です。必要な分だけを使い、その分だけ支払うことが可能になります。

無制限のストレージ容量

クラウドにデータを保存する場合、実質的に無制限のストレージ領域が利用できるようになるため、クラウド環境でストレージ容量の不足を心配する必要はなくなります。また、物理的なストレージ機器を自分で管理しているわけではないため、将来のニーズを見越した設備増強の必要もありません。クラウドストレージでは需要に合わせてシームレスにデータを増やすことができます。クラウドコンピューティングでは、必要に応じたデータへのアクセスと、必要に応じたストレージ容量の拡大、縮小が可能です。

バックアップとリカバリー

複数の地域にまたがってクラウドにデータを保存することで、冗長化と信頼性の向上を実現できます。ほとんどのクラウドサービス事業者は、データの高可用性を確保するために、ほぼリアルタイムでのデータ復旧をサポートしています。

数分でグローバル化

クラウドコンピューティングを利用すると、数クリックで、世界中の複数の地域にお客様のアプリケーションや Web サイトを展開することができます。これによって、各地域にインフラストラクチャを展開するコストを抑えながら、低遅延で優れたユーザーエクスペリエンスを顧客に提供することが可能になります。
クラウドコンピューティングの詳細は、以下のホワイトペーパーをご参照ください

関連情報