edit-icon download-icon

イメージ、スケジューラ、アカウントタイプ

最終更新日: Oct 29, 2019

イメージ

E-HPC は、パブリックイメージ、カスタムイメージ、共有イメージ、マーケットプレイスイメージによるクラスターの作成をサポートしています。イメージを選択すると、クラスター内のすべてのインスタンスがこのイメージを使用して作成されます。E-HPC クラスターの作成でソフトウェアを構成する際、イメージの種類とイメージを選択できます。

次の表に、サポートされているイメージを示します。

パブリックイメージ カスタムイメージ 共有イメージ マーケットプレイスイメージ
CentOS_7.2_64 CentOS 7.2/7.3/7.4, 64-bit CentOS 7.2/7.3/7.4, 64-bit。イメージは、パブリックイメージから作成する必要があります。 CentOS 7.2, 64-bit。イメージは、パブリックイメージから作成する必要があります。
CentOS_6.8_64 CentOS 6.8/6.9, 64-bit。イメージは、パブリックイメージから作成する必要があります。 CentOS 6.8/6.9, 64-bit。イメージは、パブリックイメージから作成する必要があります。 CentOS 6.8, 64-bit。イメージは、パブリックイメージから作成する必要があります。

[イメージの種類] ドロップダウンメニューには、すべてのイメージタイプが含まれているとは限りません。たとえば、カスタムイメージタイプが表示されない場合、サポートされているカスタムイメージは、現在のリージョンの特定のアカウントで利用できないことを示します。

カスタムイメージを作成する方法、イメージを共有する方法、およびイメージマーケットプレイスで公開する方法については、「スナップショットを使用したカスタムイメージの作成」、「イメージの共有」、「マーケットプレイスイメージ」をご参照ください。

クラスタースケジューラ

E-HPC は、PBS Pro、Slurm、および Grid Engine (SGE) クラスターをサポートしています。次の表に、サポートされているスケジューラを示します。

オペレーティングシステム サポートされているスケジューラ
CentOS 7.2/7.3/7.4, 64-bit PBS​ Pro、Slurm
CentOS 6.8/6.9, 64-bit PBS Pro​、Grid Engine

E-HPC クラスターの作成でソフトウェアを構成する際、イメージを選択します。サポートされているスケジューラが表示されます。

ドメインサービス

E-HPC は NIS または LDAP ドメインアカウントをサポートします。クラスターの作成でソフトウェアを構成する際、[詳細設定] をクリックします。ドメインサービスが表示されます。デフォルトで NIS が選択されています。