中規模アーキテクチャ

企業が追加機能を導入しながらプラットフォーム容量を増やすのを支援するアーキテクチャ

お問い合わせ

背景

E コマース市場で小規模から中規模に事業拡大をする場合には、プラットフォームの能力を強化し、ユーザーの機能を損なうことなく追加の機能を導入する必要があります。以下は、典型的な中規模企業 E コマースインフラストラクチャです。

ソリューションアーキテクチャ

  1. 効果的なサイバーセキュリティソリューションと不正防止サービスにより、悪意のあるオーダーの配置や詐欺から完全に保護されます。Anti-DDoS は、CDN と連動してセキュリティと高速化を実現します。SLB は、正常なインスタンス間でのトラフィックの分散と単一障害点の除去によって高並行性時のシステムの安定性を確保します。Auto Scaling は、変化するビジネスニーズを満たすために ECS インスタンスを動的に拡張し、プロモーション活動やその他のビジネスピークを効果的に処理します。また、VPC は分離されたネットワーク環境を構築するのに役立ちます。
  2. 分散型メッセージサービスは、高い信頼性と高並行性で大規模な E コマースを処理します。OSS は、必要に応じて柔軟に拡張できる大容量クラウドストレージサービスを提供します。画像処理、オーディオとビデオのトランスコーディング、その他のデータ処理機能により膨大な量の画像を処理します。
  3. また、このアーキテクチャは、コンテンツ配信用を加速するために CDN とシームレスに統合されます。レイテンシの問題に対処するために、ApsaraDB for Redis はオンラインキャッシュサービスを提供し、プロダクトとその他の一般的なデータに迅速に対応します。アクティブ/スタンバイ RDS アーキテクチャは、SPOF を防ぎます。

特長

  • 垂直スケーリング
  • 管理が容易
  • 最小限のレイテンシ
  • 高い安全性

主要なプロダクトとサービス