ApsaraDB RDS for PPAS

信頼性に優れた拡張可能なオンデマンドの PPAS データベースサービス

PostgreSQL をベースにした ApsaraDB for PPAS は、Alibaba Cloud と EnterpriseDB が共同開発したデータベースサービスで、Oracle と互換性があります。データ移行が容易で、Oracle PL/SQL、複数のデータ型、高度な関数機能、テーブルのパーティション分割機能を利用できます。

利点

高い互換性
Oracle のデータ型および PL/SQL と互換性があります。
他のデータベースへの移行と比較して、作業負荷を軽減することができます。
自動デプロイ
短時間でデプロイプロセスが完了します。
ヒューマンエラーを回避できるよう、プロセスは完全に自動化されています。
マルチゾーンディザスタリカバリ
冗長性を備えたエンタープライズレベルの高可用性を提供します。
1 つのリージョンに複数のゾーンを用意しています。
コスト効率
コスト効率の高いソリューションを提供し、移行コストを削減します。
Oracle データベース管理者と開発者は、容易にこのサービスを使用できます。

特徴

  • 増分データ移行

    DTS を利用して、オンプレミスの Oracle データベースを増分ごとに PPAS に同期できるため、システム移行中のダウンタイムを短縮できます。


    ダウンタイムなしの移行ソリューション

    最初に Oracle の全データがクラウドに同期されます。その後は増分同期が実行され、データが更新され続けます。開発者は、データの完全性を確認し、クラウドのクエリパフォーマンスをテストして、最適化タスクを実行できます。データの完全性が確認され、すべてのシステムソフトウェアがデバッグテストに合格したら、オンプレミスの Oracle から PPAS に最短のダウンタイムでサービスを移行できます。

  • 高パフォーマンスのパーティション分割

    テーブルのパーティション分割を実装する際に高いパフォーマンスを示し、Oracle との強力な互換性を提供します。パーティションが 100 を超えるテーブルの場合、ネイティブの PostgreSQL と比較して約 50 倍の高パフォーマンスを実現します。


    優れたパフォーマンスと Oracle との互換性

    オープンソースの PostgreSQL データベース上に開発されており、テーブルのパーティション分割機能はトリガーをベースとしています。トリガーは手動で作成する必要があります。テーブルのパーティション分割の新しいソリューションを提供します。Oracle 文の「CREATE TABLE... PARTITION BY」をサポートし、DBA_TAB_PARTITIONS と DBA_TAB_SUBPARTIONS カタログビューを提供します。

  • 全文検索と GIS サポート

    同一の SQL エンジンを使用して、全文検索および GIS データ処理機能を実現できます。開発プロセスを簡素化し、複数のシステム間での複雑な操作を解消できます。


    GIS 向けのカスタマイズ機能

    全文検索では、自然言語のドキュメントを照会して選択し、関連性で並べ替えることができます。通常の検索の場合、指定のキーワードを含むドキュメントを検索し、類似性で並べ替え、結果を返します。PostGIS 拡張とも連携できるため、データベース内のジオデータを容易に管理して、実際の運用データでリレーショナルクエリを実行することができます。

  • OSS ストレージの拡張

    OSS と連携することで、 無制限にストレージを利用することができます。


    読み書き可能な容量無制限のストレージ

    外部表を利用して、OSS に保存された CSV ファイルをローカルデータテーブルとして使用できます。また、ローカルテーブルを使用する JOIN クエリを実行して、直接データの読み書きを行うことができます。ホットデータとコールドデータのライフサイクルの管理ニーズに合わせてデータベースのサイズを柔軟に拡張することもできます。

  • データウェアハウス

    HybridDB for PostgreSQL との OSS データ交換に対応しています。PostgreSQL ベースの OLAP データベースによってデータウェアハウスを実現します。


    HybridDB for PostgreSQL との連携

    Oracle データベースシステムを Alibaba Cloud に移行したら、HybridDB for PostgreSQL が提供する OLAP データウェアハウスの BI 機能に基づいて、OLTP と OLAP システムを簡単に連携させることができます。これにより、ビジネスパフォーマンスのさらなる向上とコスト削減を実現できます。

利用イメージ

  • クラウドへの Oracle の移行
  • OLTP と OLAP の連携
クラウドへの Oracle の移行

クラウドへの Oracle の移行

クラウド移行による価値の創出

1. Oracle データベースをクラウドに移行します。2. エンタープライズレベルの高可用性とローカルディザスタリカバリを提供します。HybridDB for PostgreSQL との連携により、ニーズに応じて拡張できる OLAP ソリューションを実装することもできます。

メリット

  • 簡単な移行

    他のデータベースへの移行と比較して、アプリケーションアーキテクチャの変更に要する作業負荷を軽減できます。

  • より多くの価値

    アップグレードされた保護機能によるマルチゾーンディザスタリカバリと可用性の向上を実現できます。

  • OLAP 拡張

    HybridDB for PostgreSQL との連携により、リアルタイムのレポートと、従来のソリューションより優れた OLAP 機能を提供します。

OLTP と OLAP の連携

OLTP と OLAP の連携

移行ソリューション

Oracle との互換性に優れています。既存のアプリケーションへの変更を最小限に抑え、移行コストを削減することができます。DTS を使用して、増分データをインポートできます。これにより、システム移行中のダウンタイムを短縮し、サービスに影響を与えることなく、ターゲットシステムで並列テストを実行できます。また、BI とレポートデータを HybridDB for PostgreSQL にインポートし、より良い意思決定を行うために MPP データウェアハウスを使用してデータを迅速に分析することもできます。

メリット

  • データ移行

    DTS は増分データの移行に対応しています。このため、容易にシステム移行を実行してシステムの機能を確認することができます。

  • 無制限のストレージ

    OSS と連携することで、無制限にストレージを利用することができます。

  • OLAP 分析

    HybridDB for PostgreSQL は、SQL 分析のパフォーマンスを大幅に向上します。

関連プロダクト