パブリックIPをより柔軟に使用できるようにするには、ECS パブリックIPを EIP に変換する必要があります。

パブリック IP の紹介

ECS インスタンスにデプロイされたアプリケーションにアクセスできるようにするには、パブリック IP とネットワーク帯域幅が備えた ECS インスタンスが必要です。

Alibaba Cloud は 2 種類のパブリック IP を提供しています。
  • ECS パブリック IP アドレス

    VPC ネットワークの ECS インスタンスを作成するときにシステムに割り当てられたパブリック IP を使用する場合、ECS インスタンスから当該パブリック IP をバインド解除できません。

  • EIP

    Elastic IP(EIP)は、個別に購入し、所有できるパブリック IP アドレスリソースです。 VPC ネットワークの ECS、SLB インスタンスや、NAT ゲートウェイに EIP をバインドできます。

パブリック IPと EIP のいずれも Alibaba Cloud の高品質マルチライン BGP ネットワークを使用し、同じクオリティのインターネットサービスを提供します。 両者の最大の違いはバインド解除できるかどうかです。 EIP の場合は、必要に応じていつでも ECS インスタンスにバインド/バインド解除できます。パブリック IP の場合は、ECS インスタンスからバインド解除できません。

パブリック IP を EIP に変換する利点

パブリック IP は次第に EIP に取って代わられます。 EIP の利点は次の通り:
  • DDoS攻撃に対する柔軟な対応

    サーバーが DDoS 攻撃を受けている場合、すぐにでも攻撃された ECS インスタンスから EIP をバインド解除できます。 ECS インスタンスに新規の EIP をバインドし、Anti-DDoS Pro を使用して DDoS 攻撃に対応できます。

  • システムとアプリケーションの拡張の簡素化

    外部サービスを提供するためにアプリケーションを拡張する場合、複数の ECS インスタンスにアプリケーションをデプロイし、SLB でトラフィックを分散する必要があります。 EIP をバインド解除し、VPC ネットワークの SLB インスタンスにバインドすることで外部サービスを提供できるようになります。 アーキテクチャの変更はユーザーに影響を与えません。

  • ネットワークアクセス管理の簡素化

    ネットワークアクセル管理を簡素化するには、チケットを起票して継続的なパブリック IP アドレスを申請する必要があります。

制限

パブリックIPを EIP に変換するには、次の要点を満たす必要があります:
  • VPC の ECS インスタンスに割り当てられたパブリック IP である必要があります。

  • ECS インスタンスのパブリック IP は実行中か、停止中である必要があります。

  • ECS インスタンスの構成が変更された場合、EIP に変換できません。

  • サブスクリプションインスタンスが期限切れになるまでの 24 時間以内には変換できません。

  • 帯域幅によって課金されるサブスクリプション ECS インスタンスは変換できません。

手順

VPC の ECS インスタンスのパブリック IP を EIP に変換するには、次の手順に従ってください:

  1. ECS コンソールにログオンします。
  2. 左側のメニュで、 インスタンスをクリックします。
  3. ご希望のリージョンを選び、ターゲットECSインスタンスを選択します。
  4. 詳細 > EIPへの変換をクリックします。
  5. 表示されるダイアログボックスで、OK をクリックします。
  6. インスタンスリストを更新します。

    変換ができたら、もとのパブリック IP は Elastic IPアドレス として表示されます。