Data Transmission Service

データベース間でデータ移行とデータ同期を行うサービス

使用を開始する ドキュメント

概要

Data Transmission Service (DTS) を使用すると、リレーショナルデータベース、NoSQL、OLAP などのデータベース間でデータを移行できます。同じ種類のデータベース間だけではなく、異なる種類のデータベース間の移行もできます。

DTS は、データベース間のリアルタイムデータ同期ができます。また、DTS を使用して ApsaraDB for RDS の変更データをサブスクライブできます。DTS を使用すると、データの移行、リモートのリアルタイムデータバックアップ、リアルタイムデータ統合、キャッシュの更新などを簡単に実行できます。


メリット

ゼロダウンタイム

  • DTS を使用すると、ダウンタイムなしでデータを移行できます。移行中に移行元データベースに対して行われるデータ変更も、継続的にレプリケートされます。移行中も移行元データベースは稼働し続けることができます。データベースの移行が完了した後でも、移行先データベースは移行元との同期が保たれるので、都合のよいときにデータベースを切り替えることができます。

高パフォーマンス

  • DTS は複数のスレッドで並列にレプリケーション処理を行う機能を備えています。また、さまざまなネットワーク最適化機能 (データ圧縮やパケット再転送など) にも対応しています。

  • 既存データの移行速度は、最大 70 MB/秒です。

  • 変更データの同期速度は、最大 30,000 レコード/秒です。

メジャーなデータベースに対応

  • DTS はメジャーな商用データベースやオープンソースデータベースのデータを移行できます。同じ種類のデータベース間の移行 (MySQL から MySQL など) のほか、異なる種類のデータベース間の移行 (Oracle から MySQL など) もできます。

  • オンプレミスデータベース↔RDS/ECS、ECS に実装されたデータベース↔RDS、RDS 間の移行が可能です。

  • DTS は、データ移行、リアルタイムデータ同期、変更データのサブスクリプションなどの複数の転送モードに対応しています。

信頼性

  • DTS は、すべての転送タスクを常にモニタリングしています。タスクが中断された場合、タスクを自動的に再起動し、停止した場所から移行が続行されます。

  • DTS は移行元データベースと移行先データベースを常にモニタリングしています。

使いやすさ

  • データベースの移行は、コンソールから簡単に開始できます。

  • DTS は、移行プロセスにおける複雑な作業を簡素化します。たとえば、移行中に移行元データベースで行われたデータ変更を自動的にレプリケートします。

  • ユーザーのタスクは、コンソールでモニタリングおよび操作できます。

プロダクトの詳細

Data Transmission Service (DTS) では、同じ種類のデータベース間の移行 (MySQL から MySQL など) のほか、異なる種類のデータベース間の移行 (Oracle から MySQL など) もできます。移行中、移行元データベースは稼働し続けられるので、移行元データベースに依存するアプリケーションのダウンタイムは最小限に抑えられます。

DTS は、データベース間のリアルタイムデータ同期ができます。この機能では、遠隔地のリアルタイムバックアップによって、アプリケーションの安定性と信頼性が確保されます。また、リモートアクセスの減少により、利用者のユーザーエクスペリエンスが向上します。
また、DTS を使用して ApsaraDB for RDS の変更データをサブスクライブできます。この機能では、複雑なデータ処理を伴うメッセージ通知、キャッシュの更新、レプリケーションを実行できます。


特徴

データ移行

ゼロダウンタイム

  • 移行中に移行元データベースに対して行われるデータ変更も、継続的にレプリケートされます。このため、移行中も移行元データベースは稼働し続けることができます。

  • データベースの移行が完了した後でも、移行先データベースは移行元との同期が保たれるので、都合のよいときにデータベースを切り替えることができます。

メジャーなデータベースに対応

  • 同じ種類のデータベース間の移行 (MySQL から MySQL、SQLServer から SQLServer など) のほか、異なる種類のデータベース間の移行 (Oracle から MySQL など) もできます。

