ログインまたはコンソールをアクセス

OK

Elastic GPU Service (EGS)

高性能な GPU ベースのコンピューティングサービス

今すぐ購入

概要

Elastic GPU Service (EGS) は、高性能な GPU ベースのコンピューティングサービスです。ビデオのデコーディング、グラフィックスのレンダリング、ディープラーニング、科学技術計算などの高い処理能力が必要な作業に適しています。高度な並行計算、および倍精度コンピューティングに特化しているため、より高速な計算が可能です。


利点

グラフィック処理

グラフィックエンジニアリング、ノンリニア編集、通信教育アプリケーション、および 3D プレゼンテーションに最適です。

ビデオ処理

大規模な HD ビデオのトランスコーディング、4K ライブブロードキャスト、複数拠点のビデオ会議、アニメーションのレンダリング、デジタル画像処理に適しています。

コンピューティング

金融コンピューティングアプリケーション、科学技術計算、シミュレーション処理に優れています。

ディープラーニング

画像認識、音声認識、映像コンテンツ識別などのアプリケーションに非常に適しています。


プロダクトの詳細

Elastic GPU Service (EGS) は、信頼性と拡張性に優れた GPU ベースのコンピューティングサービスです。クラウド上で高度な並行計算能力と弾力性を活用し、常に変化するビジネス環境にリアルタイムで適応できます。

ネットワークパフォーマンス

GPU インスタンスは、最大 4,000,000 PPS 以上およびイントラネット帯域幅 25 Gbps 以上をサポートし、高いネットワークパフォーマンス要件を満たします。

レンダリングパフォーマンス

Ultra クラウドディスクまたは SSD クラウドディスクを使用してコンピューティングとレンダリングのパフォーマンスを最大化し、データの可用性を高めます。


GPU インスタンス

概要

GN5 は Nvidia Tesla P100 GPU 上に構築されています。P100 GPU は、単精度浮動小数点数の演算で最大 74.4 TFLOP/秒のコンピューティング能力を提供します。これにより、機械学習や大規模な浮動小数点数の並行計算が可能です。

また、P100 GPU は、倍精度浮動小数点数の演算で最大 37.6 TFLOP/秒のコンピューティング能力を提供し、科学技術計算、シミュレーション処理に適しています。GPUDirect の P2P 技術によってサポートされる PCI バスは、GPU 間の直接通信を実装するために使用でき、レイテンシが大幅に低下します。

GN5 は他の Elastic Computing プロダクトと統合でき、一般的なソリューションを強化できます。また、コンテナ化されたサービスの使用にも適しており、リソーススケジューリングサービスの開発、運用、およびメンテナンスを簡素化します。

GN5 (GPU を使用したコンピューティング最適化タイプファミリー)

特徴

NVIDIA P100 GPU プロセッサ

高パフォーマンスのエフェメラル NVMe SSD ディスク

2.5 GHz Intel Xeon E5-2682 v4 (Broadwell) プロセッサ

インスタンスタイプが高度なほど、より強力なネットワークパフォーマンスを提供

利用イメージ

  • ディープラーニング

  • 流体解析、金融データ解析、ゲノム解析、環境解析などの科学技術計算

  • 高パフォーマンスのコンピューティング、レンダリング、マルチメディアのコーディングおよびデコーディングやその他のサーバー側 GPU コンピューティングワークロード

インスタンスタイプ

インスタンスタイプvCPUメモリ (GiB)エフェメラルストレージ (GiB)GPUイントラネット帯域幅 (Gbps)イントラネットパケット転送レート (1 万 PPS)*NIC キュー
ecs.gn5-c4g1.xlarge4304401 * NVIDIA P1003301
ecs.gn5-c8g1.2xlarge8604401 * NVIDIA P1003301
ecs.gn5-c4g1.2xlarge8608802 * NVIDIA P1005100***2
ecs.gn5-c8g1.4xlarge161208802 * NVIDIA P1005100***2
ecs.gn5-c28g1.7xlarge281124401 * NVIDIA P1005100**8
ecs.gn5-c8g1.8xlarge3224017604 * NVIDIA P10010200**8
ecs.gn5-c28g1.14xlarge562248802 * NVIDIA P10010200**14
ecs.gn5-c8g1.14xlarge5448035208 * NVIDIA P10025400**14

