シナリオ

ネットワーク帯域幅に基づき、最も適切なビデオストリームに切り替えられるよう、480P、720P、1080P の 3 つのビデオストリームをそれぞれ圧縮し、1 つのファイルを出力します。

手順

  1. MPS コンソールにログインします。
  2. リージョンを選択します。
  3. [ライブラリ] > [ライブラリ設定 をクリックします。
  4. [ワークフロー] > [ワークフローの作成] をクリックします。
  5. [入力] の右側にあるアイコンをクリックし、出力コンテナノード を追加します。

  6. [設定] の右側にあるアイコンをクリックし、3 つの ビデオの抽出 ノードを追加します。


  7. 入力ノードを設定します。
    1. [入力]ノードの右側にあるアイコンをクリックします。
    2. [入力] で、[入力パス] の右側にある [選択] ボタンをクリックします。

      入力パスは OSS 内の格納場所になります。 入力パスは OSS 内に存在している必要があります。
    3. OSS ファイルマネージャーで、バケット名を選択し、[OK] をクリックします。

    4. メッセージタイプはオプションです。 [MNS キュー] または [通知] を選択し、インスタンスを設定します。
  8. 設定ノードを設定します。
    1. 名前を変更するか、既定の名前をそのまま使用することができます。
    2. [設定]の右側にあるアイコンをクリックし、設定ノードを設定します。
    3. 設定ウィンドウで、 [出力場所]の右側にある [選択] ボタンをクリックします。

      出力場所は、OSS 内の格納場所で、ファイル名です。 タスク実行時のワークフローによる出力ファイルの上書きを避けるため、システムに次のビルトイン UC 変数パラメーターを結合します。
      • {RunId}: ワークフローの実行 ID

      • {ObjectPrefix}: バケット情報を含まないオリジナルファイルのパス

      • {FileName}: 拡張子名を含まないオリジナルファイルの名前

      • {ExtName}: オリジナルファイルの拡張子名

    4. OSS ファイルマネージャーウィンドウで、バケット名を選択し、 [OK] をクリックします。

      出力バケットと入力バケットは、それぞれ別のバケットを指定する必要があります。
    設定ノードは正常に設定されました。

  9. ビデオの抽出ノードを設定します。
    1. [ビデオの抽出]ノードの右側にあるアイコンをクリックします。
    2. 名前を変更するか、既定の名前をそのまま使用します。
    3. ビデオの抽出 > 基本設定で、テンプレート の右側にある [選択] ボタンをクリックします。

    4. トランスコードテンプレート ウィンドウで、テンプレートを選択し、[OK] をクリックします。

    5. リソースパス を設定します。

      既定のリソースパスを使用することを推奨します。 必要に応じてパスを変更することもできます。 設定ノードの出力場所a/b/c.m3u8 の場合、ビデオの抽出ノードのリソースパスd/e/f.m3u8 になるため、抽出されるファイルの実際の格納場所は、a/b/d/e/f.m3u8 になることにご注意ください。

    6. [オーディオ][キープ] を選択します。

      前述の手順に従って 3 つのビデオの抽出ノードと、480P、720P、1080P の各ビデオに対応するトランスコードテンプレートを設定します。
  10. 生成ノードを設定します。
    1. [生成 の右側にあるアイコンをクリックし、生成ノードを設定します。
    2. 必要に応じて [帯域幅] の設定を変更します。

  11. [OK] をクリックすると、生成ノードの設定は完了です。
  12. [次へ] をクリックします。

    以上で、ワークフローは正常に作成されました。

  13. タスクを送信します。

    HLS パッケージのワークフローは既定ではトリガーされません。 AddMedia インターフェイスを使用することで、ビデオ処理に使用するビデオ、および HLS パッケージワークフロー ID を設定します。