  • オンプレミスデータベース↔RDS/ECS、ECS に実装されたデータベース↔RDS、RDS 間の移行が可能です。

リアルタイムデータ同期

  • RDS 間のリアルタイムデータ同期が可能です。

  • 同期処理中に同期対象を変更できます。

リアルタイム変更データサブスクリプション

  • RDS のリアルタイム変更データサブスクリプションに対応しています。

  • サブスクリプションインスタンスを作成した後でも、サブスクリプション対象を変更できます。

自動モニタリング

  • 同期遅延、転送ステータス、処理遅延などの重要なインスタンス情報がリアルタイムで提供されるので、ユーザーはビジネス上重要なアプリケーションのモニタリングと保護が可能です。

料金

Data Transmission Service (DTS) は、3 つのモデル (データ同期、データサブスクリプション、データ移行) に従って課金されます。

ただし、データ移行は従量課金にのみ対応しており、設定料金とトラフィック料金が発生します。設定料金はデータレプリケーションの標準実行時間についてのみ課金され、現時点でトラフィック料金は課金されません。


データ同期

リージョンインスタンスタイプ設定料金 (JPY/月額サブスクリプション)設定料金 (JPY/従量課金)
日本 - 日本micro1700034.5
日本 - 日本small2500051.8
日本 - 日本middle3500072.5
日本 - 日本large52000109.3
リージョンインスタンスタイプ設定料金 (JPY/月額サブスクリプション)設定料金 (JPY/従量課金)
中国本土 - シンガポールmicro84000173.7
中国本土 - シンガポールsmall125000259.9
中国本土 - シンガポールmiddle177000366.9
中国本土 - シンガポールlarge264000549.7
中国本土 - 米国東部micro87000181.7
中国本土 - 米国東部small131000272.6
中国本土 - 米国東部middle184000384.1
中国本土 - 米国東部large276000575.0
中国本土 - 米国西部micro73000151.8
中国本土 - 米国西部small109000226.6
中国本土 - 米国西部middle154000319.7
中国本土 - 米国西部large230000479.6
中国本土 - 中国本土(同リージョン)micro1200025.3
中国本土 - 中国本土(同リージョン)small1800036.8
中国本土 - 中国本土(同リージョン)middle2500051.8
中国本土 - 中国本土(同リージョン)large3700077.1
中国本土 - 中国本土(異なるリージョン)micro1700034.5
中国本土 - 中国本土(異なるリージョン)small2500051.8
中国本土 - 中国本土(異なるリージョン)middle3500072.5
中国本土 - 中国本土(異なるリージョン)large52000109.3
中国本土 - ドバイmicro59000123.1
中国本土 - ドバイsmall89000185.2
中国本土 - ドバイmiddle125000261.1
中国本土 - ドバイlarge188000391.0
中国本土 - シドニーmicro60000124.2
中国本土 - シドニーsmall90000186.3
中国本土 - シドニーmiddle126000262.2
中国本土 - シドニーlarge189000393.3
中国本土 - 香港micro66000136.9
中国本土 - 香港small98000204.7
中国本土 - 香港middle139000288.7
中国本土 - 香港large207000431.3
中国本土 - マレーシアmicro4500094.3
中国本土 - マレーシアsmall68000140.3
中国本土 - マレーシアmiddle102000210.5
中国本土 - マレーシアlarge152000316.3
中国本土 - インドmicro59000121.9
中国本土 - インドsmall88000181.7
中国本土 - インドmiddle131000272.6
中国本土 - インドlarge197000409.4
リージョンインスタンスタイプ設定料金 (JPY/月額サブスクリプション)設定料金 (JPY/従量課金)
シンガポール - シンガポールmicro1400027.6
シンガポール - シンガポールsmall2000042.6
シンガポール - シンガポールmiddle3000061.0
シンガポール - シンガポールlarge4400090.9
シンガポール - 米国東部micro59000123.1
シンガポール - 米国東部small89000184.0
シンガポール - 米国東部middle133000276.0
シンガポール - 米国東部large198000412.9
シンガポール - 米国西部micro64000133.4
シンガポール - 米国西部small96000199.0
シンガポール - 米国西部middle144000299.0
シンガポール - 米国西部large215000447.4
シンガポール - 中国本土micro84000173.7
シンガポール - 中国本土small125000259.9
シンガポール - 中国本土middle177000366.9
シンガポール - 中国本土large264000549.7
シンガポール - ドバイmicro58000120.8
シンガポール - ドバイsmall87000180.6
シンガポール - ドバイmiddle130000270.3
シンガポール - ドバイlarge195000406.0
シンガポール - シドニーmicro60000125.4
シンガポール - シドニーsmall90000187.5
