SNAT 接続や帯域幅パッケージデータを含む NAT ゲートウェイからの複数のメトリックスをモニターすることで、CloudMonitor は、ご利用中の NAT ゲートウェイサービスの全体的なネットワーク使用量やパフォーマンスを理解することに役立ち、それにあわせたアラームルールを設定できます。 CloudMonitor は 本プロダクトの利用を開始したときから、NAT ゲートウェイから自動的にデータを収集します。

モニタリングサービス

  • メトリックス
    メトリック ディメンション 単位 最小モニター頻度
    SNAT 接続 ユーザーとインスタンス カウント/分 1 分
    帯域幅 パケット (受信帯域幅) ユーザーとインスタンス ビット/秒 1 分
    帯域幅 パケット (送信帯域幅) ユーザーとインスタンス ビット/秒 1 分
    帯域幅 パケット (受信パケット) ユーザーとインスタンス パケット/秒 1 分
    帯域幅 パケット (送信パケット) ユーザーとインスタンス パケット/秒 1 分
    帯域幅 パケット数 (アウトバウンド帯域幅使用量) ユーザーとインスタンス % 1 分
    • モニタリングデータは、31 日間保存されます。
    • 連続 14 日分のモニタリングデータを表示することができます。
  • モニタリングデータの表示
    1. CloudMonitor コンソールにログインします。
    2. [クラウドサービスモニタリング] にある [NAT ゲートウェイ] インスタンスリストへ移動します。
    3. インスタンス名をクリックするか、または [アクション] 列の [モニタリングチャート] をクリックして、インスタンスモニタリング詳細ページへアクセスし、さまざまなメトリックスを表示します。
    4. 上部メニューから [時間範囲]クイック選択ボタンをクリックするか、または特定の選択機能を使用します。 連続 14 日分のモニタリングデータを表示できます。
    5. モニタリングチャートの右上隅にある [ズームイン] アイコンをクリックして、チャートを拡大表示します。

アラームサービス

  • パラメーター
    • メトリックス: NAT ゲートウェイから取得したモニタリングメトリック
    • 統計サイクル: アラームシステムがモニタリングデータがアラームしきい値を超えたかどうかをチェックする繰り返し期間 たとえば、メモリ使用量のアラームルールで統計サイクルが 1 分に設定されている場合、システムはメモリ使用量がアラームルールで指定されたしきい値を 1 分おきに超えているかどうかを確認します。
    • 連続回数: 一連のサイクルで、メトリック値がアラームルールで指定されたしきい値を継続的に超えた後に、アラームが発生します。 たとえば、連続回数が 3 に設定されている場合、アラームがトリガーされる前に、アラームルールに指定された条件が3 回連続した統計サイクルで満たされる必要があります。
  • アラームルールの設定
    1. CloudMonitor コンソールにログインします。
    2. [クラウドサービスモニタリング] にある [NAT ゲートウェイ] インスタンスリストへ移動します。
    3. インスタンス名をクリックするか、または [アクション] 列の [モニタリングチャート] をクリックして、インスタンスモニタリング詳細ページへアクセスします。
    4. モニタリングチャートの右上隅にある [ベル] のアイコン、またはページ右上隅にある [新しいアラームルール] をクリックし、このインスタンスの対応する メトリックのアラームルールを設定します。
  • 複数のアラームルールの設定
    1. CloudMonitor コンソールにログインします。
    2. [クラウドサービスモニタリング] にある [NAT ゲートウェイ] インスタンスリストへ移動します。
    3. インスタンスリストページで適切なインスタンスを選択します。 [アラームルールの設定] をクリックして複数のアラームルールを追加します。