edit-icon download-icon

インポートデータ

最終更新日: Mar 06, 2019

データをアップロードする

ユーザジョブデータと実行ファイルは、OSS を使用して E-HPC クラスタにインポートされます。

  • OSS バケットを作成していない、または OSS を理解していない場合は、OSSホームページOSS 有効化 を参照してください。リージョン間の遅延を避けるため、 E-HPC クラスターと同じリージョンで OSS を有効にすることをお勧めします。

  • OSS をアクティブ化したら、バケットを作成する必要があります。詳細については、バケット作成エンドポイント を参照してください。

ジョブ関連ファイルを OSS バケットにアップロードする方法の詳細については、OSSファイルのアップロード を参照してください。

ファイルをインポートする

ログインすると、HTTP を使用して VPC エンドポイントにアクセスし、ジョブファイルをインポートできます。

ここでは、ジョブスクリプトが test.py 、ジョブデータが test.data であり、 E-HPC クラスターとOSS が両方とも杭州 (中国東部 1) リージョンにあり、ジョブファイルを含む、名前が e-hpc-quickstart、test.py および test.data のOSS バケットはこのバケットのルートディレクトリにあります。

  1. cd /ehpcdata
  2. wget http://e-hpc-quickstart.vpc100-oss-cn-hangzhou.aliyuncs.com/test.py
  3. wget http://e-hpc-quickstart.vpc100-oss-cn-hangzhou.aliyuncs.com/test.data

現在のシステムイメージに wget がインストールされていない場合は、ソフトウェアソースを使用してインストール(yum install wgetなど)、あるいは代わりにcurlを使用できます。

  1. curl -O http://e-hpc-quickstart.vpc100-oss-cn-hangzhou.aliyuncs.com/test.py
  2. curl-O http://e-hpc-quickstart.vpc100-oss-cn-hangzhou.aliyuncs.com/test.data

プライベートバケットファイルの一時アクセスリンク

バケットがプライベートに設定されている場合は、OSSコンソール を使用して必要なファイルを選択し、一時的な署名済み URL を取得できます。(一時的なOSSAccessKeyId および他のパラメータを使用したアクセスリンク) をインポートします。カスタム署名が有効になったら、 Copy File URL をクリックして、一時的な外部アクセスの URL を取得します。