edit-icon download-icon

課金概要

最終更新日: Sep 12, 2019

E-HPC は、使用量に応じて課金されます。それには、主として ECS インスタンス、 E-HPC 、NAS (Network Attached Storage)、およびログインしたノードを経由するアウトバウンドトラフィックが含まれます。

注意:大きなクラスターを作成する場合は、割引を受けることができます。チケットを起票し、サポートセンターにお問い合わせください。

ECS インスタンス

E-HPC クラスターでは、各ノードは ECS インスタンスであり、その料金は選択した仕様に依存します。E-HPC クラスターをデプロイするときに ECS インスタンスが作成されるので、事前に ECS インスタンスを作成しておく必要はありません。ECS の割引も適用されます。ECS の料金設定の詳細については、ECS の料金ECS 従量課金を参照してください。

E-HPC サービス

E-HPC は、柔軟なインスタンスのスケーリング、OpenAPI のサポート、アラートのモニタリング、運用管理ツール、バックエンドサーバーの自動運用管理など、多元的な管理を提供します。

料金はユーザーのコア数×時間によって計算されます。リージョン内のユーザーのクラスターコアの総数が 200 (vCPU) 以下の場合は、料金は徴収されません。総数が 200 (vCPU) を超える場合は、追加のコア数×時間ごとに¥ 0.35 JPY が課金されます。

NAS サービス

NAS は、 E-HPC クラスター内のすべてのノードの共有ストレージとして使用されます。料金設定の詳細については、NAS の課金方法を参照してください。

アウトバウンドトラフィック

作成された E-HPC クラスターは、デフォルトでログインノードに EIP がバインドされ、一定量のパブリック帯域幅が割り当てられます。1 時間あたりのアウトバウンドトラフィックに対してのみ課金されます。

たとえば、アウトバウンドトラフィックの使用量が 1 時間に 10 GB の場合、価格は 10 GB × 価格 (JPY/GB) です。トラフィックの価格は、リージョンによって異なる場合があります。詳細は、EIP の課金概要を参照してください。

Elastic IP アドレスについては、Elastic IP アドレスの概要をお読みください。

E-HPC クラスターの合計料金

E-HPC クラスターの料金 = ECS インスタンス料金 + E-HPC サービス料金 + NAS サービス料金 + アウトバウンドトラフィック料金。