edit-icon download-icon

WRF

最終更新日: Nov 13, 2018

WRF

WRF

公式サイト

クリックして公式サイトをご覧ください。 here

概要

WRF(Weather Research and Forecasting) は新しいメソスケールの予測モデルです。このオープンソースの天気シミュレーションソフトウェアは広く使用されています。

前提事項

次の例では、クラスタ作成中に WRF ソフトウェアパッケージをインストールする必要があります。

例 1

クリックしてダウンロードしてください。 here

プロシージャ:

  1. モジュール avail を実行して、WRF ソフトウェアがインストールされているかどうかを確認します。

    1. $ export MODULEPATH=/opt/ehpcmodulefiles/
    2. $ module avail
    3. ------------------------------ /opt/ehpcmodulefiles -------------------------------------
    4. wrf-mpich/3.8.1 wrf-openmpi/3.8.1 mpich/3.2.2 openmpi/1.10.7
  2. モジュールロードを実行して WRF をロードします。

    $ module load wrf-mpich/3.8.1 mpich $ echo $WPSHOME $WRFHOME /opt/WRF_WPS-mpich-3.8.1/WPS /opt/WRF_WPS-mpich-3.8.1/WRFV3

  3. インストールされている WPS および WRF ソフトウェアを作業ディレクトリにコピーし、その例を対応するディレクトリの場所にコピーします。

    $ cp –r $WPSHOME $WPSCOPYHOME $ cp –r $WRFHOME $WRFCOPYHOME

  4. WPSCOPYHOME ソフトウェアディレクトリに移動して実行します。

    $ srun —mpi=pmi2 –n 1 ./geogrid.exe $ ./link_grib.csh Download weather data $ ln –sf ungrib/Variable_Tables/Vtable.GFS Vtable # GFSなど適切な天候データ Vtable を選択します。 $ srun —mpi=pmi2 –n 1 ./ungrib.exe $ srun —mpi=pmi2 –n 1 ./metgrid.exe

  5. WPSCOPYHOME ソフトウェアディレクトリに移動して実行します。

    $ ln –sf $WPSCOPYHOME/met_em* . # Connect to the WPS processing results $ srun —mpi=pmi2 –n 1 ./real.exe $ srun —mpi=pmi2 –n 4 ./wrf.exe