データベースの移行

データ移行サービス使用して安全かつ確実にデータを移行します。

お問い合わせ

背景

データ移行は、オブジェクト定義とデータの移行を実現するために Alibaba Cloud Data Transmission サービス (DTS) を介して管理されます。オブジェクト定義の移行は、テーブルやビューなどの構造オブジェクトの定義構文をターゲットデータベースに移行することを意味します。オブジェクト定義に加えて、DTS ではテーブルに格納されているデータがターゲットデータベースに移行されます。

利用イメージ

  1. ローカルデータベースから ApsaraDB または ECS にホストされている自社で構築したデータベースへの移行は、クラウドへの移行プロセスで最も重要なステップです。データベースの移行方法は、データベースエンジンの種類、データ量、読み書き頻度に応じて異なります。
  2. ほとんどのデータベースでは、クラウドの移行時に同様の手順が必要になります。これには、クラウドデータベースの初期化、ローカルデータベースのフルバックアップ、クラウドデータベースへの完全データインポート、完全または増分移行、データの検証と校正、アプリケーションプログラムとデータベースプログラムの変換が含まれます。実際の移行では、これらの手順の一部のみ必要な場合があります。
  3. ローカルデータベースをクラウドに移行する前に、クラウド上でターゲットデータベースを準備する必要があります。ApsaraDB for RDS、または ECS にホストされている自社で構築したデータベースを選択できます。
  4. 移行プロセス中のクラウドへのオフラインインポートまたはロールバック用に、ローカルデータベースを移行する前にソースデータベースのフルバックアップを完了することが重要です。移行中に DTS を使用して、完全または増分データ移行を実行できます。この製品は、移行後のデータ検証も自動化します。
  5. DTS には次の機能があります。
  6. ホットマイグレーション: 増分移行を実行できます。クラウドの移行中、ローカルサービスを続行できるため、データ移行中のアプリケーションのダウンタイムが最小限に抑えられます。システムをクラウド上で正常に実行できることが確認された後、システムを数分間中断し、ソースとターゲットのデータが完全に同期した後でビジネスを Alibaba Cloud に切り替えることもできます。
  7. 再開可能なデータ転送: DTS は、データ転送タスクの再開に対応しています。これにより、ネットワークが原因で移行タスクが中断した場合でもデータの再移行をする必要がなく、ネットワーク環境の移行成功率が実質的に向上します。
  8. データ整合性の検証: リアルタイム検証が完全および増分データに対して実装され、データの整合性を迅速かつ正確に認証できます。

特長

  • 自動化されたデータベース移行
  • 専用のデータベース移行サービス

関連プロダクト

データ移行サービス

SQL、NoSQL、OLAP などのデータストレージ間での同種および異種データ移行。

詳細

Elastic Compute Service

クラウド上の信頼性、スケーラビリティ、オンデマンドのコンピューティング能力で、ビジネスのリアルタイムニーズに柔軟に対応できます。

詳細

Object Storage Service

1 秒あたり数百万のリクエストを処理できる使いやすいクラウドストレージ。

詳細

ApsaraDB for RDS

自動モニタリング、バックアップ、ディザスタリカバリ機能を備えたオンデマンドのクラウドデータベースサービス。

詳細