シンガポール - シドニーmiddle135000280.6
シンガポール - シドニーlarge202000419.8
シンガポール - マレーシアmicro67000138.0
シンガポール - マレーシアsmall100000207.0
シンガポール - マレーシアmiddle150000310.5
シンガポール - マレーシアlarge224000465.8
シンガポール - インドmicro4700096.6
シンガポール - インドsmall70000144.9
シンガポール - インドmiddle105000217.4
シンガポール - インドlarge157000326.6
リージョンインスタンスタイプ設定料金 (JPY/月額サブスクリプション)設定料金 (JPY/従量課金)
米国東部 - シンガポールmicro59000123.1
米国東部 - シンガポールsmall89000184.0
米国東部 - シンガポールmiddle133000276.0
米国東部 - シンガポールlarge198000412.9
米国東部 - 米国東部micro1400027.6
米国東部 - 米国東部small2000042.6
米国東部 - 米国東部middle3000061.0
米国東部 - 米国東部large4400090.9
米国東部 - 米国西部micro1700035.7
米国東部 - 米国西部small2600052.9
米国東部 - 米国西部middle3800079.4
米国東部 - 米国西部large57000118.5
米国東部 - 中国本土micro87000181.7
米国東部 - 中国本土small131000272.6
米国東部 - 中国本土middle184000384.1
米国東部 - 中国本土large276000575.0
米国東部 - ドバイmicro57000118.5
米国東部 - ドバイsmall86000178.3
米国東部 - ドバイmiddle128000266.8
米国東部 - ドバイlarge192000399.1
米国東部 - シドニーmicro62000128.8
米国東部 - シドニーsmall93000192.1
米国東部 - シドニーmiddle139000288.7
米国東部 - シドニーlarge208000432.4
米国東部 - マレーシアmicro103000213.9
米国東部 - マレーシアsmall154000320.9
米国東部 - マレーシアmiddle231000480.7
米国東部 - マレーシアlarge346000721.1
米国東部 - インドmicro72000149.5
米国東部 - インドsmall108000224.3
米国東部 - インドmiddle161000335.8
米国東部 - インドlarge242000503.7
リージョンインスタンスタイプ設定料金 (JPY/月額サブスクリプション)設定料金 (JPY/従量課金)
米国西部 - シンガポールmicro64000133.4
米国西部 - シンガポールsmall96000199.0
米国西部 - シンガポールmiddle144000299.0
米国西部 - シンガポールlarge215000447.4
米国西部 - 米国東部micro1700035.7
米国西部 - 米国東部small2600052.9
米国西部 - 米国東部middle3800079.4
米国西部 - 米国東部large57000118.5
米国西部 - 米国西部micro1400027.6
米国西部 - 米国西部small2000042.6
米国西部 - 米国西部middle3000061.0
米国西部 - 米国西部large4400090.9
米国西部 - 中国本土micro73000151.8
米国西部 - 中国本土small109000226.6
米国西部 - 中国本土middle154000319.7
米国西部 - 中国本土large230000479.6
米国西部 - ドバイmicro59000123.1
米国西部 - ドバイsmall89000184.0
米国西部 - ドバイmiddle133000276.0
米国西部 - ドバイlarge199000414.0
米国西部 - シドニーmicro63000130.0
米国西部 - シドニーsmall94000195.5
米国西部 - シドニーmiddle141000292.1
米国西部 - シドニーlarge211000438.2
米国西部 - マレーシアmicro86000178.3
米国西部 - マレーシアsmall128000266.8
米国西部 - マレーシアmiddle192000400.2
米国西部 - マレーシアlarge288000600.3
米国西部 - インドmicro69000143.8
米国西部 - インドsmall104000215.1
米国西部 - インドmiddle155000323.2
米国西部 - インドlarge232000484.2
リージョンインスタンスタイプ設定料金 (JPY/月額サブスクリプション)設定料金 (JPY/従量課金)
ドバイ - ドバイmicro2200046.0
ドバイ - ドバイsmall3300067.9
ドバイ - ドバイmiddle4600095.5
ドバイ - ドバイlarge69000142.6
ドバイ - 中国本土micro59000123.1
ドバイ - 中国本土small89000185.2
ドバイ - 中国本土middle125000261.1
ドバイ - 中国本土large188000391.0
ドバイ - シドニーmicro60000124.2
ドバイ - シドニーsmall89000185.2
ドバイ - シドニーmiddle133000277.2
ドバイ - シドニーlarge200000416.3
ドバイ - 米国西部micro59000123.1
ドバイ - 米国西部small89000184.0
ドバイ - 米国西部middle133000276.0
