クラウドの方法論

クラウドの移行のニーズとダウンタイムへの耐性を評価します。

お問い合わせ

背景

ビジネスシステムがクラウドへの移行に適しているかどうかを判断するには、ビジネスのワークロードと位置付けに基づいて、まず予備的な評価を行う必要があります。これには、最大ダウンタイムへの耐性、現在または潜在的な障害リスク、移行するシステムとターゲットクラウドプラットフォームの互換性が含まれます。

ソリューションアーキテクチャ

  1. クラウドの移行は、システム評価 (キャパシティプランニング)、移行の設計、移行の実装、トラフィックの切り替え (カットオーバーステージ) の 4 つのステージに分けることができます。
  2. システム評価: このステージでは、アプリケーションのシステムアーキテクチャ、データベース情報、全体的なシステムの要求、基盤システムの構築、ビジネスソフトウェアの依存関係など、移行プロジェクト全体の調査が必要です。特に調査では、システムに従来または業界固有の機器とソフトウェアがあるかどうかに焦点を当てます。システム評価を通じて、クラウドで実行するシステムの互換性と、クラウドプラットフォームへの移行に関連する潜在的な課題を初めに評価できます。評価を分析する段階では、リスク評価も含める必要があります。
  3. 移行の設計: 前段の調査に基づいたクラウドプラットフォームの設計と組み合わせて、アプリケーションシステムは移行のための新しいシステムアーキテクチャと変換計画を生成します。これには、システムをクラウドに直接移行するのか、変換後に移行するのか、de-O 適応を実行するのか、分散 DRDS を実行するのかが含まれます。
  4. 移行の実装: クラウドプラットフォームと従来の IT 環境は異なるため、新しいシステムの稼働を開始する前に、完全な機能検証とパフォーマンステストをクラウドプラットフォームで実行する必要があります。
  5. トラフィックの切り替え: システムカットオーバーステージでは、システムトラフィックをターゲットクラウドプラットフォームに切り替える必要があります。移行実装プロセス中、システムカットオーバーではシステムトラフィックをクラウドプラットフォームに切り替える必要があるだけでなく、クラウドプロダクトリソースの準備、データベースの移行、アプリケーションの移行などの事前準備も含まれます。
  6. トラフィックがクラウドプラットフォームに正常に切り替えられた後、システムは正式に次の運用管理段階に入ります。
  7. 構築後に技術的な問題が発生した場合は、いつでもチケットを起票して Alibaba Cloud のプロフェッショナルカスタマーサポートチームに支援を求めることができます。

特長

  • 標準化された移行方法
  • データ損失のリスクの軽減

関連プロダクト

データ移行サービス

SQL、NoSQL、OLAP などのデータストレージ間での同種および異種データ移行。

詳細

Elastic Compute Service

クラウド上の信頼性、スケーラビリティ、オンデマンドのコンピューティング能力で、ビジネスのリアルタイムニーズに柔軟に対応できます。

詳細

Object Storage Service

1 秒あたり数百万のリクエストを処理できる使いやすいクラウドストレージ。

詳細

ApsaraDB for RDS

自動モニタリング、バックアップ、ディザスタリカバリ機能を備えたオンデマンドのクラウドデータベースサービス。

詳細