* PPS テストの詳細については、「ネットワークパフォーマンスのテスト」を参照してください。

テスト条件
** CentOS 7.3 の場合、有効なキュー数を (vCPU のコア数÷4) 以下に設定 NIC に対して複数のキューを調整する場合は、インスタンスを再起動してください。

*** CentOS 7.3 の場合、有効なキュー数を 2 に設定 なお、複数のキューを調整した場合はインスタンスの再起動をしてください。

GN5 インスタンスの設定を変更することはできませんのでご注意ください。


料金

Elastic GPU Service では、従量課金やサブスクリプションなど、個別のニーズに合わせてさまざまな支払い方法を利用可能です。詳細は ECS 価格ページをご確認ください。

はじめに

GN5 インスタンスの作成

Elastic Compute Service (ECS) のクイックスタートガイドにある「インスタンスの作成」を参照し、GN5 インスタンスを作成します。インスタンスを作成するときは、次の項目に注意してください。

• [リージョン]: 現在、GN5 は次のリージョンでのみ利用できます。中国北部 1、中国北部 2、中国東部 1、中国東部 2、中国南部 1、香港、シンガポール、米国西部 1、米国東部 1

• [ネットワークタイプ]: [VPC] を選択します。GN5 は仮想プライベートクラウドネットワークで利用可能です。

• [インスタンスタイプ]: [世代 III] の [GPU Compute Type GN5)] を選択します。

• [ネットワーク帯域幅]: 必要なピーク帯域幅を選択します。
Windows 2008 R2 イメージを使用している場合、GN5 インスタンスに接続するには、インスタンスに対するインターネットアクセスを有効にする必要があります (ECS 管理コンソールの VNC からは GN5 インスタンスに接続できないため)。インスタンスにインターネット IP アドレスを割り当てる場合は、ピーク帯域幅を 0 Mbps に設定しないでください。

• [イメージ]: 必要なイメージを選択します。


GPU ドライバーのダウンロードとインストール

GN5 インスタンスを使用する前に、最初に GPU ドライバーをインストールする必要があります。GPU ドライバーをダウンロードしてインストールするには、次の手順を確認してください。

1. NVIDIA 公式 Web サイトにアクセスし、オペレーティングシステムと P100 GPU に対応するドライバーをダウンロードします。ダウンロードの URL は、http://www.nvidia.com/Download/index.aspx?lang=en-us です。

2. インスタンス用のドライバーを選択します。パラメーターを次のように設定します。

o [Product Type]: Tesla

o [Product Series]: P-Series

o [Product]: Tesla P100

o [Operating System]: インスタンスのイメージに対応するバージョン。
対応するオペレーティングシステムがドロップダウンリストに表示されない場合は、ドロップダウンリスト下部の [Show all Operating Systems] をクリックします。
ご使用の Linux インスタンスのイメージがリストにない場合は、[Linux 64-bit] を選択します。

3. [SEARCH] をクリックします。

4. 情報を確認した後、[DOWNLOAD] をクリックします。

5. ダウンロードページの [ADDITIONAL INFORMATION] に従って GPU ドライバーをインストールします。
例: Linux 64 ビット版 OpenSUSE 13.2


備考

Windows 2008 R2 またはそれより前のバージョンの場合、GPU ドライバーのインストール後に ECS コンソールで [VNC] をクリックして VNC に移動すると、真っ暗な画面または起動時の画面で停止します。インスタンスがインターネットにアクセスできる場合は、Microsoft によって開発されたリモートデスクトッププロトコルなどの他のプロトコルを使用して ECS インスタンスにリモート接続してください。


リソース

ドキュメント、SDK へのリンク、およびその他の関連リンクを次に示します。GPU を使用すると、コンピューティング環境を完全に制御できます。また、自動化を実現したり、ビジネスニーズにリアルタイムで対応したりする際にも役立ちます。

開発者向けリソース

開発者ツール