ドバイ - 米国西部large199000414.0
ドバイ - 米国東部micro57000118.5
ドバイ - 米国東部small86000178.3
ドバイ - 米国東部middle128000266.8
ドバイ - 米国東部large192000399.1
ドバイ - シンガポールmicro58000120.8
ドバイ - シンガポールsmall87000180.6
ドバイ - シンガポールmiddle130000270.3
ドバイ - シンガポールlarge195000406.0
ドバイ - マレーシアmicro79000163.3
ドバイ - マレーシアsmall118000245.0
ドバイ - マレーシアmiddle176000366.9
ドバイ - マレーシアlarge264000549.7
ドバイ - インドmicro54000112.7
ドバイ - インドsmall81000169.1
ドバイ - インドmiddle121000253.0
ドバイ - インドlarge182000378.4
リージョンインスタンスタイプ設定料金 (JPY/月額サブスクリプション)設定料金 (JPY/従量課金)
シドニー - シドニーmicro1300027.6
シドニー - シドニーsmall2000040.3
シドニー - シドニーmiddle2800057.5
シドニー - シドニーlarge4100086.3
シドニー - 中国本土micro60000124.2
シドニー - 中国本土small90000186.3
シドニー - 中国本土middle126000262.2
シドニー - 中国本土large189000393.3
シドニー - ドバイmicro60000124.2
シドニー - ドバイsmall89000185.2
シドニー - ドバイmiddle133000277.2
シドニー - ドバイlarge200000416.3
シドニー - 米国西部micro63000130.0
シドニー - 米国西部small94000195.5
シドニー - 米国西部middle141000292.1
シドニー - 米国西部large211000438.2
シドニー - 米国東部micro62000128.8
シドニー - 米国東部small93000192.1
シドニー - 米国東部middle139000288.7
シドニー - 米国東部large208000432.4
シドニー - シンガポールmicro60000125.4
シドニー - シンガポールsmall90000187.5
シドニー - シンガポールmiddle135000280.6
シドニー - シンガポールlarge202000419.8
シドニー - マレーシアmicro79000164.5
シドニー - マレーシアsmall119000247.3
シドニー - マレーシアmiddle178000370.3
シドニー - マレーシアlarge267000555.5
シドニー - インドmicro54000112.7
シドニー - インドsmall81000169.1
シドニー - インドmiddle121000253.0
シドニー - インドlarge182000378.4
リージョンインスタンスタイプ設定料金 (JPY/月額サブスクリプション)設定料金 (JPY/従量課金)
マレーシア - マレーシアmicro1500029.9
マレーシア - マレーシアsmall2100043.7
マレーシア - マレーシアmiddle3200065.6
マレーシア - マレーシアlarge4800098.9
マレーシア - 中国本土micro4500094.3
マレーシア - 中国本土small68000140.3
マレーシア - 中国本土middle102000210.5
マレーシア - 中国本土large152000316.3
マレーシア - 香港micro86000178.3
マレーシア - 香港small128000266.8
マレーシア - 香港middle192000400.2
マレーシア - 香港large288000600.3
マレーシア - シンガポールmicro67000138.0
マレーシア - シンガポールsmall100000207.0
マレーシア - シンガポールmiddle150000310.5
マレーシア - シンガポールlarge224000465.8
マレーシア - シドニーmicro79000164.5
マレーシア - シドニーsmall119000247.3
マレーシア - シドニーmiddle178000370.3
マレーシア - シドニーlarge267000555.5
マレーシア - ドバイmicro79000163.3
マレーシア - ドバイsmall118000245.0
マレーシア - ドバイmiddle176000366.9
マレーシア - ドバイlarge264000549.7
マレーシア - 米国東部micro103000213.9
マレーシア - 米国東部small154000320.9
マレーシア - 米国東部middle231000480.7
マレーシア - 米国東部large346000721.1
マレーシア - 米国西部micro86000178.3
マレーシア - 米国西部small128000266.8
マレーシア - 米国西部middle192000400.2
マレーシア - 米国西部large288000600.3
マレーシア - インドmicro4800098.9
マレーシア - インドsmall71000147.2
マレーシア - インドmiddle107000222.0
マレーシア - インドlarge160000331.2
リージョンインスタンスタイプ設定料金 (JPY/月額サブスクリプション)設定料金 (JPY/従量課金)
リージョンインスタンスタイプ設定料金 (JPY/月額サブスクリプション)設定料金 (JPY/従量課金)

