横棒グラフは、棒が横に並んだ、棒グラフの一種です。通常、横棒グラフは、上位分析に使用します。設定方法は縦棒グラフと同様です。

基本コンポーネント

  • X 軸 (縦軸)
  • Y 軸 (横軸)
  • 長方形の図形
  • 凡例

横棒グラフの長方形の図形の高さは固定で、幅は数値を表します。 複数のデータ列が Y 軸にマッピングされている場合は、集合横棒グラフを使用してデータを表します。

設定項目

表 1. 説明
説明 説明
X 軸 通常、X 軸はカテゴリデータ
Y 軸 Y 軸の値の範囲となる 1 つまたは複数のデータ列
凡例 凡例の位置 (グラフの上部、下部、左または右)
パディング 座標軸とグラフ境界線の間の間隔

手順

  1. クエリページで、検索ボックスにクエリステートメントを入力し、時間間隔を選択して、検索をクリックします。
  2. グラフタブの (棒グラフ) をクリックします。
  3. グラフのプロパティを設定します。
    • データカテゴリの数が 20 以下の場合、棒グラフを使用します。高さの値が大きすぎると、直感的な解析と比較結果を表示できないので、LIMIT でデータの数を制御します。top ランキングを解析する際には ORDER BY 構文の使用を推奨します。また、Y 軸にマッピングするデータの列は 5 つ以下にします。
    • 集合横棒グラフを使用することはできますが、同時に増減するカテゴリのみに適しています。

単純横棒グラフ

アクセス数の多い上位 10 の request_uri を分析するクエリ構文は、次のとおりです。

* | select request_uri, count(1) as count group by request_uri order by count desc limit 10
図 1. 単純横棒グラフ