CloudMonitor では、合計起動、平均期間、リクエストステータス分散のなど、Function Compute のステータスのモニタリングに役立つサービスレベルおよび関数レベルのメトリックを複数提供しています。 また、CloudMonitor では、例外が発生した際にアラートを受信するよう当該メトリックのアラートルールを設定することが可能です。

Function Compute サービスを購入すると、CloudMonitor が自動的に当該メトリックスに基づいてデータを収集します。

モニタリングサービス

  • メトリック
    メトリック ディメンション 単位 最小頻度
    BillableInvocations ユーザー、サービス、関数 カウント 1 分
    BillableInvocationsRate ユーザー、サービス、関数 % 1 分
    ClientErrors ユーザー、サービス、関数 カウント 1 分
    ClientErrorsRate ユーザー、サービス、関数 % 1 分
    ServerErrors ユーザー、サービス、関数 カウント 1 分
    ServerErrorsRate ユーザー、サービス、関数 % 1 分
    Throttles ユーザー、サービス、関数 カウント 1 分
    ThrottlesRate ユーザー、サービス、関数 % 1 分
    TotalInvocations ユーザー、サービス、関数 カウント 1 分
    Average duration ユーザー、サービス、関数 ミリ秒 1 分
    • モニタリングデータは最大 31 日間保持されます。
    • モニタリングデータは最大 14 日間連続して表示できます。
  • モニタリングデータの表示
    1. CloudMonitor コンソールにログインします。
    2. 左側のナビゲーションウィンドウで、[クラウドサービスモニタリング] > [Function Compute] を選択します。 表示される Function Compute ページでは、Function Compute の全体的なステータスを閲覧できます。
    3. [サービスリスト] のタブをクリックして、サービスレベルまたは関数レベルのモニタリング情報を表示します。

アラートサービス

また、CloudMonitor では、例外が発生した際にアラートを受信するよう当該メトリックのアラートルールを設定することが可能です。

  • 単一のサービスのアラートルールの設定
    1. CloudMonitor コンソールにログインします。
    2. 左側のナビゲーションウィンドウで、[クラウドサービスモニタリング] > [Function Compute] を選択します。 Function Compute ページが表示されます。
    3. [アラームルール] のタブをクリックし、ページの右上の [アラームルールの作成] をクリックします。 リソース範囲を指定し、アラートルールを設定し、通知方法を設定したら、[確定] をクリックします。
  • 複数のサービスのアラートルールの同時設定
    1. CloudMonitor コンソールにログインします。
    2. 左側のナビゲーションウィンドウで、[クラウドサービスモニタリング] > [Function Compute] を選択します。 Function Compute ページが表示されます。
    3. [サービスリスト] をクリックします。
    4. 対象のサービスを選択して、リストの下にある [アラームルールの設定] をクリックして、選択されたサービスのアラートルールを設定します。
  • パラメーター

    アラートルールのパラメーターの詳細については、「アラームルールのパラメーター」をご参照ください。