(1) 課金方式: 従量課金とサブスクリプション
(2) 課金項目: インスタンス設定料金
(3) 国際間データ同期は、初期設定では、開放していません。使用する必要がある場合は、チケットを起票してください。


データサブスクリプション

インスタンスリージョン設定料金 (JPY/月額サブスクリプション)設定料金 (JPY/従量課金)データトラフィック料金(JPY/時間/GB)インターネットトラフィック料金(JPY/時間/GB)
杭州 (中国東部 1)1300052.917.7114.15
上海 (中国東部 2)1300052.917.7114.15
青島 (中国北部 1)1300052.917.7114.15
北京 (中国北部 2)1300052.917.7114.15
深セン (中国南部 1)1300052.917.7114.15
シンガポール1600064.417.719.32
バージニア (米国東部 1)1600065.55N/AN/A
香港1500062.117.7117.6
東京(日本)1900078.217.7113.8
シドニー(オーストラリア)1900078.217.7114.95
クアラルンプール (マレーシア)3900079.8116.918.86
ムンバイ (インド)150006116.918.86
シリコンバレー (米国西部 1)1600065.5517.718.86
ドバイ (UAE)2000082.817.7151.41

(1) 課金方式: 従量課金とサブスクリプション。
(2) 課金項目: インスタンス設定料金、データトラフィック料金、インターネットトラフィック料金。
(3) データトラフィック料金は、SDK によってサブスクライブされている実際のデータ量に応じて課金されます。
(4) 現時点でインターネットトラフィック料金は課金されません。


データ移行

インスタンスリージョンインスタンスの仕様設定料金 (JPY/従量課金)インターネットトラフィック料金(JPY/時間/GB)
中国本土Small18.1714.15
中国本土Medium33.0114.15
中国本土Large53.1314.15
シンガポールSmall31.979.32
シンガポールMedium63.259.32
シンガポールLarge109.839.32
シリコンバレー (米国西部 1)Small18.638.86
シリコンバレー (米国西部 1)Medium36.88.86
シリコンバレー (米国西部 1)Large74.298.86
バージニア (米国東部 1)SmallN/AN/A
バージニア (米国東部 1)MediumN/AN/A
バージニア (米国東部 1)LargeN/AN/A
香港Small20.5917.6
香港Medium36.817.6
香港Large59.4617.6
東京 (日本)Small36.5713.8
東京 (日本)Medium91.3113.8
東京 (日本)Large136.8513.8
シドニー (オーストラリア)Small38.9914.95
シドニー (オーストラリア)Medium97.5214.95
シドニー (オーストラリア)Large146.1714.95
クアラルンプール (マレーシア)Small30.488.86
クアラルンプール (マレーシア)Medium60.158.86
クアラルンプール (マレーシア)Large104.428.86
ムンバイ (インド)Small30.488.86
ムンバイ (インド)Medium60.158.86
ムンバイ (インド)Large104.428.86
ドバイ (UAE)Small58.6551.41
ドバイ (UAE)Medium86.9451.41
ドバイ (UAE)Large175.2651.41

(1) インスタンス設定料金: データレプリケーションの標準実行時間のみが課金されます。対象構造と既存データの移行が実行された時間は課金されません。
(2) 現時点でインターネットトラフィック料金は課金されません。
(3) SqlServerの増分データ移行は課金されません。


