このページでは、自動的に作成される Logstore に記録されたアラームログを表示、検索、分析する方法に加えて、自動的に作成されるダッシュボードですべてのアラームの操作および通知の詳細を表示する方法についても説明します。

このタスクについて

  • Logstore に保存されたアラームログ

    プロジェクトで初めてアラームを作成すると、プロジェクトのすべてのアラームデータを記録する internal-alert-history という名前のログストアが Logstore によって自動的に作成されます。 プロジェクト内のアラームが実行されるたびに、アラームがトリガーされたかどうかに関係なくイベントを記録するログエントリが生成されます。 ログエントリは internal-alert-history Logstore に保存されます。 詳細については、「アラームログフィールド」をご参照ください。

    この Logstore は無料です。 削除または変更することはできません。 ログエントリは、このログストアにそれぞれ 7 日間保持されます。
  • ダッシュボードに表示されるアラームイベントの詳細
    プロジェクトで初めてアラームを作成すると、Log Serviceはプロジェクトに アラート履歴統計 という名前のダッシュボードを自動的に作成して、すべてのアラームイベントをここに記録および表示します。 プロジェクト内のすべてのアラームイベントの詳細には、次の情報が含まれます。
    • アラーム通知の送信回数。
    • アラーム総数に対するアラーム成功率。
    • 成功したアラーム総数に対するアラーム通知の送信率。
    • 実行回数の多いアラームの上位 10 個
    • アラームが実行またはトリガーステータス。
    • アラームの通知の送信ステータス。
    • アラームのトリガー失敗の原因。
    • 各エラーメッセージとその説明および解決策。
    このダッシュボードは削除または変更ができません。 無料でご利用いただけます。

Logstore でのアラームログの表示

internal-alert-history Logstore の検索ページで、この Logstore に記録されているアラームログのプレビュー、検索、分析を行うことができます。 詳細については、「アラームコールバック」をご参照ください。
  1. Logstore internal-alert-history を見つけて、[LogSearch] 列の [検索] をクリックします。
  2. 必要に応じて、アラームログの検索および分析を行います。

ダッシュボードへのアラームレコードの表示

  1. Logstores ページの左側のナビゲーションウィンドウで、[ダッシュボード] をクリックします。
  2. アラーム名をクリックして [アラート履歴統計] ダッシュボードを開きます。