キャパシティ評価

現在のビジネス状況を分析してクラウドインフラストラクチャの需要を予測します。

お問い合わせ

背景

キャパシティ評価には、現在の状況の分析と、ビジネスアプリケーションシステムのクラウドインフラストラクチャリソースの将来の使用状況と容量の予測が含まれます。キャパシティ評価はビジネス上の需要、サービスレベル、およびアプリケーションシステムのパフォーマンスを評価します。この 3 つの側面の関係モデルを確立して、企業がクラウドインフラストラクチャの入力コストを効果的に管理し、サービス出力能力を向上させるのを支援します。

ソリューションアーキテクチャ

  1. キャパシティ評価では、現在のシステムのパフォーマンス、負荷テスト、およびストレステストの評価が必要です。テストにより、ビジネスのパフォーマンスデータとパフォーマンスボトルネックを分析して、最適化の推奨事項を提案できます。これには、ユーザーリクエストからパブリックネットワーク、サーバー側 WEB サーバー、アプリケーション、サーバー、データベース、オペレーティングシステム、および最終的なストレージリクエストまでのアーキテクチャ全体の追跡が含まれます。
  2. 一般的なアプリケーションのパフォーマンスは、フロントエンドのパフォーマンス、アプリケーションサーバーのパフォーマンス、ミドルウェアのパフォーマンス、データベースのパフォーマンス、オペレーティングシステムのパフォーマンスの設計に分かれています。
  3. 推奨される主要パフォーマンス指標は次のとおりです。
    フロントエンド: リクエストのページサイズ、リクエスト数、レンダリングの開始とファーストバイト、全体的なロード時間
    ネットワーク: ネットワーク待ち時間、可用性、帯域幅
    アプリケーション: アプリケーションアーキテクチャとビジネスプロセス設計、ビジネスロジックの実装、SQL とリソース消費の効率
    JVM: JVM の使用量、GC 時間と頻度、メモリのオーバーフローとリーク
    ミドルウェア: データベースコネクションプール、スレッドプール、リクエストキュー、その他の動作状況
    データベース: データベーステーブル構造とインデックス設計、データベースインスタンスの運用状況、データベース遅延、低速 SQL、接続セッションの状態
    オペレーティングシステム: CPU、メモリ、ネットワーク I/O、ディスク I/O、実行中のカーネルパラメーター

特長

  • 専用のキャパシティ評価理論
  • システム停止のリスクを低減

    関連プロダクト

    データ移行サービス

    SQL、NoSQL、OLAP などのデータストレージ間での同種および異種データ移行。

    詳細

    Elastic Compute Service

    クラウド上の信頼性、スケーラビリティ、オンデマンドのコンピューティング能力で、ビジネスのリアルタイムニーズに柔軟に対応できます。

    詳細

    Object Storage Service

    1 秒あたり数百万のリクエストを処理できる使いやすいクラウドストレージ。

    詳細

    ApsaraDB for RDS

    自動モニタリング、バックアップ、ディザスタリカバリ機能を備えたオンデマンドのクラウドデータベースサービス。

    詳細