シナリオ

一般的な Data Transmission Service (DTS) 利用イメージをいくつか次に示します。

1) ダウンタイムなしでのデータベースの移行

  • DTS を使用すると、ダウンタイムなしでデータを移行できます。移行中に移行元データベースに対して行われるデータ変更も、継続的にレプリケートされます。移行中も移行元データベースは稼働し続けることができます。データベースの移行が完了した後でも、移行先データベースは移行元との同期が保たれるので、都合のよいときにデータベースを切り替えることができます。

推奨設定

Zero downtime migration

2) リモートデータディザスタリカバリ

  • DTS を使用すると、異なるリージョンにある 2 つの RDS インスタンス間でリアルタイムデータ同期を実行できます。リモートディザスタリカバリインスタンスは、プライマリインスタンスのスレーブです。災害発生時、アプリケーションはプライマリインスタンスからリモートディザスタリカバリインスタンスに切り替えることで、ビジネス可用性を確保することができます。

推奨設定

Off-site disaster preparation

3) リモートアクセスの削減

  • アプリケーションを単一リージョンにデプロイした場合、他のリージョンからのユーザーアクセスでレイテンシが高くなることにより、ユーザーエクスペリエンスが低下します。 アクセスエクスペリエンスを向上させるには、次のようなアーキテクチャを推奨します。

推奨設定

Avoid cross-regional access
  • このアーキテクチャは、1 つのマスターと複数のスレーブから構成されます。すべてのリージョンの書き込みリクエストは、マスターにルーティングされます。マスターにあるデータは、DTS によって各ローカルスレーブと同期されます。各リージョンの読み取りリクエストは、近くのローカルスレーブにルーティングされます。リモートアクセスをしないため、アクセスレイテンシを短縮することができます。

4) キャッシュの更新

  • データへの高速アクセスを実現するために、RDS でキャッシュサービスを使用できます。DTS のデータサブスクリプションを使用すると、RDS インスタンスのパフォーマンスを低下させることなく、低レイテンシでキャッシュを更新できます。

推奨設定

Cache update
  • DTS は、RDS インスタンスの変更データをリアルタイムにサブスクライブできます。RDS のデータが変更されたタイミングでキャッシュデータを更新することもできます。

5) メッセージ通知

  • 2つのアプリケーションが非同期メッセージングの場合、DTS のデータサブスクリプションを使用すると、ソースアプリケーションのパフォーマンスを低下させることなく、低レイテンシでメッセージ通知を実現できます。データサブスクリプションでは、ソースアプリケーションでメッセージを発行する必要がありません。したがって、このソリューションではコアアプリケーションの安定性と信頼性を高めることができます。

推奨設定

Notification

はじめに

コンソールを用いた Data Transmission Service (DTS) の使用

コンソールには、DTS のタスクを操作できる Web ベースのシンプルなユーザーインターフェイスが用意されています。

コンソールを使用して、DTS のタスクの作成や変更などが可能です。

コンソールから DTS のタスクを作成する方法については、クイックスタートをご参照ください。

DTS ドキュメントへのアクセス

DTS ドキュメントは、プロダクトのアーキテクチャなど、詳しく説明しています。

詳細については、DTS ドキュメントをご参照ください。

リソース

ドキュメント、SDK へのリンクを次に示します。

開発者向けリソース

よくある質問

1. DTS では、2 つの異なる Alibaba Cloud アカウントの RDS インスタンス間でデータを移行できますか。

はい、できます。移行タスクを設定する際は、移行先の RDS インスタンスのアカウントでコンソールにログインします。
移行タスクを設定するときに、移行元インスタンスのパブリック IP アドレスを持つオンプレミスデータベースを選択し、移行元 RDS インスタンスの接続を設定します。

2. DTS では、VPC 上の ECS インスタンスのデータベースを RDS インスタンスに移行できますか。

はい。ただし、ECS インスタンスにパブリックIPがバインドされている必要があります。DTS は、ECS インスタンスの パブリックIPで ECS インスタンスにアクセスします。

3. DTS で移行した後、移行先の RDS インスタンスのサイズが移行元データベースより大きくなるのはなぜですか。

DTS は SQL 構文を使ってデータを移行するため、 移行先インスタンスにバイナリログが生成されます。このため、移行先の RDS インスタンスのサイズは移行元データベースよりも大きくなります。