面グラフは折れ線グラフをベースに、折れ線グラフの線と座標軸との間が色で塗りつぶしたものです。塗りつぶされた部分が面 (エリア) であり、その傾向を色で強調表示させます。 折れ線グラフと同様に、面グラフは時間の経過におけるデータの変化が示され、総数の傾向を強調させることができます。折れ線グラフも面グラフも、特定の値ではなく、傾向や比較に用いられます。

基本コンポーネント

  • X 軸 (横軸)
  • Y 軸 (縦軸)
  • エリアブロック

構成項目

設定項目 説明
X 軸 通常、順序付けられたカテゴリデータ (時系列)
Y 軸 Y 軸の値の範囲となる 1 つまたは複数のデータ列
凡例 凡例の位置 (グラフの上部、下部、左、または右)
パディング 座標軸とグラフ境界線との間隔

手順

  1. クエリページで、クエリ欄にクエリステートメントを入力し、期間を選択して、 照会をクリックします。
  2. グラフタブの (面グラフ) をクリックします。
  3. グラフのプロパティを設定します。
    1 つのエリアブロックにつき、データレコードが 2 つ以上ない場合、データの傾向を分析することはできません。なお、面グラフのエリアブロックの数は 5 つ以下にされることを推奨します。

単純な面グラフ

前日の IP 42.0.192.0 の PV を表示:

remote_addr: 42.0.192.0 | select date_format(date_trunc('hour', __time__), '%m-%d %H:%i') as time, count(1) as PV group by time order by time limit 1000

X 軸に time、Y 軸に PVを指定します。

図 1. 単純な面グラフ


積み上げ面グラフ

* | select date_format(date_trunc('hour', __time__), '%m-%d %H:%i') as time, count(1) as PV, approx_distinct(remote_addr) as UV group by time order by time limit 1000

X 軸に time、Y 軸に PV および UV を指定します。

図 2. 積み上げ面グラフ